42歳の転職を成功させる方法まとめ:どうしても転職を勝ち取りたいあなたへ

記事の著者:haruki hatano

一般的に42歳というと、会社でもある程度重要な役割を任されていたり、家庭を持っていたりと公私共に安定した時期に入っている人もいるでしょう。

そんな42歳の転職は厳しいとされていますが、実際、かなり厳しいのが現実です。日本の企業は終身雇用という概念が根付いているためか、まだまだ転職にネガティブなイメージを持っている場合が多いです。

そのため、何度か転職をしている人にとってはさらにハードルが高くなります。

ただし、転職が不可能なわけではありません。以下では42歳でも転職を成功させるための方法を紹介します。

また42歳の転職で失敗しないためにおすすめなのが、リクルートエージェントです。無料登録するだけで、経験豊富なキャリアアドバイザーが自分の希望に合った求人の紹介から、面接対策、自分では言いづらい給与や待遇交渉まで行ってくれます。

無料で登録できるので、ぜひこの機会に登録してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

現在の42歳の転職事情

売り手市場と言われる転職市場ではありますが、42歳での転職は厳しいのが現状です。42歳で転職するためには、豊富な経験と高いスキルが必要となるでしょう。多くの企業も42歳の人を採用する場合、即戦力となる人材を求めています。

そのため、どれだけ自分が即戦力として活躍することができるか、自分の持っているスキルや知識でどう企業に貢献できるかをアピールすることが大切です。

42歳での転職可能性

スキルや経験がない未経験職種への転職は非常に厳しく、何十社応募してもほぼ書類選考で落とされてしまうということは稀なケースではありません。

しかし、42歳で未経験業種への転職がまったくできないというわけではありません。未経験職種であっても人材不足の業界への転職であれば、可能性はあります。

異職種からの転職が多い職種は事務やアシスタント、販売やサービスと言った職種です。

これらの職種はIT業界などにおける技術系で必要とされる専門的なスキルが必要ではないため、異職種からの転職が比較的活発なのです。

ただし、これらの職種は当然人気も高いため、人材不足で悩んでいるところはほぼなくなってきています。

一方で、介護業界では常に人材不足の状態です。人を助けるというやりがいを感じられる職業ではありますが、メンタル的にも体力的にもきつい仕事なので、42歳からの介護業界への転職は慎重になるに越したことはありません。

42歳の転職で気をつけるべきポイント

では、42歳の転職は、どのようなポイントに気をつけるべきなのでしょうか。以下で紹介します。

長期戦を覚悟しておく

上でも述べたとおり、42歳の転職はかなり厳しいのが現実です。多くの企業、特に大企業などは、中途採用は35歳までという規定を設けているからです。

また、売り手市場と言われている現代においても、42歳の需要がある業種や職種はかなり限られています。ある程度は時間がかかることを理解して、長期戦を覚悟しておきましょう。

転職先での出世は難しい

転職先での出世は難しいことにも留意しておきましょう。42歳で入社となると、周りと比べると当然入社時期に大幅な遅れがあります。

相当突出したスキルや経験がない限り、出世はほとんど見込めません。熾烈な出世レースのプレッシャーから開放されてマイペースに無理なく仕事ができると、ときには割り切ることも大切です。

待遇や給与面で折り合いをつける

42歳で転職となると、優れた能力でもない限り、年収や待遇のアップは見込めない場合が多いです。自分の能力を過小評価するのはよくないですが、そのまた逆も然りです。

自分の理想と現実のバランスを見て転職先を選ぶようにしましょう。

資格にこだわりすぎない

転職において資格を持っていることで、転職活動に有利になる場合が多いです。

ただし、42歳となると時間が限られてきます。もうすでに資格を取得済みの場合はそれを活かす方法を考えればよいのですが、今から転職のために、資格を取得するのはあまりよい考えではないでしょう。

