30歳職歴なしの正社員就職を成功させる方法まとめ

記事の著者:toganoyuka

高校、大学を卒業しても職につかない人は多くいます。

しかし、それぞれに理由があり、両親の介護、夢を追い続けて勉学に励んでいたといった理由で職につかなかったという人もいれば、引きこもりや単に親のスネをかじってきたといった、ニート(職歴なし)という人もいます。

しかし、気づいたときには30歳になり、ここから就職活動を始め、正社員として就職を成功させることはできるのでしょうか。

30歳という年齢で、「職歴なし」という肩書きは就職活動では不利なのでしょうか?

これから正社員を目指す人に、現実的な話や、客観的な意見を交え、就職成功の確率をアップさせる方法を紹介します。

また、就職を考えているならマイナビエージェントがおすすめです!

マイナビエージェントは業界別で専任のキャリアアドバイザーがついてくれるので安心して就職活動に励むことができます。

マイナビエージェントのサイトを見る

30歳、職歴なしでは正社員は厳しい?

結論からいうと、30歳という年齢、職歴なしという肩書きでいきなり正社員採用というのは、難しいところです。

一般的に30歳といえば、企業の中堅という位置付けにされ、働き盛りという部分にあたります。

また、企業によっては、高卒、大卒から働き始めて、30歳でやっと正社員になれたという時期にあたります。

このような視点で考えると、必死にやってきた人たちがようやく認められる時期に、今まで職歴がない人が急に正社員採用というのはかなり虫のいい話しという見方ができます。

こういったことから、30歳で職歴のない人にとって、正社員での就職は厳しいという現実があります。ただし、不可能という訳ではありません。

なぜ今まで職歴が無かったかによっても状況は変わる

職歴が無かった理由やその経緯によって、採用の有無は別れてきます。

今までやる気もなくニートを続けてきた、やる気のない職歴なしの人が現れました。はたして雇うでしょうか?

おそらく、この会社に入社しても続かないという考えになり、採用は見送られるでしょう。

一方で、画家になるという夢を追いかけ続け、勉強に励んでいて、ボランティア活動などで世界中を渡り歩いていた、そのため今まで職歴がない30歳の人が現れました。

そんな人なら夢に向かって根気強く頑張れる人、奉仕の心がある豊かな人間性という印象を持ち、いきなり正社員とは言えないまでも、アルバイト、もしくは契約社員で雇ってみようという気持ちになるのではないでしょうか。

同じ30歳、職歴なしという肩書きでも、なぜ職歴が無かったのかによって、状況は変わるのです。ではどのような人が採用され、どのような人が採用されないのか、以下で具体的に紹介していきます。

何らかの理由があって職歴がない人の場合

求人誌やハローワークの求人広告を見ると、正社員募集という企業は多数存在します。

理由があって30歳まで職歴がなかった人に関しては、職種を選ばなければ、いきなり正社員として採用されることも夢ではないでしょう。

しかし、その際はなぜ今まで職歴がなかったのかを明確に相手にわかりやすく伝える必要があり、そこが一番のアピールポイントとなります。

また、正社員採用を目指すのであれば、社会人としてのマナーや振る舞いは事前に勉強しておく必要があります。アルバイトの経験もないとなれば、働いた経験のある同年齢に比べて社会性は身についていない部分が多いです。

言葉遣いや態度が面接の際に出てしまうと、せっかくのチャンスを棒に振ってしまうので、セミナーや研修、ハローワークなどに出向き、社会人としてのマナーを学ぶことが成功の鍵となります。

特別な理由もなく30歳までニートの場合

特別な理由もなくニート、職歴なしという肩書きは一番就職において困難です。また30歳となると、正社員採用という道はかなり厳しいです。

ですが、まだ30歳という年齢は、体力的に余裕があり、バリバリ働けるはずです。いきなり正社員は無理でも、いずれは正社員になるという気持ちを持ち、就職活動を行うことが、成功へ繋がるポイントです。

焦って仕事を見つけ、すぐに辞める。これを繰り返すとあっという間に40代となってしまいます。もしこうなってしまうと、就職すら困難になるので、それは避けるべきです。

アルバイトでもいいので、まずは根気強く働くということが正社員として働く成功の鍵となります。アルバイトも正社員も働いているという意味では同じです。

社会に出て、人と接することで、社会人としてのマナーや、振る舞いを学べるので、まずは働くという経験を積んでスキルアップを目指しましょう。

まとめ

30歳という年齢で職歴なしという人には、さまざまな理由があると思います。

しかし、どんな理由であっても30歳で職歴がないというのは不利な状況には変わりません。ですが、逆に言うとまだ30歳です。一般的に30歳はまだまだ若く、働き盛りです。

今までくすぶっている人でも十分に取り返せる年齢なので、自分の立場を理解し、コツコツとできることを一つずつ頑張って下さい。

マイナビエージェントで仕事探し

マイナビエージェントは様々な業界と太いパイプを持っており多く情報を持っています。求人には載らないような職場の環境、働いている人などの情報を確認することができます。そのため、30歳で職歴がない人でも、応募可能な求人を見つけられるかもしれません。

また、企業は書類のどこを見ているか客観的にアドバイスしてくれるうえ、応募書類添削や身だしなみの確認、話し方、話すスピードなどの指導を含めた面接対策までしてくれ、徹底的なサポートが受けられます。

ここまでの充実したサポートを受けられると、30歳で職歴がない人でも安心して就職活動を行うことができるでしょう。

また、一般的に30代以上を対象に募集している求人票を見ることが多くありません。しかし、これは決して募集していないわけではなく、公開していないだけなのです。そんな非公開の求人募集を多く紹介してくれるのがマイナビエージェントの強みでもあります。

登録は無料でかんたんに行えるので、ぜひこの機会に登録してみてください。

マイナビエージェントのサイトを見る