なんでも部下に丸投げ!仕事しない上司の特徴とその対処法まとめ

記事の著者:toganoyuka

仕事をしない上司、もしくは仕事ができない上司と一緒に働くのは辛いものです。日本は上下関係を重んじる文化ですから、的外れで理不尽な指示にもただ従うしかない現実に、嫌気がさしている方も多いでしょう。

今回は仕事をしない上司の特徴とその対処法を紹介します。

もし、そのような上司のもとで働くのはもう限界だという人は、転職を考えてみてもいいかもしれません。

転職を考える際におすすめなのが転職実績No.1のリクルートエージェントです。人手不足の今の時代、上司の分の仕事もこなせる優秀な方なら、想像していたよりよいオファーが届く可能性もあるはずです。

ぜひサイトに登録して活用してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

仕事をしない上司の特徴

毎日会って一緒に仕事をしなければいけない上司が仕事をしないとなると、あなたの負担が増えてしまうことになり、ストレスも溜まるでしょう。

そんな仕事をしない上司にもいくつかタイプがあります。以下では、9つのタイプを詳しく紹介します。

1. 丸投げ上司

ありとあらゆる仕事の内容を吟味することなく、全て部下に丸投げをする上司がいます。丸投げすることがマネージメントだと思い込んでおり、上に立つ立場として無責任も甚だしい態度です。

このタイプの上司は、社長に怒られそうになると逃げ出して部下を身代りにしたり、自分に対するクレームが入ったとしても、部下にクレーム対応や処理をさせます。

2. 情報を整理できない上司

仕事をしない(できない)上司には、情報を整理する能力に欠けている人が多いです。頭の中で仕事の優先順位を付けられないので、必要な仕事を適切に部下に振ることができず、結果を出せずに終わる場合があります。

情報整理能力の向上をあきらめた人が、仕事をしない上司のひと「つのパターンとして挙げられます。

3. 論理的な説明ができない上司

部下に対する指導の際、必要な情報と不要な情報をしっかりと区分けし、論理的かつ説得力のある、スッキリとした短い説明ができることが上司には求められます。

部下としても、簡潔にわかりやすくまとめられた説明は理解しやすく、これらのコミュニケーションから上司との信頼関係が生まれるのです。仕事をしない上司には、この論理的な説明能力が不足している人が多いです。

そもそも論理的に物事を考えられる人は、仕事ができるのです。

4. 労働資源のコントロールができない上司

上司には、ひとつの作業を処理するために必要なヒト・モノ(機械・道具)、与えられた作業時間という労働資源を有効にコントロールできる能力が求められます。

その部署で使う技術やノウハウを習熟し、作業者として実績を上げた人が上司に選ばれることが多いのですが、作業者として優秀な人が必ずしも労働資源をうまくコントロールできる人とは限りません。

仕事をしない上司は、労働資源をうまくコントロールする能力を高めることを放棄しています。

5. 進捗管理を軽視する上司

上司の仕事として大切なことは、部下の仕事がきちんと回っているか(手に負えない仕事を抱えてパンクしていないか、目的をきちんとつかんでいるか)を把握し、無理な仕事がある場合には、他部署も含めて周囲との調整をはかることです。

そのために、仕事全体の進捗に常に目を光らせる必要があります。仕事をしない上司は、毎日チェックに時間を費やすことは時間の無駄だと考えている場合が多いです。

6. 決断力のない上司

部下からの質問にしっかりとした答えを出せない上司とはとても仕事がやりにくいです。

仕事をしていると、上司に確認しなくてはいけないことも出て来ます。しかし、決断力のない上司であると、「確認しておく」とだけ言って返事をくれなかったり、とても曖昧な返事をして誤魔化したりすることがあります。

仕事をしない上司は、現場から離れて長く経ってしまうと感覚がつかめなくなっています。

7. 連絡や返信が遅い上司

大事な仕事の連絡や、メールの返信が遅いと仕事に悪影響が生じてきます。例えば、仕事をするうえで、上司の許可が必要な場合でも、連絡や返信が遅いために、クライアントを待たせてしまうといったケースもあります。

メールをチェックしていなかったり、大事な連絡を回さないのは立派な職務放棄です。そんな上司と仕事をしていては、よい結果を残すことは難しいでしょう。

8. 向上心のない上司

現状に満足して、向上心のない上司は仕事をしません。会社によっては年功序列制が根強く残っており、長く働けば働くほど、給料が上がったり、役職が上がっていきます。勝手に給料や役職が上がっていくので、仕事をする気力が起きないのです。

しかし、そのような状況は長くは続かないので、どのようなことに取り組むにも向上心は大切です。向上心のない上司と仕事をしているとあなたまで毒されて、向上心を無くす可能性があるので注意しましょう。

