看護師がクリニックで働くメリット・デメリット:給料・スキルの低下?

記事の著者:haruki hatano

クリニックに転職したら楽そう、イメージだけでそう思い込んではいませんか?看護師の転職先としてクリニックは人気が高いですが、イメージと違っていて失敗するケースも多々あります。

メリットがあるからこその看護師の人気職場ですが、クリニックならではのデメリットもあるのは事実。転職して後悔しないように、チェックしていきましょう。

クリニックへの転職を探しているならマイナビ看護師。国内最大級の求人サイトなので、クリニックだけでも5000件以上見つかります。

マイナビ看護師のサイトを見る

クリニックでの仕事

クリニック勤務の看護師の仕事はどのようなものがあるのでしょうか?

病棟と比較しながら見ていきましょう。

看護業務

採血や血圧測定、点滴処置などの看護師として基本的な看護処置が中心になります。

クリニックに通う患者は重病の人が少ないので、急変の際の緊張感にさいなまれることがありません。軽い症状で検査も兼ねて数回きり、あるいは慢性的な症状で定期的に通っている人が大半です。

診療補助

問診などの外来業務や、検査の説明もクリニック勤務の看護師の仕事です。

院長さんのサポートをしながら、患者さんとの関係を築いていきます。

雑務

クリニックでは、看護師やスタッフの数が少ないため、看護業務だけではありません。

医療機器の洗浄・消毒や、ベッドのシーツを替えるという業務もする必要があります。

クリニックによっては、受付や電話対応、管理業務まで任されることもあるため、看護業務以外のこともできる人におすすめです。

クリニックでは、正社員でなくても派遣として働くことができるため、結婚や出産のタイミングでクリニック勤務に転向しようと考えている方は、「看護のお仕事派遣」をチェックしてみてください。

看護のお仕事派遣

クリニック勤務のメリット

1. 夜勤や残業がない

クリニックは基本的に日勤で、シフトもかっちり決まっています。夜勤がないので、体力的には楽になる部分も。病棟の看護師にはおなじみの不規則なシフトから解放されます。

人気のクリニックだと時間が延長することもありますが、何時間も残業するということは少ないケース。子育て中でも送り迎えができたり子供に長い留守番をさせなくていいのは助かりますね。

診察時間によっては昼休みに一回帰れるなんてこともあります。昼食は家に帰ってから摂って、ちょっと昼寝してから午後の診察に出勤するという看護師も。長い自由時間は魅力です。

2. 患者の急変がなく精神的に楽

クリニックに通う患者は重病の人が少ないので、急変の際の緊張感にさいなまれることがありません。軽い症状で検査も兼ねて数回きり、あるいは慢性的な症状で定期的に通っている人が大半です。

毎週通ってくる患者さんと顔なじみになってご近所さんのように会話を交わすのが、日常的な風景になります。

診察中は次から次に検査があったり、それでも多くの患者さんが待っていたりと忙しいことに変わりはありませんが、急変でバタバタすることがないのは精神的に楽なものがありますね。

3. ハマれば楽しい職場に

大病院だと人の入れ替わりが激しいですが、小規模なクリニックだと基本的には人員が動くことはありません。院長やその奥さん、既存のスタッフと相性が良ければ、その職場がピタッとハマることも。

また看護師さんの数が少なく、異動も少ないことから患者さんとの距離も近いようです。

ただし、誰もがハマるクリニックと出会えるわけではありません。自分の希望に合ったクリニックを探し、面接の際には雰囲気をさりげなくチェックするのがカギです。

4.給料がいい

クリニックの人気の理由で大きいのが、「給料が高い」という点。通常の病院勤務よりも時給が高いクリニックが多く、金銭面の魅力でクリニックを選ぶ人も多くいます。

「仕事量に対してお給料が多い、時給が高い」という感覚もありますが、中には、「夜勤のある病院よりもお給料が高かった!」という声もあります。

また、時給制なので、勤務時間に対してきちんと給与の計算が行われる、という長所があります。

病院で三交代などの時には計算されなかった僅かな居残りなども給与計算に入ることで、仕事への嫌なイメージが軽減されているのかもしれません。

5.規則正しい勤務

クリニック希望の人が必ず上げるポイントが、「規則正しい勤務形態」です。

病院などで多い三交代制で、夜勤が含まれることで生活が不規則になりがちなことに比べて、クリニックは時間や曜日が正確に把握できます。

朝に出勤して、夕方や夜には退勤。曜日によっては昼までの場合があったり、たいていのクリニックは日曜が休診日になっているので、とても規則正しい勤務が出来るのです。

三交代制で、周囲と休みが合わなかったり、不規則な生活で身体に影響を及ぼしていた看護師がクリニックに憧れるパターンが多いよう。

クリニック勤務のデメリット

1. 人員が少なくギリギリのことも多い

クリニックは楽かな、とイメージだけで転職してよく後悔するのがこのパターン。スタッフは少なくギリギリで、一人が休んだら他の看護師にしわ寄せが行きます。基本的に好きな時に休むことはできません。

スキルが足りなくても教えてくれる先輩がいない、ということもあります。ある程度経験を積んで、一人でもこなせるくらいでないと、クリニックの看護師は務まりません。

子育て中の看護師でも働きやすいシフトなのは魅力ですが、いきなり復職先として選ぶのは控えた方がいいことも。大病院で研修を受け直してからの転職先に考えたいところです。

