30歳で正社員就職を成功させる方法。今までの経歴の理由をしっかり話せることが大切

記事の著者:toganoyuka

高校、大学を卒業しても職につかない人は多くいます。

しかし、それぞれに理由があり、両親の介護、夢を追い続けて勉学に励んでいたといった理由で職につかなかったという人もいれば、引きこもりや単に親のスネをかじってきたといった、ニートもいるでしょう。

しかし30歳。そろそろ今後の人生を考えないと、自立して生きていくことが難しくなるでしょう。30歳という年齢で、職歴なし・ニート・フリーターなどの非正規雇用の肩書きは就職活動では不利です。

これから正社員を目指す人に、現実的な話や、客観的な意見を交え、就職成功の確率をアップさせる方法を紹介します。

また、就職を考えているならマイナビエージェントがおすすめです!

マイナビエージェントは業界別で専任のキャリアアドバイザーがついてくれるので安心して就職活動に励むことができます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

30歳、職歴なし・非正規雇用の肩書きでは、正社員雇用は厳しい?

結論からいうと、30歳という年齢で、職歴なし・非正規雇用の肩書きでいきなり正社員採用というのは、難しいところです。

一般的に30歳といえば、企業の中堅という位置付けにされ、働き盛りという部分にあたります。企業によっては、高卒、大卒から働き始めて、30歳でやっと正社員になれたという時期になります。

このような視点で考えると、必死にやってきた人たちがようやく認められる時期に、今まで職歴がない人や、非正規雇用だった人が、急に正社員採用というのはかなり虫のいい話しなのです。

そのため30歳で職歴・非正規雇用の人にとって、正社員での就職は厳しいという現実があります。ただし、不可能という訳ではありません。

現代日本のニート・フリーターの割合

現在日本でニート・フリーターの占める割合は30%近く占めているという調査結果があります。

非正規雇用、アルバイト、パートの割合が増加する日本では、ニート・フリーター30%という割合は妥当性があるでしょう。

そのうち、職にすらついてないニートの割合は1.5%程です。日本の人口を1億2千万人だとしても180万人近くいるということです。

この数は年々増加しており、社会問題にもよく取り上げられています。働けない、就活がうまくいかないなどの理由がニートの割合を増やしている要因の1つなのです。

就職活動でどれだけ不利になるかは、その理由による

職歴が無かった理由や非正規雇用で働いていた理由により、採用の有無は分かれてきます。

今までやる気もなくニートを続けてきた、働くことが嫌いな無職の人が現れました。はたして雇うでしょうか?

おそらく、この会社に入社しても続かないという考えになり、採用は見送られるでしょう。

一方で、画家になるという夢を追いかけ続け、勉強に励んでいて、ボランティア活動などで世界中を渡り歩いていた、そのため今まで職歴がない30歳の場合。

根気強く頑張れる人、奉仕の心がある豊かな人間性という印象を持ち、いきなり正社員とは言えないまでも、アルバイト、もしくは契約社員で雇ってみようという気持ちになるのではないでしょうか。

何らかの理由があって職歴がない人の場合

求人誌やハローワークの求人広告を見ると、正社員募集という企業は多数存在します。

理由があって30歳まで職歴がなかった人に関しては、職種を選ばなければ、いきなり正社員として採用されることも夢ではないでしょう。

しかし、その際はなぜ今まで職歴がなかったのかを明確に相手にわかりやすく伝える必要があり、そこが一番のアピールポイントとなります。

また、正社員採用を目指すのであれば、社会人としてのマナーや振る舞いは事前に勉強しておく必要があります。アルバイトの経験もないとなれば、働いた経験のある同年齢に比べて社会性は身についていない部分が多いです。

言葉遣いや態度が面接の際に出てしまうと、せっかくのチャンスを棒に振ってしまうので、セミナーや研修、ハローワークなどに出向き、社会人としてのマナーを学ぶことが成功の鍵となります。

特別な理由もなく30歳までニートの場合

特別な理由もなくニート、職歴なしという肩書きは一番就職において困難です。また30歳となると、正社員採用という道はかなり厳しいです。

しかし、まだ30歳という年齢は、体力的に余裕があり、バリバリ働けるはずです。いきなり正社員は無理でも、いずれは正社員になるという気持ちを持ち、就職活動を行うことが、成功へ繋がるポイントです。

