年収300万円の人は今が頑張り時?ライフスタイルと収入を増やすための方法

記事の著者:菅野杏子

年収300万円というと皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか。少ないと感じるでしょうか。多いと感じるでしょうか。年収300万円あれば、どの程度の生活を送ることができるのか想像できないという人も多いと思います。

今回は年収300万円の人のライフスタイルがどのようなものなのかと、年収をそれ以上に増やす方法を紹介していきたいと思います。

年収300万円の収入は多い?少ない?

年収300万円の人は世間的にどのくらいの評価なのでしょうか。平均年収がおよそ420万円ですから、それと比べると低いように感じますが、現在日本の給与所得者で年収300万未満の人が占める割合は約2割~3割であり、特に20代~30代前半の社会人が多いです。

新卒から中堅社員までは年収300万円台であることが多く、若い人にとっては一般的な年収であると考えられます。

逆に、これ以上の年齢の人にとって年収300万円は年代別の平均よりも少ないものになるでしょう。

年収300万円の収入のライフスタイル

年収300万円の人のライフスタイルの例を見てみましょう。年収300万円の人は手取り額で考えると約250万程度だと考えられます。

賞与なしで考えれば月平均手取り額は20万程度なので、そこから考えてみると月々の出費の内訳は以下のようになるでしょう。

家賃  4万円~5万円
食費  1万円~2万円
光熱費 1万円~2万円
交際費 1万円~2万円
通信費 1万円~2万円
雑費  1万円

月で一番大きな支出となるのが家賃です。その次に食費、光熱費と生活に欠かせない支出が続いていきますが、この見積りだと月14万円程度は必ずかかると考えられます。

ここから子供がいる家庭、車を持っている家庭などは、教育費・車輌費と支出がかさむので、決して楽な生活であるとは言えないようです。

しかし、年収300万円でも削れるところをきちんと削って生活すれば、貯蓄することも旅行に行くことも十分できる程度の生活であることは間違いないようです。

年収300万円の収入の人が給料を増やすための方法

子供が成長することや将来マイホームが欲しいといった場合もう少し収入がほしいところ。

では、年収300万円の人がもっと給料をアップさせるためにはどうすればよいのでしょうか。

出世する

現在、働いている職場で出世することも収入をあげる効率的な方法のひとつです。前述した通り、年収300万円は若手や中堅社員であることが多いので、給与の伸びしろが大きいです。

また、資格や語学スキルなども昇進の評価基準になることがあるので、チャレンジすることをおすすめします。

転職を考えてみる

能力に応じて給料が上がらないタイプの職場でもっと早く昇給したい人や、年齢・役職が上がってきたのにもかかわらず給与が上がらない人は、職場を変える以外に選択肢はありません。

今の自分の能力をきちんと評価してくれる企業に転職して収入を上げましょう。

転職を考えている方には、大手転職サイトのリクルートエージェントを利用することをおすすめします。リクルートエージェントは専門のコンサルタントが付いて、あなたの求める希望の会社の紹介や提出書類の添削、面接対策などを行ってくれます。

ぜひ、活用してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。