39歳で転職を成功させる方法:信頼できる転職エージェントも紹介

記事の著者:菅野杏子

40歳になる前に、もっと良い条件で働いてみたいと考えることはありませんか。

39歳は自分の人生を見つめなおす時期でもあり、この際にできることは何でもしてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな希望を持つ方に、39歳で転職を成功させる方法を紹介します。

39歳の転職で悩んだときに考えるべきこと

一般的に、転職は若いうちにしたほうがいいとされており、39歳で転職を決断するのは並大抵のことではありません。

それでも自分の人生を見つめなおして転職をしたいと思っている方は、ぜひ以下のことを考えてみてください。

今考えられるリスクを書き出してみる

転職に際して、乗り越えなければならない壁を書き出すことによって、転職の不安と向き合うことが可能になり、また対策も練りやすくなります。

例えば、今より所得が低くなる可能性や転職が失敗した場合の対応などです。

こうすれば転職に対して具体的に考えることができます。

情報を収集する

39歳の転職で一番重要なのは、間違いなく情報です。

正確な情報を収集することで、確実な転職に近づきます。

自分の改善したいポイントをもとに、条件に合った転職先を探してみましょう。

企業側が求める人材像を先に把握することで、転職がうまく進みやすくなるため、自分の理想のみならず、あらかじめ企業側の理想も把握しておくのが重要でしょう。

また、転職をした人の失敗談は調べればたくさん出てくるので、それらの失敗談から学ぶことも大切です。

39歳の転職希望者がつまずく原因3つ

転職希望者が転職でつまずく原因を先に把握しておくことが、今後自身の転職に役立ってきます。39歳で転職につまずいてしまうには以下のような原因が挙げられます。

スキル不足

39歳で転職を成功させるために一番重要なのは、本人のスキルです。

企業側も39歳から再教育をしようと考えていることはまずありません。

そうなると、その人自身が即戦力として在らなければなりません。

そもそもスキルが足りない人は転職が上手くいかない場合が多いでしょう。

転職動機が曖昧

転職でつまずいてしまう原因で多いのが動機が曖昧な場合です。

転職する動機が曖昧だと、もし転職が成功しても、またすぐ転職したいと思い始めるでしょう。

転職を真剣に考える際に、なぜ自分はここに転職を希望しているのか、なぜ転職しなければならないのか、と動機を固める必要があります。

情報がそもそも少ない

調べても実際には見えない情報というのは存在するものです。

自分の求めているもの、企業が求めているものが見えにくいので、そもそも転職活動が上手くいかなかったという例も多いでしょう。

情報が極端に少ない場合は、転職自体を再考する余地がありそうです。

39歳に有効な転職・再就職活動方法

39歳の転職は大きなリスクが伴うので、信頼のおける転職エージェントを利用しましょう。

以下におすすめを3つ紹介します。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、言わずと知れた株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

求人情報が多数掲載されており、何よりも転職サポートが充実しています。

最大手ですので、利用してみる価値はあるでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

DODA

転職エージェント業界2位のDODAを利用するもの良いでしょう。

DODAは非公開求人も多数取り揃えており、39歳で転職するにも良い条件が揃っている企業を見つけることが可能です。

また、個別にきちんと対応してくれる制度が整っており、面接前後のサポートも手厚いため、初めての転職の方にオススメです。

DODAに登録する(無料)

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートエージェントは、まずは登録してみるのが良いでしょう。

全国対応で全ての業種を網羅しているため、自分の希望の条件に合った企業を探すのにはとても便利なエージェントです。

企業側との交渉なども仲介してくれるため、人気のあるエージェントとなっています。

リクルートエージェントに登録する(無料)