資格を取得するのにはある程度の時間と労力がかかるからです。42歳で転職希望の人は、そういった時間を転職活動に充てるべきなのです。

資格を持っていることで、有利とされがちですが、あまり資格にはこだわりすぎないように注意が必要です。

42歳の転職で求められるスキル

42歳という年齢は、企業において一般的に課長や部長といったある程度重要な役職を与えられる年齢で、会社からも信頼がおかれる立場になっている人も多くいるはずです。

そのため、42歳の転職では、職種における今まで培ったスキルや経験はもちろんのこと、部下をマネジメントできる能力が求められます。

若い新入社員の場合は、どんなにスキルや経験があったとしても会社はマネジメント能力を期待していません。また、マネジメント能力は会社で働きながら経験を積ませて学ばせるという会社の姿勢もあります。

しかしながら、会社は42歳の中途採用者を学ばせることはまずありません。

20歳の人材には時間などのコストをかけることができますが、42歳という定年まで残り20年弱の人材には即戦力とマネージメント能力しか求めていません。

42歳の中途採用者に20年弱の時間をかけて育てるより、定年まで約40年ある若い新入社員に時間をかけて育てる方が将来性が見込めるからです。

そういった事実を踏まえた上で、面接などの際は、チームを率いて挙げた成果を具体的に語り、マネジメント能力をアピールするようにしましょう。

42歳の転職を成功させる方法

では、42で転職を成功させるには、どのような方法で行えばよいのでしょうか。以下で詳しく紹介します。

転職動機をはっきりと把握しておく

42歳となると転職活動で失敗できません。ぼんやりとした動機で転職先を考えていても、先行で落とされるでしょう。運よく採用されたとしても、以前と同じような理由でまた転職を検討することになりかねません。

そうならないためにも、なぜ転職したいのか、どういった仕事をしたいのか、といった転職動機を自分自身ではっきりと把握しておくことが大切です。

転職動機をはっきりと把握しておけば、転職したい会社にアピールすることができ、スムーズに転職活動を行うことができるでしょう。

周りの人を頼ってみる

周りの人に頼ってみるのも1つの手です。42歳であれば、ある程度幅広い人脈があるという人も多いでしょう。今まで広げてきた人脈を頼ってみることで、転職活動の成功につながるかもしれません。

まずは、周りに転職先を探しているということをアピールしましょう。そうすることで、自然と情報が集まってきたり、勤め先を紹介してくれることがあるかもしれません。

企業に直接問い合わせてみる

多くの企業は求人情報を転職サイトやリクルートサイトに預けます。理由は企業が公式ホームページ上で採用情報を掲載しても、見る人が少ないからです。

そのため、企業に直接応募したり、問い合わせてみることで、ある程度アピールすることができます。中途採用は35歳までという規定を設けている企業も、もしかしたら採用選考の場を設けてくれるかもしれません。

また、大量に応募されてくる転職サイトやリクルートサイトとは違い、直接応募することで、履歴書をじっくり見てくれる場合もあります。

気になる企業があれば、コンタクトを取ってみましょう。

転職エージェントに登録する

実力には自信があるのに、上手に先方にアピールできないため、なかなか転職ができないという人もいるでしょう。

また、自分の希望条件と先方から出される条件がマッチしていない場合においても、自分の希望条件を強く言うことができずに、妥協してしまう人もいます。

転職は妥協するものではありません。妥協せずに転職を成功させるには、転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントの中でも特におすすめなのが、リクルートエージェントというサイトです。

リクルートエージェントは、自分の代わりに先方と待遇や給与など、自分がなかなか言いづらい条件の交渉をしてくれます。

加えて、自分でも気付かなかった強みを分析してくれたり、効果的な面接対策までしてくれるので、初めて転職活動をするという人でも安心して転職活動を行えるでしょう。

さらに、42歳になると多くの部下も抱え、転職に時間を取ることができない人も多くいますが、求人数業界トップクラスを誇る求人の中から、キャリアアドバイザーが自分にマッチした応募先企業の提案をしてくれます。

そのため、自分に合っていない企業に応募するといったことがありません。42歳という不利な年齢での転職ですので、ぜひこの機会に無料登録して活用してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。