アラサーから保育士になる・復職する方法!未経験からも可能

記事の著者:saitotakuma

一度社会に出て就職はしたものの、やっぱり保育士になる夢が諦められないという人は多いでしょう。また、さまざまな事情で保育士を一度辞めてしまった方の中にも、現在保育士への復職を考えてるという方もいると思います。

今回は20代も後半に差し掛かり、いわゆるアラサーと言われるタイミングで保育士への転職、または復職を考えたときに、どのようにすればいいかを紹介していきます。

また保育士の就職には、保育士専門の求人サイト・保育Fine!がおすすめなので、ぜひ活用してみてください。保育士専門のサイトなので、業界ならではの悩みや職場探しの条件などを理解したコーディネイターがサポートしてくれます。

資格を持っていなくても、保育に携われる仕事が多数紹介されているので、ぜひチェックしてみてください。

保育Fine!に登録する(無料)

アラサーは保育士になれるの?

そもそも、アラサーに差し掛かって保育士を目指すことはできるのでしょうか。

まずは保育士を目指すにあたって、検討しなければならないことは何なのかを紹介していきます。

保育士に年齢制限はない

保育士を目指すために必要な保育士試験には、年齢の制限はありません。あまりにも高齢だと体力的にも判断力的にも厳しいことはありますが、30歳を過ぎたからといって資格を取得できないということはないです。

しかし、やはり職場でも大多数を占めるのは20代で、特に公立の保育園ではこの傾向がより強いです。求人の数を比較しても圧倒的に新卒や20代が多いことは事実です。これは、保育園側が人件費を削減するために、コストの低い若い層を採用したいと考えていることや、体力的にも長く働ける人を求めているからだと言われています。

とはいえ待機児童の問題などで人手の足りていない保育園はいくつもあるので、アラサーだからといって保育士を諦める必要はないでしょう。

アラサー保育士になるデメリット

アラサー保育士を目指すにあたって、やはり知っておかなければいけないことはあります。いちばんの問題は、給料についてです。

新卒で保育士になる人と比べて、経験年数に遅れをとるため、同世代の保育士とは給料にだいぶ差が出てしまうということはあらかじめ覚悟しておきましょう。

アラサーともなると、園長の補佐役である主任を務めるようになる保育士も少しずつ出てきます。主任保育士になると主任手当が給与に加算されるため、毎月5万円ほどの差も出てきます。

また、年齢を重ねるごとに求人が減少する傾向にあるため、正社員として働ける枠もどんどん狭まってしまい、契約社員やパートとして働かざるを得なくなる可能性があるということも注意しておきましょう。

アラサー保育士になるメリット

アラサー保育士には、デメリットだけでなく強みもあるということをあらかじめ理解しておきましょう。

やはり若手の保育士に比べて人生経験が豊富な分、保護者からの信頼が厚いです。異業種から保育士への転職をする場合、保育園だけでなく異なる社会を経験しているため、他の保育士にはないスキルを活かすこともできます。

また、子どもがいる方は子育ての経験を保護者と共有することも可能です。こういったアラサーならではの強みを見つけて、面接でのアピールポイントにしてみましょう。

アラサーが保育士を目指す際のステップ

実際にアラサーで保育士を志すならば、まずは保育士資格を取得しなければなりません。

保育士資格を取得するルートは、大きく分けると2つあります。ひとつは、保育士資格が取得できる保育士養成学校を卒業すること。もう一つは、テストを受けて保育士試験に合格することです。

以下に具体的に解説していくので、自分にあった方法を探してみましょう。

保育士養成学校を卒業する方法

1.保育士養成学科のある四年制大学に通う

保育士資格の取得を目指す時に、一般的な方法は大学に通い直すことです。この場合は一般受験を経て保育士養成学科のある大学を目指すことになります。

大学では保育士になるための知識の他に、一般的な教養も学ぶことが出来るので、幅広い知識を学べることがメリットです。また、大学に所属していることで就職のサポートも厚いため、個人的に職場を探すよりも有利になるでしょう。デメリットは学費が高いことと、卒業に時間がかかることです。

高校生が保育士資格を取得するために選ぶルートとしては最も一般的な方法ですが、アラサーの場合には4年という時間と高い学費を考えると、選択肢には入ってこないでしょう。

2.保育士養成の短期大学に通う

短期大学に通う方法も一般的です。こちらは大学と比べてお金の負担も時間の負担も少なくて済むため、まだ求人が多いうちに就職をすることができます。

実習などを含めた専門的な知識を効率的に習得できるので、四年制大学よりも早く、専門学校よりも知識を得たいという方におすすめです。

デメリットとしては、保育園に就職した際に、四年制大学出身と比べて給与が少なくなってしまうということがありますが、アラサーから保育士を目指す場合にはそもそも同年代の保育士より給与が低いことが前提となるので、あまり気にする必要はないかもしれません。

3.保育士養成の専門学校に通う

次に紹介するのは、保育士養成の専門学校に通う方法です。

こちらのメリットは大学に比べて学費が安いことと、現場ですぐに活躍することを想定しているので、より実践的な技術を身につけられることです。2年制と3年制の専門学校がありますが、2年制であれば200万円ほどで通うことができるでしょう。

