看護師の準夜勤について解説:勤務時間や深夜勤との違いなど知っておくべきことまとめ

記事の著者:toganoyuka

看護師の勤務体制では、一般的に三交代制を取り入れている病院だと日勤・準夜勤・夜勤の三つに分かれます。準夜勤と聞くと、どのような時間に働くのか、休憩がどのくらいあるのかなど、想像がつきづらいこともあるのではないでしょうか。

今回はそんな準夜勤について、知っておくべきことをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

看護師の準夜勤とは?

準夜勤とは、病院において三交代制の勤務体制を採用している時に登場するシフトの一つで、他のシフトとしては、朝から夕方にかけて働く日勤と、深夜から朝にかけて働く(深)夜勤があります。

準夜勤の勤務時間は病院によって変わってきますが、基本的には16時ごろの夕方から勤務開始して夜中の1時頃に勤務が終了する勤務体制です。

なお、二交代制を採用している病院では、勤務形態が日勤と夜勤の二つに別れるので、準夜勤はありません。

準夜勤と夜勤の違い

準夜勤は夜勤と名前が似ていますが、勤務時間帯が違うので、行う仕事も変わってきます。

準夜勤の看護師が働いている夕方から夜にかけては、患者にとっては主に休憩、食事、面会、入浴、睡眠の時間にあたります。お見舞いに来る方が多く、ナースコールが少ないので全体としては比較的落ち着いている時間帯と言えますが、一方で準夜勤の時間帯に看護記録や翌日のカルテ準備などを処理する病院が多いので、事務仕事が非常に忙しくなるといった傾向も見られます。

夜勤の時間は、病院にとっては就寝時間にあたり、患者は寝ているので、看護師は病棟の見回りや翌日以降の準備を行います。落ち着いていれば業務内容自体の負担は少ないですが、トラブルが起きるとスタッフが少ない分だけその対応に追われることになります。昼夜が逆転することによる身体的な負担も大きいです。

なお、夜勤手当は準夜勤にも着きますが、深夜勤と比べるとやや少なめになります。

看護師の準夜勤の特徴

消灯までが忙しい

患者さんが眠りにつくまで、検温や食事、薬の管理に回ったり、その他の事務作業をこなしていると消灯までがあっという間です。

消灯を過ぎてようやくホッと一息つける時間になります。

日勤の仕事の遅れを取り戻さなければいけない

準夜勤は16時くらいの夕方から入るシフトですので、この頃はちょうど日勤の仕事に遅れがある時間帯です。

準夜勤のシフトがスタートしてからすぐにこの遅れを取り戻すように動かなければならないので、出勤してすぐに忙しいことが多いです。

面会の患者さんが多い

夕方から夜にかけては、仕事帰りや学校帰りで患者さんの面会に訪れる方が多いです。患者さんが夕食や薬の時間帯のためやることが多いうえに、面会の方にまで気を遣わなければならないので、精神的に疲れます。

加えて、なかなか帰ってもらえなかったりすると同室の患者さんに迷惑がかかるので、そちらにも気を配らなければなりません。準夜勤の仕事はルーティーンの仕事以外に気を配らなければならないことが多いです。

勤務終了後そのまま休日に入るケースも

深夜勤だと、夜勤が明けてそのままその日1日と、次の日も休みになるスケジュールを組まれることが多いようです。一方準夜勤の場合は深夜1時頃に勤務が終わるので、そのまま次の日のみがお休みになるといったケースが多いです。

準夜勤終わりの食事に注意

準夜勤は終わる時間が0時過ぎになるので、ちょうどお腹がすく時間帯になります。この時に、帰り道にコンビニに寄ってしまうと、ついつい色々買いこんでしまうことも。

夜勤はまだ朝に終わるので良いのですが、準夜勤の場合は食べてそのまま眠ることができるので、みるみる太ってしまう恐れがあります。

休憩の合間に間食をして、準夜勤終わりに食べ過ぎないようにしましょう。看護師の業務量を調整するために始まった3交代制ですが、準夜勤は朝寝坊できるなどメリットもあります。準夜勤で働きだす前に、ポイントを押さえておきましょう。

編集部オススメ!看護師のための転職サイト

人手不足の看護師業界。複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。