9.上司や先輩が見てる前では働いているふりをしている

上司にも、上司や先輩が存在します。その人たちの前でだけ働いている素振りを見せておけば、仕事をしなくても仕事をしていると評価されるものです。

この計算高い行動にあなたも思わずイライラするでしょう。「本当はこの上司、仕事していないんです」と報告するのも手かもしれません。

仕事をしない上司への対処法

どこの職場にも仕事をしないひとはいるものです。しかし、だからと言って自分より給料をもらっているはずの上司が仕事をしないで怠けていたらムカつきますよね。

そこで対処法を紹介します。

さらに上の上司に相談する

部下のほうから、「仕事をして下さい」とは言いづらいですから、さらに上の上司に相談して、注意してもらうのもいいでしょう。

部下に大きな態度を取っている人ほど、目上の人にはペコペコする人は多いです。上の人に言ってもらえれば、少しは仕事をするようになるかもしれません。

上司の仕事について質問する

上司の仕事は部下の仕事を管理するなど、部下の仕事をサポートすることが仕事です。実はあなたが知らないだけで、上司は上司の仕事をしているのかもしれません。

そこで、上司の仕事内容について聞いてみましょう。ただし、言い方には注意が必要です。仕事をしないことを責める口調ではなく、あくまで相手を尊敬している部下として聞いてみて下さい。

ここで、「君は知る必要がないよ」などと言って、教えてくれない上司は実際は、なにも仕事をしていないのかもしれません。

自分の仕事の詳細について質問する

上司が仕事を丸投げしてきたときに使える方法です。上司が仕事を押し付けてきたときに考えられる心理としては、その仕事の詳細を考えるのがめんどくさい、責任を取りたくないといったことが挙げられます。責任は取りたくないのに、うまくいったら自分の手柄にしようとしている自分勝手な上司ですね。

このような場合には、自分の仕事の詳細を質問して、上司にも一緒に考えさせましょう。丸投げにされて、独断で仕事をすると責任を取らされてしまうのは自分ですが、上司を巻き込むことでたとえ失敗しても上司の責任にすることができます。

自分の仕事に没頭する

仕事をしない上司が身近に板としても、自分の業務に影響が及ばないのであれば、「上司は上司、自分は自分」と考えて仕事に没頭しましょう。大きな企業であればあるほど、他人がどのように仕事に取り組んでいようとも、自分自身の評価や昇進には関係ありません。

上司と同じ役職、もっと上に行くことで、もはや上司のことなど気にもならなくなるでしょう。「仕事をしないとどうなるか思い知らせてやる。今に見てろ。」くらいの意気込みで仕事に取り組むと没頭できます。

上司に期待しない

もういっそのこと諦めるのも手です。今の時代、どの会社も仕事ができない人はリストラになる可能性があります。

仕事をしない人はいつまでたってもスキルが上がりませんから、いつか「仕事をしない」から「仕事ができない」というレッテルを貼られる日も来ることでしょう。

上司に期待するだけ時間の無駄ですので、自分のスキルを上げることに専念してみてください。

仕事を頼まれても断る

仕事を丸投げされて、いっぱいいっぱいの場合、仕事を断るというのも大切です。その上司からの評価は下がるかもしれませんが、毎回引き受けていたらあなた自身がストレスや体調不良で倒れてしまいます。

とはいえ、明らかにできるものは引き受けるようにしましょう。手が空いていて、仕事を振られるのを待っている状態なのに断ってしまってはそういった上司とやっていることは変わりません。

ある程度、このような仕事の投げ方をされたときは受けない、といったように、基準を設けておくことをおすすめします。

異動する・転職する

仕事をしない上司に迷惑をかけられてうんざりしているならば、職場を変えることも考えましょう。仕事をしない人が堂々とのさばっているような会社・部署は、決していい職場とは言えません。

大きな会社であれば異動届を出せば上司と異なる部署へ行けますし、会社が小さくて異動ができない場合や、仕事をしない上司が会社内にはびこっていたりするような場合には、転職をしてよりレベルの高い職場へ移れば、刺激のある環境でまた楽しく働くことができます。

転職理由として、上司のダメさを会社に伝えれば、仕事をしない上司への報復も同時に完了させられるでしょう。

上司の仕事までこなせるほど優秀な方なら、転職先はすぐに見つかるはずです。転職には時間と手間がかかるなんてイメージを持っている方もいるかも知れませんが、リクルートエージェントなら、自分の代わりに企業との交渉を行ってくれるので、仕事を続けながら転職活動をすることができます。

登録は無料ですし、無理に転職を進められることもないので、まずは無料登録して条件に見合う会社を探してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントに登録する(無料)

まとめ

仕事しないくせに、自分よりも給料をもらっている上司に「イライラしている」「ムカつく」と思う方も多いのではないでしょうか?

改めて考えてみると、こんな上司と一緒に働きたくないと思った人もいると思います。そうであるならば、転職を考えてみてもいいかもしれません。

リクルートエージェントならば、あなたの仕事ぶりを正当に評価してくれる会社が簡単に見つかります。今は人手不足でもある上に、非公開求人が10万件もあるので、行動するなら今です。

登録も無料でできるので、ひとまず登録してみて、無料で情報を手に入れてみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。