年収650万円の収入の人は全体の6%:気になるライフスタイルと収入アップのためにできること

記事の著者:haruki hatano

年収650万のライフスタイルとはどんな暮らしなのでしょうか。この記事を見ている貴方は年収650万を夢見て、なんとか実現したいと考えているのかもしれません。

これから650万の収入を得ている人のライフスタイルだけではなく、日本におけるその人たちの割合からどんな立場のひとなのか、更に上を目指すためにはどのような事をすればよいのかを見ていきます。

650万円の収入はどのくらいの評価?

年収650万円の人は世間的に見て高収入とされているようです。厚生労働省のH29賃金構造基本統計調査,賃金の分布資料を見ると年収650万の人は、全体の6.2%となります。

なお、左記の資料は月収での報告となっているので、ここでは650万を12か月で均等割りした約54万を含む月収50万から59万の人の比率を簡易的に利用してます。

また、さらに高収入の層、月収60万以上の比率は6%ですので、600万以上の層としても全体のわずか12.2%です。分布だけでの評価は乱暴かもしれませんが、しいて言えば、年収650万の人は100人の中でたった数名の選ばれた人と見て取れます。

同じく厚生労働省の資料を元にすると、役職では課長職(男性)の月収が52万であり部門長の月収(男性)が65万です。年収に換算するとこの層に該当する方になります。

650万円の収入の人が多い職種・業界・会社

どのような仕事に従事しているのでしょうか。同じく厚生労働省の資料を元にすると、業界では、情報通信業、金融業,保険業、学術研究,専門・技術サービス業、教育,学習支援業などが多いようです。

会社では大企業のみで、中小企業の平均値でこの年収クリアはできませんでした。なお、職種に関しては、厚生労働省の資料にはないのでDODAの職種別2017年平均年収を元にすると、
  プロジェクトマネジャー    670万円
  内部監査           663万円
  戦略・経営コンサルタント   722万円
  会計専門職・会計士      657万円
といった職種が該当します。

650万円の収入のライフスタイル

男女平均で月額30万、つまり年収では約360万が平均値であり、年収650万は平均を大きくうわまってます。比率としては全体の約6%であり、生活水準も満足出来るレベルでしょう。

実際の手取りを考えると、健康保険、住民税、所得税がかかりますから実質手取りは530万位とみてください。この収入でのライフスタイルは
夫婦二人なら
家賃   10万円  
光熱費  1万5千円
通信費  1万5千円
食費    3万円
保険    3万円
医療費   5千円
小遣いなど 5万円
小計  29万

としても、手取り530万を12ヶ月均等割りした月収を44万とすれば十分余裕があります。

もちろん、お子さんを持つことになれば更に出費が有ります。大学卒業の22歳までに掛かる総額として養育費1600万、加えて学校関係の教育費として1500万としましょう。

この数値は大学まで公立前提ですので私立や塾等に通う場合は更に費用がかかります。これを22年間の均等割りした場合、月額11万円です。

つまり、前出の夫婦二人に費用に11万が上乗せされます。先程のシュミレーションは月額手取り44万で夫婦二人の生活費が29万でしたのでここに11万を加えると、44万-(29万+11万)で残り余裕は4万です。

不足とはなりませんがかなり余裕がなくなってしまいます。どこかを切り詰めりということを検討したほうが良さそうです。

もちろん、お子さんが二人以上となれば更に費用がかかりますが、このままでは、お子さん二人は全く家計に余裕がなくなってしまいます。将来のマイホームやマイカーといった出費もいずれ必要となれば、節約に頼るだけではなく収入を増やすことも検討したいところです。

給料を上げるための方法

前出のとおり年収650万の方であればすでに役職についており、会社経営の一部を担う立場で複数名の部下を抱えていることでしょう。その立場からさらに上を目指し、収入を上げるのは非常に困難です。

収入を上げる方法をいくつか紹介するので、ぜひ活用してみてください。

出世する

今、いる職場で出世するのが、最も安定して収入を伸ばすことではないでしょうか。下手に転職をして、給料が下がるというケースはよくあることです。

出世するには資格などのスキルを上げ、評価してもらう方法もありますが、競争相手が少ない場所で戦うというのも1つの手です。

ある部署では、なかなか達成できなかった事を、自分ならあっさりとクリアしてしまうことができる部署があるかもしれません。競争相手の層が薄いところをねらうのです。あなたの能力を欲している場所で結果を出すことで自身の強みと事業貢献への活用案を認識し手に入れることが必要です。

こういった戦略をもっておくことで、同じ結果であっても評価/収入は大きく伸ばすことが可能となります。

投資

投資をすることで収入をあげる方法があります。投資というと知識がある人しかできない、大損するリスクがあるというイメージが強く、取り組むことに抵抗があるのではないでしょうか。

しかし、調査したところ、知識の有無は半々となっており、また、現在では少額で投資することができるようになり、大きな損なく投資を行うことができるようになっています。

投資には、上場している企業の株式を保有、売却することによって利益を得る株式投資、プロのファンドマネージャーに運用を資産運用を任せて、利益を得る投資信託、マンションやアパートの部屋を購入し、貸し出すことで長期的な収入を得る不動産投資など、様々な種類があります。

転職を考える

転職をすることによって今より収入を増やす方法があります。転職活動をするにあたって、自分の強みを最大限にアピールすることが重要になってきます。

まず貴方の能力を欲している企業を探し、その企業の事業に対し、自分のどんな強みを活かすことで貢献できるかをを伝えることができれば転職活動を有利に進めることができるでしょう。

年収650万円より、多くの収入を得ることができる企業の例を挙げると、従業員数が多く資本金額も大きい大企業のメーカーや医療系、金融、ITベンチャーとなっています。

また、外資系企業も高収入を狙えるので、目を向けてみるのも良いでしょう。

現在、年収650万円稼いでいるのであれば、役職に就いていて、なかなか転職活動の時間が取れないという方が多いのでは無いでしょうか。リクルートエージェントなら、空いた時間に簡単な入力をするだけであなたの希望の会社を探し出すことができます。

ぜひ活用してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。