仕事が続かない人の特徴10選:頭が良くても仕事は続かない!?

記事の著者:haruki hatano

その人自身の能力が高くても、1つの仕事を長く続けられない人がいます。一体なにが原因なのでしょうか。

生きていくために仕事をすることは大事なことですが、そんな大事な仕事が続かないようでは、社会的な信頼も失ってしまいます。そうなってしまう前に、ぜひ仕事が続けられない人の心理を理解して、対策をとりましょう。

この記事では、仕事が続かない特徴(原因)とその対策について紹介します。

また、ずっと続けられる仕事を見つけたいのならば、リクルートエージェントを活用してみてください。求人数が10万件以上あり、転職サイトでは1番の求人数です。

プロのアドバイザーがサポートしてくれるので、あなたが求めている、ずっと続けられる仕事も簡単に見つかりますよ。

無料で登録できるので、ぜひ登録だけでもして情報を手に入れてみてください。

リクルートエージェントに無料登録する

1.我慢が足りない

当たり前ですが、仕事が続かない人は、我慢が足りないという特徴があります。どんな仕事でも辛いと感じるときは必ずあります。辛いと感じるときに我慢強さが必要になるのです。

我慢が足りない人は仕事や恋愛、人間関係、全てにおいて影響が出ます。根本的に我慢することは意味がないと思っている場合が多く、我慢しないことが基本的なスタンスになってしまっている可能性が高いです。

我慢ができないために、何度も転職を繰り替えてしまうのかもしれません。

対策:我慢強さを身につけるには目標を持つこと

「我慢が足りない」の対策として、仕事上での目標を持つことが大事になってきます。たとえば、営業であれば5件の契約を取ってくるなどです。

仕事上の目標を持つことでモチベーションアップにもなりますし、目標を達成するために辛いことも乗り越えられるようになります。

2.プライドが高い

プライドが高いのも、仕事が続かない人の特徴の一つです。

職場によっては年下の上司ができることもありますが、それを認められないという人も多いそうです。プライドが邪魔して、「こんな仕事やってられない!」となってしまい、会社を辞めてしまいます。

確かにプライドを持つことは大事ですが、プライドが邪魔してチャンスを逃してしまうことがあります。今まで数多く仕事を変えてきた方は、本当に守るべきプライドなのか、よく自分自身と向き合って考えてみてください。

対策:自信をつけましょう

プライドが高い原因は「自信がない」ことです。

自信がないために、自分のことを大きく見せようとします。自慢話をしたりなど、極端な自己アピールに走ってしまいます。そうしないと、自分を支えることができません。

しかし、「自信をつけてください」といきなり言われても難しいでしょう。だからまずは「自信のあるフリ」をしてみてください。自信のあるフリなら誰でもできますよね。自信のあるフリをいつもしていると、いつかそれが本物の自信に変わります。

自信をつけるには思い込みが重要なのです。

3.自己分析ができていない

うまく自己分析が出来る人は、自分の長所や短所がはっきりとわかっているため、間違いを修正することができ、長く仕事を続けることも楽になります。

また、自己分析でより自分を深く知ることで、自分が本当に向いていることは何なのか、やりたいことは何なのかということが分かるので、仕事選びの際も失敗しません。

対策:やりたいことを明確にしよう

あなたのやりたい仕事はなんですか?

どんなに給料がよい仕事でも、自分のやりたくない仕事では続きません。どうせ何年も仕事をするなら、やりたいことを仕事にしましょう。

しかし、「やりたいが分からない」という方も多いと思います。そんなあなたはリクルートエージェントを活用してみてください。リクルートエージェントではプロのアドバイザーがいるので、気軽に相談することができます。

また、自己分析も一緒にしてくれるので、あなたにピッタリな仕事も見つけやすいです。無料で登録できるので、ぜひ登録だけでもして情報を手に入れてみてください。

リクルートエージェントに無料登録する

4.判断が早い

決断力が良くも悪くも早いという点は、仕事を長く続けられない原因だといえるでしょう。

初めは誰もが仕事に慣れません。なので、辛いし、つまらないと感じるのも無理はありません。しかし、何年か続けていくうちに仕事に慣れ、その仕事が楽しく感じる瞬間は必ず来ます。

判断が早く、行動力があることはよいことですが、早すぎる判断はもったいないだけかもしれません。

対策:3年間は辞めないようにする

3年間は続けてみて、それでも何も楽しさを見いだせないと思ったら辞めましょう。「3年間も仕事して辞めるなら、今すぐ辞めた方が効率的だ」とも思うかもしれませんが、3年間仕事することで思いもしなかったスキルが身につくことがあります。

ぜひ、3年間というのを1つの基準にしてみてください。

5.頭が良い

頭が良いと言うよりかは、効率重視な考え方をしていると言った方がわかりやすいでしょうか。周りと同じ給料をもらっていると考えると、彼らよりも多い仕事量をこなすのは納得がいかないという方も多いようです。

そのせいで、どんどん仕事に対するモチベーションが低くなり、しまいには辞めたいと思うようになってしまうんだとか。

頭が良くて考えすぎてしまうタイプの方は、今の環境を悪くとらえる傾向にあります。自分が本当に給料にあった仕事ができているのかを見つめ直しましょう。

対策:自分のスキルに自信があるなら転職もあり

今の環境に不満があり、給料に不満があるのなら転職を考えてみるのもありです。正当な給料を貰えるところに就職できれば、仕事も長く続くでしょう。

リクルートエージェントを活用してみてください。リクルートエージェントではプロのアドバイザーがいるので、あなたに合った仕事を見つけることができます。

無料で登録できるので、ぜひ登録だけでもして情報を手に入れてみてください。

リクルートエージェントに無料登録する

6.期待が大きい

職場に対して期待が大きい人は仕事が続かない特徴です。

「きっと楽しい仲間が待っている」

「毎日、やりがいがある仕事が与えられる」と過度な期待をするのです。

期待が大きいと実際、ギャップを感じ裏切られた感があります。ほんの少しの違いでも「仲間が冷たい」「やりがいない」と感じます。ガッカリ感が仕事を続けられなくさせてしまいます。

