31歳の転職を成功させる方法:難しい転職を乗り越えるために

記事の著者:toganoyuka

一般的に30歳までの転職は比較的容易にできると言われています。

しかし、30歳を超えてしまうと、想像以上に転職が難しくなると言われています。しかし、実際に30歳を超えたあとの転職は、難しいのでしょうか。

ここでは31歳の転職を成功させる方法を紹介していきますので、皆さんの転職活動に役立ててください。

また、難しい転職を乗り越えるのに役立ててほしいのが、転職サイト「リクルートエージェント」がおすすめです。このサイトは、一般求人の他に、一般では公開されていない非公開求人も業界最大級の規模を誇ります。

無料登録すれば、非公開求人にアクセスできるうえ、経験豊富なキャリアアドバイザーからの徹底したサポートを受けることができます。

簡単に登録ができるので、気になる方は今すぐアクセスしてみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

31歳の転職の現状

社会人になって約10年が経ち、他の企業や職業を見てみたいと転職を考える31歳もいるのではないでしょうか。

30歳が転職の限界と言われることがありますが、実は31歳という年齢は企業側にとって、さほどネガティブな印象はありません。

しかし、第二新卒として採用をしてくれる企業はほとんどなく、未経験職種への転職も簡単ではないという現実もあります。特に自分が未経験の職種への転職を考えている場合は注意が必要でしょう。

31歳の転職に失敗する人の2つの特徴

転職において31歳という年齢は不利ではないとはいえ、簡単に転職できる年齢でもありません。ただ、転職に失敗してしまうのには大きく分けて2つの特徴があります。以下では、転職に失敗してしまう2つの特徴について紹介します。

自分の能力を過小評価してしまう

31歳で転職をする人の中には、過小評価して年収が下がる転職をするなど、そういったことが原因で転職に失敗する人もいます。

31歳で転職を検討している理由は、人それぞれです。しかし、自分の能力を過小評価してしまうのは、特に新卒で入社した会社での仕事が、自分のやりたいことと合っていなかったり、会社と自分とのミスマッチが原因で転職を検討している人に多いのです。

自分のやってきた仕事の中で能力が最大限に発揮できないことを、自分の責任や能力不足だと感じてしまうことから、能力を過小評価してしまいます。

自分の能力を過大評価してしまう

反対に、自分の持っているスキルや知識以上の年収を求めたり、高すぎるキャリアアップを望んでしまうことも転職に失敗する特徴として挙げられます。

確かに10年という社会人経験は短くありませんが、決して長い経歴でもありません。業種によっては、31歳は新米と変わらない、経験が足りないと考えている場合もあるため、理想を高く持つことはいいですが、自分のスキルや知識を過信しすぎることは控えましょう。

31歳の転職で悩んだときに考えるべきこと

転職して失敗する可能性もあるのであれば、転職しないで今の会社で我慢した方がいいのか、と悩む人もいるのではないでしょう。

もし転職で悩んだらまず、転職理由を明確にすることから始めてください。

他にやりたい仕事があったり、今まで経験した職種が自分に合わないと感じて転職を決意したのか、今の仕事が嫌で転職を希望しているのでしょうか。

他にやりたい仕事がある場合は、その仕事についての情報を集めて本当に自分がやりたいのか検証することが必要ですし、今の仕事が嫌なら会社は変えずに部署を異動するといったことも考えられます。

このように、動機によって取るべき行動が変わってきます。

また、仕事内容は変えずに企業を変えたいという場合は、今までの経験を生かせるため、転職は31歳でも容易にできるはずです。

しかし、職種を変えることは転職先で新人と同じ扱いになるため給与が下がる可能性が高く、新しく就く職種も自分に合っているかは実際に転職しなければ分からないため、リスクを伴う転職になります。

転職理由を出来る限り明確にすることで、自ずとどの道に進むべきかが見えてくるようになるでしょう。

31歳の転職を成功させるコツ

失敗する人の特徴を踏まえたうえで、31歳の転職を成功させるためにはどうすればよいのでしょうか。

転職動機を明確に把握しておく

ぼんやりと転職活動をしていても、ほとんどの場合選考で落とされます。運よく採用されたとしても、また同じような理由で転職を考え始めるといったことになりかねません。

そうならないためにも、自分がなぜ転職したいのか、どういった職に就いてどういった仕事がしたいのか、できるだけ細かく把握しておくことをおすすめします。

そうすることで、転職の際に選考などで、企業にアピールすることができます。まずは、転職動機をはっきりさせておきましょう。

企業に直接応募してみる

ほとんどの企業は求人を転職サイトやリクルートサイトに預けます。その理由は、企業の公式サイトに採用情報を掲載していてもあまり見られないからです。多くの転職希望者は、企業の公式サイトよりも転職さいとやリクルートサイトを見るのです。

そういったことから、企業に直接応募したり、問い合わせることでアピールすることができます。企業も大量にサイトから送られてくる応募より、直接応募した方がじっくり書類に目を通してくれたりする場合も多いのです。

また、採用を行っていない企業も、問い合わせることで選考の場を設けてくれることもあります。気になる企業があれば、コンタクトを取ってみましょう。

周りに頼ってみる

31歳となると、ある程度人脈も広がっているでしょう。そういった人脈に頼ってみるのも一つの手です。

周りに転職先を探しているということをアピールしておくことで、自然と情報が集まってきたり、場合によっては転職先を紹介してもらえる場合もあるでしょう。

また、周りから集まってきた情報は、実際に働いた経験のある人の情報なので、ネットなどには載っていない情報を得ることができます。

転職エージェントに登録する

それは、人材紹介会社に登録し転職エージェントに転職活動のお手伝いをお願いすることです。

31歳だと会社の業務に慣れてくるころで、会社からの信頼も得る年齢と言えます。そのため、ある程度責任のある仕事を任されている場合もあり、転職活動に時間をとることができない人もいます。

時間を割くことができないと、企業の下調べが不十分になってしまい、自分と合っていない企業に転職してしまう可能性があります。

転職エージェントはすでに独自の調査で企業の事情を知っているため、多くの情報を持っています。自分で調べる時間がない人は特におすすめです。

その中でも、特におすすめなのが「リクルートエージェント」です。

このサイトに無料登録すれば、1人1人に経験豊富なキャリアアドバイザーが就き、自分の条件に合った転職先を一緒に探してくれます。

キャリアアドバイザーは、数多くある求人から自分の希望に合った求人の紹介から、書類添削、面接対策など徹底的にサポートしてくれます。

さらに、本格的に転職を検討していなくても、相談やアドバイスだけを聞くことも可能です。

登録は簡単な上に無料でできます。まずは試しに登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。