焦って仕事を見つけ、すぐに辞める。これを繰り返すとあっという間に40代となってしまいます。もしこうなってしまうと、就職すら困難になるので、それは避けるべきです。

アルバイトでもいいので、まずは根気強く働くということが正社員として働く成功の鍵となります。アルバイトも正社員も働いているという意味では同じです。

社会に出て、人と接することで、社会人としてのマナーや、振る舞いを学べるので、まずは働くという経験を積んでスキルアップを目指しましょう。

30代ニートが就職活動でつまずく原因

社会経験があまりないニートは、現実の就職活動の厳しさを目の当たりにすると、元の生活に逃げてしまうことが多いようです。

まずは、いつまでも今の現状が続かないことを理解し社会に出ることが大切です。

理想と現実とのギャップ

一念発起して仕事を探そうとしても、30歳でニートをやっていた人を企業がすんなり採用するかと言われたら、難しいものがあるでしょう。

過去に職歴があればまた別ですが、職歴なしでニートであった場合は特別有利な資格などが無い限り、正社員採用となれる可能性は極めて低いです。

また、採用情報は多いのに実際面接しても雇ってくれなかったという現実を突きつけられた結果、一念発起したニートが就職を諦めてしまう傾向にあります。しかし、結局これではまたニートに逆戻りです。

30歳ニートの就職活動者がつまづく大きな原因は、ニートの理想と現実が乖離していると気が付くことによって起こるようです。

プライドが邪魔をする

ニートの人は自己肯定感が強いです。合わせてプライドも高く、就職先を選別してしまいがちでしょう。

余るほど求人広告が出ている現代で、就職先がないと嘆いているニートの方は「こんな仕事できるか!」とプライドが邪魔をしている場合があります。

就職が決まってもすぐ辞めてしまう場合なども同じです。ひとまずそのプライドを捨て、耐えることから始めましょう。

現在の生活に甘えてしまう

結局就職が決まらなくても、今まで通りの生活に戻れば良いと思っているニートの方も多いです。親が今まで通り養ってくれる、何とか生きていけるだろうと甘く見ている場合です。

しかし30代のニートともなると、親も高齢化し子供を養えるだけの仕事をこなせなくなってきます。現実にしっかり目を向け、対策を練る必要があるでしょう。

30代ニートに有効な就職活動方法

30代ニートの就職活動は、20代ニートと比べてはるかに過酷なものとなりますが、しっかりと対策を練りコツをつかめば可能性はあります。

ではいったいどのようなことをすればよいのでしょうか。

ひとまず社会にでる

30代ニートの方で、今まで職歴がない方はまず社会に出てみることが大切です。短期や1日だけのアルバイトなどをして働く感覚を知りましょう。

実際に社会に出て、理不尽なことや面白いことを経験することで、その経験が面接や採用活動に大きく役立ちます。

また働くという面だけでなく、友人と会ったり外出を増やしたりするのもおすすめです。30代ニートというと引きこもりがちな人が多いと思いますが、それでは社会人にとって最低限のコミュニケーション能力が身についていないため、いきなり就職活動を行ったとしても最初の段階でつまづいてしまうことが予想されます。

外に出る機会を増やすことで、世間の30代がどのように過ごしているのかも知ることができ、就職活動へのモチベーションもアップするでしょう。

就活サイトは必ず登録する

そもそも情報が無ければ就職活動はできません。情報を多く取得し、自分のやりたいこと、自分に合った仕事などをひとまず見つけてみましょう。

就活サイトは業種ごとの検索ができるので、自分のやりたい分野から就職先を選別するのに役立ちます。

おすすめの就活サイトは『リクナビネクスト』です。リクナビネクストは30代で未経験でも応募できる求人を多く取り扱っているので、30代ニートの方でも仕事が見つかりやすいでしょう。

また、30分でできる「グッドポイント診断」では、社交性・柔軟性・継続力など18種類の性質の中からあなたの強みを5つ分析することができます。分析結果を企業への応募の際に添付することもできるため、自己分析が苦手な方にもぴったりのサービスです。

リクナビNEXTに登録する(無料)

職業訓練を受ける

ハローワークなどで主催している職業訓練を受けましょう。無料で、かつ就職活動に有利なスキルや資格が身に付きます。

職業訓練は就職してからでは受けられないので、逆に今受けて必要なスキルを身に着けることが結果プラスになる場合も多いので、ぜひ活用してみて下さい。

厚生労働省東京労働局のHPで詳しく訓練制度について紹介されているのでご覧になってみてください。

厚生労働省 東京労働局ホームページ

友人におすすめの会社を紹介してもらう

自分のことを、よくわかってくれている友人なら、自分の強みを活かせる会社を紹介してもらえるかもしれません。もし、友人がいないという人も多少勇気は要りますが、昔に話したことのある同級生や、幼馴染に話を聞いてもらいましょう。

