自然体でいるのがベスト!就職の不安を克服する方法5つ

記事の著者:shuta

履歴書の作成、面接を前にすごく緊張し不安になる。そして就職しても、職場で本当にうまくやっていけるかなど、就職に関する不安は尽きません。

しかし冷静に考えてみると、就職の不安の多くは「うまくいかなかったらどうしよう」という「失敗」に関する不安がほとんど。

失敗は出来れば回避したいことですが、失敗に対する考えや対処法を具体的に考えると、不安も少しずつ克服出来ます。ここでは、就職の不安を克服する方法5つをお伝えしていきます。

1.ホウレンソウの誓い

不安という前に、仕事を始めるにあたって、「誠実・丁寧」を旨とするということを、まず自分自身に約束しましょう。

具体的には、「ホウレンソウ」を守るということです。ホウレンソウとは仕事する際、「報告、連絡、相談」を徹底するということ。

社会人になる時、ホウレンソウだけは守る、と自分で誓う。不安な時、この誓いはお守りになり、大きな味方となってくれます。

2.必要以上によく見せようとしない

人事担当のひとは、今まで何人ものひとを面接しているので、人材を客観的に見ることには長けています。

だからあなたのことも、あなた以上に、冷静に客観的に見ています。

自分は自分以外にはなれません。面接など緊張の場面でも、努めて自然体でいきましょう。採用する側も、あなたが本当はどんな人か、とても知りたがっています。

本当の自分の気質、能力をしっかり見定めてもらった方が、今後お互いの利益となります。

3.とことん悩む

不安を抱いたとき、ただ漠然と不安がるばかりではダメです。漠然としているとそれはさらに大きくなり、余計に怖くなってしまいます。

具体的に、どういうハプニングや場面を自分は不安がっているのか、徹底的に書き出してみましょう。具体的に記せたとしたら、その半分は克服できたのと同じです。

病気の原因さえ分かれば、治療できるのと同じです。

4.とことん悩んだら開き直る

天才バッターイチローだって、毎打席ヒットを打つわけではありません。不調のときもあります。一流のアスリートであるほど、試合前激しく緊張し、逃げたしたいほど悩んでいる人が多いものです。

社会人の卵、あるいは久々に就職活動する時に、失敗したらどうしようと強烈な不安にかられるのは、ごく当たり前のことです。

しかし、とことん悩んだ経験は、決して無駄にはなりません。必ず今後の糧となります。

とことん不安になり、とことん悩んだら、「よーし、これからたくさん失敗するぞ」ぐらいの心構えで、現実に立ち向かっていきましょう。

5.失敗が本当のスタート

どれだけ不安を解消すべく努めても、やはり面接がうまくいかないかもしれません。晴れて就職できても、新しい職場で失敗するかもしれません。

大切なのは失敗しないことではなく、失敗したとき、どう対処するかです。失敗したとき、どう向き合うのか。どのように対処するのか。それでその人の真価が決まります。

失敗しても、誠実に正直に丁寧に対処すれば、それは失敗を契機にした成功となります。本当の仕事は、そこからがようやくスタート!