ライターに転職するために必要なこと:知識と経験を積むことが大切

記事の著者:菅野杏子

文章を書くことで収入を得るライター。書く内容はあらゆる分野に及び、ライターは主に自分の得意とする分野において、依頼者から記事作成の依頼を受け作成、提供することで収入を得ています。

そんなライターへの転職を考えている人には、リクルートエージェントがおすすめです。大手企業のリクルートが運営しているため、求人数が業界最大手。書きたい分野のライター求人に出会えるでしょう。また、転職支援が手厚い事でも評判なので、まずは無料登録することをおすすめします。

リクルートエージェントに登録する(無料)

ライターの仕事を知る

ライターとは、出版社などの編集者から仕事の依頼を受け、その依頼の内容について資料を集め取材を行い、それらをもとに記事を作成する仕事です。

具体的にはどんな仕事が中心なのか紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

得意分野を持つ

ライターの書く文章は様々な分野に及びます。

自動車関係、医療関係、美容関係など特定読者向けの専門的な記事を書く場合や、誰でも気軽に読めるブログの代筆などライターの仕事には限りがありません。

このように記事の分野は多岐に渡るため広い知識を必要としますが、多くのライターは自分の得意分野を1つか2つ持ち、それを強みとして物事を深く掘り下げた記事を書くことを仕事としている場合が多いです。専門を極めると、記事の内容が濃くなり、訪問者の興味を惹きつけられる人気ライターになれるでしょう。

ライターの収入について知る

言ってしまえば、その人の実力や知名度、経験によって収入は大きく左右されます。ライターは勤務形態によっての時給換算だったり1記事あたりの値段が決まっていたりと、正確な数字を出すのが難しい職業の1つです。

Web媒体の記事と、紙媒体の記事の間にも差があり、Webは単価がかなり低めなんだとか。一般的に雑誌などの1ページ分で大体1万円くらいですので、なかなか初めのうちはまとまった額を稼げないかもしれません。

平均的なライターの収入は15〜20万が相場で、経験や知識が豊富になれば、少しずつ上乗せした額をもらえるようになるそうです。

ライターに必要なスキル

ライターといっても、いまいち何をすればいいかわからない人も多いはずです。

ライターになるにあたり必要なことはなんでしょうか。以下でライターに転職するために必要なことを紹介していくので、転職の準備に活かしましょう。

資格や試験を受験する

ライターになるために取らなければならない資格は特にありません。誰でもなれると言ってしまえばそうなのですが、逆に言えばこれがあれば絶対大丈夫という資格がないので、選ばれる基準も分かりづらいということです。

ライターの技能をはかることができるWebライティング技能検定という試験もありますが、2015年に発足したばかりの協会で、あまり知られていない可能性もあるので、そこまで実力の証明には繋がらないかもしれません。

多分野の知識をつける

スポーツやグルメなど、読者が信頼できるような専門的な情報を知っている必要があるので、まずはそういった知識を蓄える必要があります。

自分が元々興味のあったジャンルの話ではなくても、執筆の依頼が来ることは稀ではありません。常にアンテナを張って、広い分野に精通できるようにしましょう。

文章力を磨く

言葉の言い回しや表現にレパートリーがあることも大切です。同じような表現ばかりでは、稚拙な印象を与えることになってしまうので、普段から様々な分野の記事や本をチェックすることが欠かせません。

記事や本を多く読むことで、読者にとって読みやすい文章が書け、文章の構成やコンテンツを意識した書き方ができるようにもなるでしょう。

独自性を持つ

最近は様々な媒体でコラムや記事が見られるようになりましたが、その結果かなり多くの文章が世の中に点在しています。

その中で読者が読みたいと思うような文章を書くには、人と同じことを書いては他の記事に埋もれてしまいます。実際に自分が体験したときの印象や感想をオリジナリティのある表現で伝えると良いでしょう。

あなた独特の言い回しや、ありきたりでない言葉選びを心がけるようにしてください。

ライターになる方法

ライターへの転職を考え、転職サイトをチェックした人もいると思いますが、ライターの求人は検索するだけでも多くヒットしたのではないでしょうか。

数ある募集から自分に合ったライターの仕事を掴み取るにはどうしたらいいか、ぜひ参考にしてみてください。

編集プロダクションになる

例えば、出版社や広告代理店から編集実務を委託される編集プロダクション、通称「編プロ」に入社し、ライターのスキルを磨きライターとして仕事をする方法があります。

編集プロダクションといっても、自ら記事を書くことは普通にあることです。

編集プロダクションには小規模な会社から、大手出版社が制作部門を分社化して子会社として運営する場合など、様々な規模の会社があります。

ただし業界未経験者が正社員として採用されることはとても難しいのですが、アルバイトの採用募集はそれなりにあるので、まずはアルバイトとして入社をしてそこでみっちりとライターの仕事を学ぶことができます。

もし気になる企業があれば積極的に問い合わせてみましょう。たとえ未経験でもあなたの熱意が認められれば、採用への道が開けるかもしれません。

フリーランスとして働く

ライターは企業に属さずフリーランスとして働くこともできます。出版社や編集プロダクションは、多くの優秀なライターとの繋がりを大切に考える企業が多いです。

そのため、それなりの経験やスキルがあれば仕事をすることができますが、未経験者が安定して仕事を続けるのは難しいと言えます。

最近ではwebの発達により多くのクラウドソーシングサイトが立ち上がり、ライターの仕事を募集しているようです。もしライター未経験者であればそのようなサイトにライターとして応募し、仕事を始めることができます。

このようなサイトでは単価は決して高くはありませんが、未経験者や初心者の募集も多くあるので、今の仕事をしながら副業としてライターの仕事をする方法もあるようです。経験を積み重ねればより単価の高い仕事をすることもできるでしょう。

そしてある程度ライターの仕事に慣れたところで、改めて出版社や編集プロダクションに応募する方が、全くの未経験者であるよりも採用される確率が高くなります。

未経験者の正社員転職は困難

出版社やweb制作会社、広告代理店などでは自社に専属のライターを雇用している会社もあり、正社員ライターの大規模募集も多くあります。しかし、ライター未経験であれば、異業種からの転職は難しいかもしれません。

新聞や雑誌のライターは求人倍率が高いかもしれませんが、Webライターはインターネットの普及とともに需要が高まっているため、比較的すぐにライターとして活躍できる場を見つけることができるでしょう。

また、希少価値の高いライターになるために、自分が得意とする専門分野を極めることも忘れないでください。

ライターへの転職を志す人へ

文章を書くことが好きな人にとって、ライターの仕事は憧れの職業と言えます。ただし好きなだけでは仕事をすることがとても難しいのは確かです。ぜひ今回紹介したライターに必要なスキルを磨いてみてください。

ライターへの転職を志す人にはリクルートエージェントがおすすめです。大手の転職エージェントなので、他では見つかりにくい幅広い職種が紹介されています。

自分では持ち出しにくい年収の相談も、リクルートエージェントを通してできるので、安心して転職先を吟味できるのも嬉しいポイント。

転職相談のみも可能です。まずは無料登録をし、求人を見てみましょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。