指定校と呼ばれる厚生労働省と文部科学省から指定されている専門学校に通えば、卒業と同時に保育士資格を手に入れることができます。社会人から学校に通って保育士資格を取得するには最も一般的な方法で、同年代から自分より上の年代の方までが通っています。

デメリットはスケジュールがタイトになってくるので、体力の負担が大きいことです。

4.通信制の大学に通う

最後は、通信制の大学に通って資格を取得する方法です。こちらは働きながらでも通うことが出来るので、一般企業に勤めながらでも資格取得が可能です。

それでも実習は所定の時間こなさなければならないので、その間お休みをしなくてはいけないこともあります。勤めている会社の理解が大切になってくるでしょう。

メリットは、今従事している仕事を辞めなくてもいい点と、学費が安く、時間の融通がきくことでしょう。

デメリットはどうしても自分だけで勉強することになるので、強い意志が必要な点です。

保育士試験を受験する方法

年に2回開催されている保育士試験に合格することでも保育士資格を手に入れることができます。

保育士試験の受験資格は、大卒・短大卒以上の学歴があることです。独学またはユーキャンなどの通信講座で勉強を進めて、保育士試験に合格すれば、保育士資格を取得することができます。

試験内容は一次試験が8科目9教科の筆記で、全科目で60点以上を取得することが合格条件です。二次試験は実技で、3科目のうち2科目を選択して試験を受けます。

こちらの場合は働きながら試験勉強を進めて合格する方が多いです。

学歴が高卒以下の場合は保育園で実務経験を積む必要がある

なお、学歴要件が元で保育士試験の受験資格がない方は、所定の学校を卒業する必要がありますが、保育園で実務経験を積むと学歴要件が免除されます。この場合は所定の施設で2年以上、かつ総労働時間が2880時間以上働くことで保育士資格の受験資格が得られます。

メリットはアラサーでブランクを作りたくないという方でも、勉強をするために時間を空ける必要がなく、働きながらの資格取得ができるという点です。

デメリットは、働きながら勉強することになるので自分の時間を取りづらく、プライベートにも多少支障が出ることと、アラサーとなれば、しばらく勉学から離れている人が多く、受験勉強が難しい点が考えられます。また、無資格で保育園で働く場合は、保育補助というアルバイト採用のかたちになるので、給与はあまりよくありません。

しかし、時間のないアラサーの方が多く選ぶ方法ではあるので、無資格でも働ける保育園を一度探してみるといいかもしれません。保育士専用の求人サイト「保育Fine!」なら、無資格でも働ける職場も紹介されています。

保育Fine!を利用して未経験から保育士になった方の口コミなども掲載されているので、まずは公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

保育Fine!に登録する(無料)

アラサーで保育士に復職する方法

資格はもともと持っていたけど、さまざまな事情で違う仕事に就くことになった方も多くいると思います。そんな中で、やっぱり保育士に戻りたいと感じている人が今後どうするべきなのかを紹介していきます。

また、一度出産などで退職をした方で、職場復帰を考えている方もぜひチェックしてみてください。

まずはパートとして職場復帰する

パートから保育士に復帰するのも一つの方法です。

短時間で勤務できるので、病気や出産などでブランクが出来てしまった人にとっては復帰しやすいでしょう。

30歳前後ということを考えたら不安定さはデメリットになりますが、始めるハードルの低さはメリットになるでしょう。

一度保育士の経験がある方なら、パートから正社員に復帰するのもそこまで難しくはないので、仕事の感覚を思い出す意味でも、まずはパートとして保育園に通ってみてはいかがでしょうか。

保育所支援センターを利用する

35都府県に45ヶ所、潜在保育士を支援する制度があります。氏名と住所を届けると、就職説明会や実技指導も行ってくれるので、ブランクがあるアラサーの人にとっては復帰しやすいでしょう。

デメリットは保育所支援センター自体の数か少ないので、近くにない場合通いづらいことです。

求人情報で保育士の求人を探す

現在は昔とは違って様々な求人媒体があります。その中から自分で求人を選んで応募する方法です。

メリットはやはり自分のペースで活動できることですが、デメリットはしばらく保育業界からブランクがあるので最近の事情がわからないことです。

保育士派遣を利用する

保育士の派遣を利用する方法です。アドバイザーが中間に立ってくれるので、自分で職場を探すよりもスムーズに復帰できる点がメリットです。

また、派遣のため自分に合った時間で働くことができます。そのため、子育てや主婦としての仕事をこなしながら保育士をしていきたいという方には、おすすめの方法です。

転職エージェントを利用する

久しぶりに保育士に復帰するのなら、その道に精通している転職エージェントの力を借りてもいいでしょう。面接対策なども行ってくれるので、最近の保育士事情がわからなくても安心して転職することができます。

メリットは自分のことを客観的に見てくれるので、意外な発見や適している職場を他者の観点で教えてくれるという点です。自分だけでは見つけられなかった理想の職場が見つかるかもしれません。

保育Fine!では専任のコーディネイターがついてくれるため、転職などに関して不安な要素も相談に乗ってもらえます。

転職サイトは複数登録しておくと優良な求人を見逃さないことにもつながるので、とりあえずという気持ちでもまずは登録してみましょう。

ぜひまずは下のサイトから、近くの求人を出している保育園を探してみてください!

保育Fine!に登録する(無料)

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。