対策:過度の期待は持たないようにする

どんな職場も楽しい一面と辛い一面があります。過度の期待はしないようにしましょう。逆に期待しないことで、仕事が長く続けられる可能性もあります。

期待していなかった分、楽しいことがあればギャップとなり、よい意味で期待を裏切ってくれるのです。

7.対人関係が苦手

そもそも、選ぶ仕事が自分に合っていないという可能性があります。実は対人関係が苦手という人は意外と多くいます。人と話すのが苦手なのに、営業職で働いていませんか?

適材適所という言葉があるように、人間は得手不得手があります。自分に合った仕事を見つけるのが大切です。

コミュニケーションが苦手でも活躍できる仕事を見つけたい方は「コミュ障でも正社員に!コミュ障の特徴と活躍できる職業まとめ」という記事を参考にしてみてください。

対策:コミュニケーション力を磨く

対人関係が苦手だけど、頑張って今の仕事を続けるようにしていきたい。そんなあなたはコミュニケーション力を磨くようにしましょう。

コミュニケーション力を磨きたい方はこちらの「怖がらないで!コミュ障の治し方と会話を弾ませる方法7選」という記事も参考にしてみてください。

8.過去の栄光を引きずる

仕事に楽しさを求めると仕事が続かないです。

前職の仕事や学生時代に経験したバイトに楽しい思い出がある。

そのような方は過去の栄光が忘れることができません。

「あの時のように仕事は楽しいはず!」

過去は過去、今は今と思うことができないのです。

対策:今の仕事に集中する

どんなに過去が素晴らしくても、一番大事なのは「今」です。これをまずはしっかり頭で理解するようにしましょう。

今まではしっかりと仕事と向き合っていなかった可能性があります。ぜひ、今の仕事と真剣に向き合ってみてください。

9.夢がある

夢があると、夢に向かって頑張ろうと思うものです。

しかし、夢と現実のギャップを感じたときに、今までの仕事を「時間の無駄」と捉えてしまうんだとか。

夢の為にお金をためようと理想を描いても我慢ができません。

やっぱり夢に近い仕事をしようと考えてしまいます。

夢を追うのは大切ですが、自分自身が成長するにはひとつの場所で経験を積むことも必要だということを心得ましょう。

対策:夢を叶えるためには我慢も必要だと考える

成功した人たちの本を読んだり、エピソードを聞いて見ると、多くの成功者が苦労をしていることが分かります。夢を叶えた人たちはみな苦労をしているのです。

あなたも夢を叶えたいのなら、あえて苦労する道を選ぶことが近道になるかもしれません。

10.辞め癖がついている

仕事を辞めることが癖になっているパターンです。

これは精神的な病気である場合もあります。うつ病という可能性もあるでしょう。どうしても仕事が続けられないと悩んでいるのなら、医師に相談するのも一つの手です。

もし、うつ病について詳しく知りたい方はこちらの「働きたくないのは病気?うつ病のサインと、仕事を嫌と感じる原因・対策」という記事を参考にしてみてください。

仕事が続かない自分を変える方法3つ

ここからは仕事が続かないと悩む方や辞め癖がついてしまった方へ向けて、その対策方法を3つ紹介します。

仕事が続かない原因を考える

仕事が続かない自分を変えるためには原因を知ることが大切です。上で仕事が続かない人の特徴を10個紹介しましたが、あなたはどれに当てはまりましたか?

仕事が続かない原因さえ見つかれば、あとは克服するだけです。しっかりと自分を見つめ直してください。

転職なんて当たり前と割り切る

今の時代、転職するなんて当たり前になってきています。欧米では何社も転職するなんて当たり前で、日本も徐々に欧米化していくと予想されています。

「なんで仕事が続かないんだ」と自分を責めるのではなく、「転職なんて当たり前だ」と開き直ってみましょう。もしかしたら、これからは仕事が続かない人が当たり前の時代がやってくるかもしれません。

職場で親友を作る

職場に親友を作るという意外な方法もあります。職場に気の合う友人を作ることで、毎日の仕事が楽しくなりますし、仕事を辞める気も起きなくなります。

親友さえ作れれば、仕事のために職場に行くという感覚はなくなり、親友に会うために職場に行くという感覚になります。思い出してみると、小学校時代も勉強のためではなく、友達と遊ぶために学校に行っていたという人は多いのではないでしょうか?

この職業で親友を作るという方法はおすすめなので、ぜひ積極的に職場の人と仲良くしてみましょう。

まとめ

仕事をやめてしまう人たちには、さまざまな理由がありますが、ネガティブな原因だったりポジティブな理由だったりと人それぞれ違っています。

しかし全員に共通して言えるのは、続けたいと思える仕事に出会えていないということです。

転職を何度もしてきた人が多いはずですが、転職の仕方によって、見つかる企業はかなり異なるということはご存知でしょうか。

リクルートエージェントは、業界でもかなり大手のエージェントサイトなので、10万件を超える非公開求人があります。

また、自分では気が付かないような強みをプロのアドバイザーが見抜き、企業を勧めてくれるというのも他の求人サイトとの大きな違いです。

今まで自分で探してきて失敗をしてしまった方は、プロのサポートの元でもう一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

また、他にも多くの企業を探したい場合はDODAも同時に登録することをおすすめします。

リクルートエージェントのサイトを見る

DODAのサイトを見る