手取り23万円の人のライフスタイルと収入を増やすための方法まとめ

記事の著者:haruki hatano

手取り23万円というと皆さんはどのようなイメージを持たれますか?手取り23万は会社員であれば20代後半の給与としては一般的です。

一人で生活していくのであればそれなりに余裕はありますが、結婚していたり、子供がいた場合、生活がやや大変かもしれません。

今回は手取り23万円の一般的なライフスタイルと、そこからさらに収入を上げる方法を紹介していきます。

手取り23万円は多い?少ない?

年齢にもよりますが、手取り23万円は一般的には決して低い収入ではありません。一人暮らしであれば、貯金も十分できますし、趣味にもお金を費やすことができるため、不満を感じている人は少ないようです。

ただ、結婚のことや老後のことなど、将来について考えると多少不安を感じる人がいるようです。そのため、あまり贅沢をせず、余ったお金は全額、貯金するという人が増えています。

手取り23万円の収入のライフスタイル

手取り23万円の方は、だいたい以下のような支出で生活をしています。

家賃  5万円
光熱費 2万円
食費  3万円
車輌費 3万円
通信費 1万円
被服費 2万円
交際費 3万円
雑費  1万円
貯蓄  3万円

これはあくまで目安ですが、それなりに豊かな生活が望めるでしょう。

手取り23万円と言えば、総支給額(基本給に各種手当、立て替えた経費の払い戻しなどをすべて足した金額)が約30万程度。賞与などを含めて年収は410万円程度と考えられます。結婚して、養う配偶者がいたとしても、子供がいない限りは十分な生活が送れるのは間違いありません。

手取り23万円の収入の人が給料を上げるための戦略3つ

手取り23万円の人が今後の給料を上げるには具体的にどういった方法があるのか考えてみましょう。

今の職場で昇給・昇格を目指す

現在の職場で昇給を目指してみましょう。毎年昇給がある企業は多いと思いますが、それよりも大きな割合を持つのが役職手当でしょう。

まだ一般職で働いているという方は、役職になれる要件や試験の対策なども視野に入れながら日々収益を出せる仕事を心掛けていくのがベストな選択肢です。

副業をはじめてみる

今の職場と並行して副業をはじめてみるという方法もあります。

ブログやホームページによる広告収入やデータ入力の仕事、フードデリバリーの配達員、メルカリでの商品の販売など、インターネットを通じて個人がお金を稼ぎやすい時代になっています。

転職を考える

今の職場で昇給が望めないというケースも存在します。その場合は早めの転職をおすすめします。自分の実力にあった職場をいち早く見つけ、年収アップを狙うのも一つの手段でしょう。

転職をする上で、自分にあった転職エージェントを見つけるのも重要です。間違いのない転職を目指してください。

手取り23万の方は、まだまだ働き盛りの若い方が多いでしょう。転職も若い方の方が有利であることが多いため、自分の条件に合った転職ができることを願っています。

転職を考えている方には転職サイトのリクルートエージェントをおすすめします。リクルートエージェントは言わずと知れた転職エージェント最大手です。

自分の条件を選択でき、その条件にあった企業とマッチングすることができます。業界最大手とあって求人広告数は日本最大です。また転職サポートも充実しており、転職に対する不安の解決にも役立つでしょう。まずはリクルートエージェントに登録してみるのがよいでしょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

まとめ

手取り23万円の方は満足のできるライフスタイルを送ることができるラインと言えるのではないでしょうか。

しかし今の給料に満足することなく、もっと上を目指したいという方は、ぜひ転職エージェントを活用し、自分の希望に合った条件で働けるよう動いてみるのも良いかもしれません。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。