お泊り保育で保育士が気をつけるべきポイント。保護者と子どもの不安を取り除こう

記事の著者:toganoyuka

保育園のイベントの中でも大きなイベントのひとつであるお泊り保育。お泊まり保育が、初めて保護者と離れて外泊するタイミングになる子どもも多いでしょう。

お泊まり保育は、在園最終年度(幼稚園でいう年長)の7月~8月に、幼稚園・保育園や園近隣の合宿施設にて1泊2日程度程度でおこなわれることが一般的。

お昼から夜まで行事が実施されることになります。子どもにとっても、保護者にとっても、丸一日離れて過ごす機会であり、わくわくする一方で不安も大きいものです。

そんなお泊まり保育で保育士が気をつけるべきポイントとはなんでしょう?

お泊り保育の狙いとは?

一般的に、お泊り保育は保育園・幼稚園の最終学年である年長クラスでおこなわれることが多く、保育園・幼稚園での思い出作りをするという側面があります。

また集団生活を通じ、規則正しい生活・ルールを学ぶことや、保護者を離れて過ごすことで自立心を養うことなどがあげられます。このような狙いを認識したうえで、お泊り保育にのぞむことが、まずは大切です。

お泊り保育で気をつけるべきポイント

子どもはママと離れて寝ることに不安を感じる子もいる一方、はしゃいで夜に寝ない子もいます。

しかしどのような子どもであっても、保護者にとっては大切な子ども園に預ける1日。不安がない両親はいないでしょう。保護者の不安な気持ちは、子どもにも伝わります。みんなが楽しくお泊り保育をしていい思い出にするには、保育士の対応が非常に重要になります。

保護者と子どもの不安を取り除く

お泊り保育は楽しみである一方、保護者も子どもも離れて過ごすことへの不安も大きいものです。お泊り保育での活動内容を事前にしっかりと伝えることで、お泊り保育のイメージがわき、不安感の払拭にもつながります。

考えられる事態をあらかじめ想定し、不安がっているような保護者がいるようであれば、事前に声をかけてあげることも大切です。「おねしょが心配」「夜、ぬいぐるみがないと寝れない」「アレルギーがあるから怖い」などの家庭側の不安材料はたくさんあるはずです。

各保護者に丁寧に向き合うことが大切で、そのためには子どもと保護者について深い理解をしておくことが重要といえます。

綿密な活動計画を立てる

お泊り保育では、お買い物や調理をみんなでおこなったり、場合によっては少し遠くに足を運んだり、普段の保育とは異なる活動をすることが多いです。

ただでされ慣れない活動内容に加え、子どもたちも普段と違う雰囲気に興奮していつも以上にはしゃいでしまうかもしれません。そのようなときにこそ事故も起こりやすいものです。

綿密な活動計画を立て、どのような危険があるのかもしっかりと事前にシミュレーションしたうえd臨みましょう。

お泊り保育の楽しさをしっかりと伝える

お泊り保育に「お父さん・お母さんと離れて過ごす寂しいもの」「怖いもの」というイメージを抱いてしまう子どももいます。

そのため事前に「お泊り保育って楽しいんだよ」「こんなことやあんなことをして遊ぶんだよ」と、お泊り保育が楽しみになるようなイメージを、子どもたちに伝えておくことが大切です。

おねしょやおむつをしている子どもへの配慮をする

年長クラスの子どもは、オムツも外れていて夜もおねしょをせずに過ごせる子どもが多いです。とはいえ、中にはまだおねしょが頻繁な子や夜はオムツをつけている子どももいます。

みんながいる前でオムツを履いてしまうと、周りと比べてからかわれたり、本人が気にしてしまい、お泊り保育が嫌な思い出になってしまう可能性もあります。そのため事前にオムツ事情は保護者に聞いておき、必要な場合はほかの子とは別室でオムツをつけるなどの配慮が必要です。

お風呂でのリスク管理をする

お泊まり保育独特のイベントとして、お風呂があります。少ない保育士で多数の子どもを見ることになりますので、どうしてもお風呂はリスクがつきまといます。

実際に、お泊り保育における入浴時に重大事故が発生したケースもあります。プールをお風呂代わりにするのか、汗を拭くだけにとどめるのか、入浴方法をどうするのか、また、その際の監視体制はどうするのかなど、特にリスク管理を入念におこなう必要があるのが入浴の時間です。

テンションが上がってしまって、走り回ってしまうような子もいます。考えられるリスクを洗い出し、対応することが大切でしょう。

安全対策は万全におこなう

お泊り保育では、普段と違う環境に子どもたちのテンションも違えば活動内容も大きく異なります。

事前に入念な計画を立てるのはもちろんですが、できれば引率する保育士たちで実際にシミュレーションをしてみて、意外なところに危険がひそんでいないか、よく確認をしておく必要があります。

終了後のフォロー

無事にはじめてのお泊り保育を終えてやっと一息。子どもたちにとっては、大きな成長の機会です。

終了後も、「泣かずによく頑張ったね」「晩御飯の調理、上手にできたね」など、子どもたちの自信につながる言葉をかけてあげることで、単なる楽しい思い出だけでなく、子どもたちにとっての成功体験の一つにすることができます。

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。