まずは一歩踏み出してみることが何よりも大事です。思い切って誰かの力を借りてみましょう。

職業訓練所でシミュレーションしてみる

アルバイトがきついという人は職業訓練所などで働いている自分をシュミレーションすることでも効果があります。通常、受講費用などはかからず、テキスト代などの実費負担のみですが、定められた条件を満たしていれば、受講手当や通所手当といった給付金がもらえることがあります。

その条件は以下の通りです。

・ハローワークで求職の申し込みをしている
・雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者ではない
・働き意思や能力がある
・ハローワークが職業訓練を必要であると認めている

まだ、何もしていないという人は、まずはハローワークで求職の申し込みだけして、条件を整えるといいでしょう。

体調を整える

アルバイトとして働き正社員へキャリアアップするためには他人の力を借りることも大切ですが、まずは自分自身の今の生活習慣を見直すことも重要です。

例えば、夜10時に就寝して朝9時に出勤するという生活リズムを送っていると次の日にも快適に会社へ向かうことが出来ますが、昼夜逆転した生活をしていると明日は仕事があると思っていても、なかなか起きられず今の生活をますます高めてしまうことになります。

体調管理を整えることで、生活のリズムに至るまで全てにおいてよい面を与えてくれます。生活リズムだけでなく、ゲームに没頭していた方はそれらを全て破棄することも大切です。ゲームをせずバランスの良い生活を送り、自分の体調に悪影響を与えないことが働くうえで前提に繋がります。

紹介予定派遣で働く

派遣の仕事というと、「正社員になれなかった人がするもの」というイメージをもつ方もいるのではないでしょうか。しかし、派遣の仕事を経て正社員になる方法があります。

それは、「紹介予定派遣」という働き方です。紹介予定派遣とは、契約終了後に双方の合意のもと企業が直接雇用するという前提で、派遣社員として働く方法です。つまり、企業側も働き手側も試用期間を経てお互いに見極めることができるため、入社してからのミスマッチが起こりずらくなります。

また自分で求人を探して応募するといった手間も省けるため、30代ニートではじめて就職活動をする方にとっておすすめの方法です。

『リクルートスタッフィング』では紹介予定派遣のお仕事を多数取り扱っており、登録も来社不要でできるため、派遣の仕事を探すのにぴったりです。

リクルートスタッフィングに登録する(無料)

また製造業・工場の仕事に特化した『工場WORKS』もおすすめです。工場WORKSには紹介予定派遣の求人が340件以上掲載されています。

工場の仕事はマニュアルに従って行うものや単純作業のものが多く、未経験の方でも始めやすいのが特徴です。登録も無料なので、興味がある方はぜひ一度登録してみてください。

工場ワークスに登録する(無料)

30歳で正社員就職をするさいの注意点

応募するときに意識すること

企業に応募する段階で、1つ意識しておいてもらいたいことがあります。

それは、「給料などの条件」や、「希望の職種」だけで応募してはいけないということです。

条件のいい会社には、当然多くの募集があるでしょう。また、30代無職から就職する際は、働き口が限られているため、少しでもいい条件、職種に就職したいと思うはずです。しかしその場合、20代の新卒たちが鳴り物入りでエントリーしてくる場合も少なくありません。

30代無職の人たちにとって、新卒の人たちにはない長所や、資格があるならば別ですが、よほど突出したの武器がない場合は、残念ながら条件だけで会社を選ぶことは出来ないでしょう。

ちなみに30代のいわゆるミドル世代で、一度就職した人たちが転職を考える理由として、トップ3を占めるのは、会社の方針や雰囲気、職場の人間関係など、仕事の環境に対する理由でした。

これはこれから就職する人にも言えることです。つまり、30代で転職や就職する場合に意識したいのは、職場の雰囲気や環境だということです。

それは面接で実際にその会社の人と会って話をしてみるしか判断する方法はありません。そのため、一発就職を狙うのではなく、選択肢が限られている中でも、色々な企業の面接を受けてみて、お互い相性のよさそうな会社を探すことが定着して就職できるポイントとなるのです。