2. 社会保険は充実しておらず、退職金がないことも

クリニックに転職するなら、社会保険はあまり充実していないと覚悟しておいた方がいいでしょう。健康保険には加入できても、厚生年金ではなく国民年金に入らないといけない場合もあります。

やむを得ず辞める際に退職金が出ないこともあります。辞めた後に生活に困った、などという展開を避けるために、そのクリニックの待遇はチェックしておきたいところです。

3. 看護以外の雑用も仕事

クリニックでは、大病院のように事務や清掃員を雇う余裕はないところが多いです。そのため、電話対応や毎日の掃除も看護師がしないといけない場合も。備品管理も自分たちでします。

あれもこれもで手が回らない、となっては診察や処置に支障が出ます。病棟とはまた違った忙しさがあるのが現実。

看護師としての通常業務をこなしながら並行してしないといけないこともあるので、優先順位が大事です。クリニックでも日常の忙しさは避けられません。

4.患者さんとや同僚との距離が近い

メリットであげたように同僚や患者さんとの密なつながりがメリットでもあり、デメリットでもあるのです。

病院と違い、同僚の数も患者さんの数も少ないのがクリニック。また患者さんは、通ってくる曜日などでかなり固定されてきます。

名前や顔を覚えられたり、逆に覚えなければ、業務に差し障ることもしばしば。

また、クリニック勤務の場合は人数が少ないことが多く、仕事をスムーズにこなすには、それぞれの看護師ときちんと人間関係を築いておく必要があります。

なので、クリニック勤務では、病院勤務以上に「コミュニケーション能力」が必要な場合が多いそう。病院に比べて小規模な職場であるクリニックだからこそ、人間関係でつまづくと仕事がやりにくくなるんだとか。

5.休みが自由にとりにくい

病院などだと、それなりにフォローする人数が多く、それぞれの事情で休みを取ることも出来ます。ですが、クリニックで休みを取ろうとすると、他のスタッフにかかる負担が大きくなるので、休みが取りにくいというデメリットがあります。

また、遅刻や早退などでも周りに掛ける迷惑が大きくなるので、非常に心辛い状況になるでしょう。クリニックの場合には、状況によっては事務仕事や片付けなどの雑務もしなければならなくなることが多いようです。

病院ではすることのなかった雑務にクリニックで初めて触れたという看護師もいます。クリニックで働く時には、こういったポイントにも注意しておきましょう。

クリニックのメリット・デメリットを踏まえて、クリニックに転職しようと考えた方にはマイナビ看護師をおすすめします。丁寧なサポートをもとに自分に合った職場を見つけましょう。

マイナビ看護師のサイトを見る

クリニックに転職するときの注意点

上記でクリニック勤務の看護師さんのメリット・デメリットをあげてきましたが、クリニックに転職したい!と感じた方もいるのではないでしょうか?

では、実際にクリニック転職する際に注意すべきポイントはどのようなことなのか見ていきましょう。

給料が下がる可能性がある

看護師の平均年収は478万2700円です。しかしクリニック勤務の看護師の平均年収を見てみると、394万円です。

給料や賞与(ボーナス)は、
①勤務年数
②正看護師か准看護師か
③勤務地
④クリニックの条件
によってかなり大きな差があるので、転職する際には要注意です。

たとえば、高給な都内の美容クリニックで勤務6年目の年収は、648万程度に対して、

福島県の通常のクリニックで勤務1年目の年収は、福島県の通常のクリニックで240万円程度です。

こちらの記事では、看護師の年代別や勤務地別での給料の差を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。→看護師の給料について:手取り・初任給・地方と東京の差は?

看護師としてのスキルが下がる

クリニックに通う患者は重病の人が少ないので、急変の際の緊張感にさいなまれることがありません。軽い症状で検査も兼ねて数回きり、あるいは慢性的な症状で定期的に通っている人が大半です。

しかしこれは看護師としてのスキルを低下させる原因になります。クリニックでは血圧測定た採血の基本的処置が中心なので、高度なスキルを使う場所が少ないようです。

看護師の経験を活かしたい方や、さらなるスキルアップを目指す方はクリニック勤務を考え直してもいいかもしれません。

クリニックの雰囲気・評判

クリニックならどこでも密度の濃い人間関係と働きやすい環境がある!というのは大きな間違いです。

少人数だからこそ、院長や同僚との相性が、職場の働きやすさにつながります。

病棟の場合は、上司が管理職の人であったのに対して、クリニックでは院長さんが直接の上司になります。そのため求人を探すときには、院長さんの方針や雰囲気もしっかりとチェックしましょう。

また患者さんとの距離が近いこともあるため、クリニックの評判から、どのような患者さんが多いのかを調べておきましょう。

最後に

クリニックでのメリット・デメリットを紹介してきましたが、自分の勤務地や年次を考えながら、このまま病棟で働き続けるのか、クリニックに転向するのか決めましょう。

またクリニックに転向する場合の注意点も参考にしながら求人をチェックしてみてください。

看護師専門サイト「マイナビ看護師」では、多くの求人から条件を絞って自分にぴったりの職場を見つけることができます。

勤務条件や給与だけでなく、クリニックの雰囲気も教えてもらえるので、人間関係や院長との相性も考えながら転職活動をすすめることができます。

マイナビ看護師のサイトを見る