保育士資格に必要なピアノスキルはどのくらい?上達する練習方法も紹介

記事の著者:saitotakuma

保育士をイメージしたとき、園児がピアノを囲んで楽しく歌っている風景が思い浮かべる人は多いでしょう。「子どもは好きだし、保育士になりたいと思っているけどピアノが弾けない・・・」と悩んでいる人はいるかもしれません。

しかし保育士だからといって、絶対にピアノのスキルが必要になるわけではありません。ピアノが弾けなくても保育士になれる可能性は0%ではありません。そこで今回は、ピアノが弾けない人でも保育士資格を取得する方法を紹介します。

保育士として働くために必要なピアノのスキルは?

保育士の資格を取るための大学や専門学校では、ピアノの授業は必須です。音大付属の学校などでは熱心にピアノの授業を行う場合もありますが、一般の大学や専門学校では習熟度別で授業を行っており、できる人もできない人もいます。

保育士資格を取得して、実際に保育士として働くために必要なピアノスキルはどのくらいなのでしょうか?

国家試験ならピアノスキルはゼロでもOK

保育士になるためには、国家資格である「保育士資格」を取得しなくてはなりません。そのためには「厚生労働大臣の指定する養成施設を卒業する」もしくは「国家試験を受験し合格する」といった2つの方法があります。

独学で国家資格に合格するのは困難だと思われがちですが、最近では通信講座などの充実しており、仕事をしながら保育士を目指すことも可能です。

この試験に合格するには筆記試験のほか、実技試験として「音楽表現」「造形表現」「言語表現」のうち2科目を選択しなければなりません。

ピアノが必要なのは音楽表現になりますから、他の2つを選択すれば、ピアノが弾けなくても保育士になることができます。また、音楽表現を選んだ場合でも、アコースティック・ギターもしくはアコーディオンで受験することが可能です。そのためピアノが弾けなくても国家試験を受験して保育士資格を取得することは可能です。

養成施設を卒業するならピアノスキルはゼロでも問題ないケースがある

国家試験ではなく、厚生労働大臣の指定する養成施設(4年制大学、短大、専門学校)を卒業して保育士資格の取得を目指す場合、所定の過程・科目を履修する必要がありますが、多くの学校でピアノが必修科目です。

そのため、ピアノが必修科目となっていない学校を探せば、ピアノが弾けなくても保育士資格を取得することは可能です。

また、養成施設に入学するときにはピアノが弾けなくても、基礎からしっかりと教えてもらえます。全くピアノが弾けなかった人でも、卒業時には童謡を弾きながら歌を歌うという程度のスキルは問題なく習得できるので、養成施設で学ぶのもひとつの方法です。

就職にマイナスの影響を与えたくないなら童謡は弾けたほうがいい

上記の通り、ピアノが弾けないからといって、保育士資格が取得できないわけではありませんが、実際に保育園などの保育施設に就職するときには少なからず影響があります。

もちろん保育士の労働条件や処遇がよくなってきたとはいえ、まだまだ人材は不足していますから、ピアノが弾けないからといって就職先がないわけではありません。

しかしピアノが弾ける保育士の重要が高いことに変わりないので、ピアノが弾ける有資格者が優先して採用される確率はどうしても高くなります。せめて童謡が弾けるレベルまでは練習をしたほうがいいでしょう。

就職後はどのくらいのピアノスキルが必要?

次に気になるのは実際に保育士になったあとにどのくらいのピアノスキルが必要になるかという話ですが、最近ではさまざまな知育教育が導入されていますので、「お歌の時間」は減少傾向にあります。

そのため毎日歌う生活の歌や季節の歌などは弾けるけど、他はほとんど弾けないという保育士が多く、楽譜を初見で弾けるレベルの人は園に一人いるかいないか程度。歌のキーに合わせて転調できる人はほとんどいません。

つまり生活の歌2~3曲と、春夏秋冬の曲をそれぞれ3曲として12曲、全部で15曲程度が弾けるようになれば、ピアノに苦手意識を持たずに済むでしょう。

演奏レベルも高い技術が求められるわけではなく、子どもたちの歌に伴奏がつけられれば問題はありません。ただしクラスの担任になると入園式など人前で演奏する機会もあるので、現役の保育士でもピアノが苦手だという人は多いです。

保育士におすすめのピアノの練習方法

いずれにしても保育士とピアノは切っても切り離せない存在。ピアノを弾けるに越したことはありません。

おすすめのピアノ練習方法を紹介します。

1.まず右手をしっかり練習
2.次に左手をしっかり練習
3.両手でしっかり練習
うまく弾けない理由には片手の練習が足りないということがあり、ピアノが上手になるためにはこの一連の練習が必須です。

最初はゆっくり、段階的にスピードを上げていきましょう。片手で練習する時は、本来のスピードよりも少し早く弾けるようになるまで練習しておくと、後が楽になります。

スマホを活用するのもアリ

メロディーを弾く右手の練習はそれなりに楽しいものですが、左手の練習は地味でつまらないと感じるもの。

右手がある程度上達したら、右手のみでピアノを弾いている姿を動画に撮り、左手を練習するときにその動画に合わせて弾きます。逆に左手が上達したら左手のみの動画を撮り、今度は左手の動画に合わせて右手でピアノを弾きましょう。

両手で弾いた時のイメージが湧き、単調でつまらない片手の練習が楽しくなる、おすすめの練習方法です。

保育士にピアノのスキルは不要だが、あると有利

ピアノが弾けなくとも保育士になることは可能です。

しかしながら、正社員として長く働きたいのであれば、ピアノを習得しておくことは、実際に働き始めてからも非常に有利ですから、ピアノは習得しておいた方が便利でしょう。

反対に長期間でなくとも、非常勤職員やパートとして働きたいのであれば、就職にも大きな影響はありませんので、ピアノにこだわる必要はあまりないといえます。

したがって、ピアノのスキルが必要かどうかは将来、保育士としてどのように働きたいか次第でしょう。

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。