30代で無職の人が採用してもらうために必要なこと

もちろん、相性や条件のよい会社が見つかったとしても、そこに就職出来るとは限りません。これは新卒でも転職でも同じことです。

自分がその会社に採用してもらうために、何が必要か、何が足りないかを常に考えることが大切です。

ここで企業側の目線に立って考えてみると、実は企業側も人材不足で悩んでいたりします。

その理由として多いのは応募がない、応募はあるが、応募者の資質が企業の求める水準に満たない、採用はしているが、すぐに転職、辞職してしまう、といったものです。

ここで注目したいのは、応募者の資質が企業の求める水準に満たないというポイントです。

企業側のいう応募者の資質とはなにか、という質問で多いのは、熱意、意欲、スキル、技能、人柄、コミュニケーション力、というものでした。

30代無職で就職活動する場合には転職扱いですが、未経験というカテゴリに応募することになります。

なので、スキル、技能についてはここでは考えなくてもいいでしょう。

とすると、応募者の資質が企業側が求める水準に満たない。というのは、熱意や意欲、コミュニケーション力の不足を感じ取られているからということになります。

これは実は、未経験というカテゴリとしては、新卒の方々にも言えることです。

就活生へのアドバイスとしてよく言われるのは、自己分析を客観的な視点からしっかりと行うこと、というものですが、就活生も30代までフリーターだった方にとっても、初めて社会に出るこの機会にそれだけのことが出来れば苦労はしません。

では、企業側の求める水準を満たすために、どうすればいいのか、見ていくことにしましょう。

キャリアコンサルタントを味方につける

30代で正社員就職を目指すことは、転職活動とおなじだということをお話しました。

これはつまりどういうことかと言うと、新卒としての採用を目指す就活生は、大学が就活をサポート、バックアップしてくれる他、新卒予定者を対象とした企業の説明会にも頻繁に参加することが出来ます。

ですが、30代で初の正社員就職を目指す人達にはこうしたサポートは一切なく、自分の力で企業を調査し、面接を受け。を繰り返すことになります。

新卒として一度就職した人の転職ならばまだしも、初めての就職活動で何のアドバイスもないのは、正直辛いものです。

ですが、そんな人達の大きな助けとなってくれる存在があります。

それが、キャリアコンサルタントです。

キャリアコンサルタントとは、人材と企業をマッチングさせる専門家で、味方につけることで様々なメリットが生まれます。

まずはコンサルタントとの面談を通して、面接での改善点や、自己PRのアドバイスなどを受けられます。

次に、企業の面接を受ける際に、キャリアコンサルタントの推薦というアドバンテージを受けられます。

これは単独でエントリーするよりも、格段に企業側の印象が変わってきます。

キャリアコンサルタントの報酬は、採用後に企業から支払われます。

ですが、採用者が定着せず、3ヶ月以内に辞めてしまう、いわゆるミスマッチがあった場合、その報酬は企業に変換されます。

なので、求職者が定着出来そうな企業を紹介するのも、キャリアコンサルタントの重要な役割であり、これは求職者にとっても大きなメリットです。

キャリアコンサルタントを味方につける方法

中途採用にとって救世主となるキャリアコンサルタントです。では、そんなキャリアコンサルタントを味方につけるにはどうすればよいのでしょうか。

ここで言う味方につけるとは、決して善意の協力のことではありません。

キャリアコンサルタントもビジネスです。クライアントである求職者が就職先を見つけることができ、なおかつそこに定着出来なければ儲けになりません。

そのためには、先述のように、30代で未経験就職という立場上、条件のよさや希望の職種だけで会社を選ばないことが大切です。

一般的な30代の年収よりも低くなってしまって当然であることなど、自分にとって不利な状況を自覚した上で、就職に対するモチベーションを持っていなければなりません。

求職者にとっても、キャリアコンサルタントにとっても、入社がゴールではないのです。

その企業に定着したい。という熱意が伝われば、きっと力を尽くしてくれるでしょう。

マイナビエージェントで仕事探し

マイナビエージェントは様々な業界と太いパイプを持っており多く情報を持っています。求人には載らないような職場の環境、働いている人などの情報を確認することができます。そのため、30歳で職歴がない人でも、応募可能な求人を見つけられるかもしれません。

また、企業は書類のどこを見ているか客観的にアドバイスしてくれるうえ、応募書類添削や身だしなみの確認、話し方、話すスピードなどの指導を含めた面接対策までしてくれ、徹底的なサポートが受けられます。

ここまでの充実したサポートを受けられると、30歳で職歴がない人でも安心して就職活動を行うことができるでしょう。

また、一般的に30代以上を対象に募集している求人票を見ることが多くありません。しかし、これは決して募集していないわけではなく、公開していないだけなのです。そんな非公開の求人募集を多く紹介してくれるのがマイナビエージェントの強みでもあります。

登録は無料で簡単におこなえるので、ぜひこの機会に登録してみてください。

マイナビエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。