保育士1年目にぶつかる悩みとは?子どもとの関わり方がわからないのはおかしくない

記事の著者:saitotakuma

保育士は毎年9,000人程度づつ増えています。待機児童を減らすため、国は保育園の運営費支援など、保育所の整備を進めています。結果、保育士のニーズや働き口は年々増えており、それに伴い保育士数も増えています。

保育士として採用された場合、初出勤からプロとして現場に立ちます。一緒に入る新人保育士も限られているため、悩みを共有できる同僚も少ないことが多く、不安や悩みは日々積み重なっていきがち。

そのため、保育士1年目は悩みも多く、離職率もほかの年代に比べ高い傾向があります。自分以外の保育士はどのようなことを考え、どの悩みをどうやって乗り切っている
のか紹介していきます。

保育士1年目にぶつかる悩みとは?

保育士に関わらずどんな職業でも、始めから上手くいくことは滅多にありません。始めはまず職場に慣れることが大切。

そして自分の手に負えないと思ったら、恥ずかしがらず、先輩に助けを求めましょう。保育士は子どもの命に関わる仕事です。自分だけの判断で大きな事故が起きてしまってからでは、どうすることもできません。できることを毎日少しづつ増やしていきましょう。

何をしたらいいのかわからない

保育の現場は教科書通りにやれば大丈夫といったものではありません。予測不能な行動を取る子どもに臨機応変に対応していく力は求められます。しかし多くの新人保育士は想定外の事態が引き起こると、「どうしたらいいの」とパニックになり、何をしたらいいのかわからないという状況になってしまうこともあります。

とくに働き始めたころは、どこに何があるのかもわからず、業務量の多さにキャパオーバーしてしまう保育士は非常に多いです。

仕事の量が多すぎる

保育士は仕事の量が多い、残業がつらい、という声をよく耳にします。そのため保育士1年目は、仕事の量に圧倒されてしまうかもしれません。

お楽しみ会の準備、子どものお世話、育児記録、お散歩、食事に準備、食器洗い、部屋の掃除、トイレトレーニングなど職場内である仕事はもちろん、家に持ち帰ってまでやらないと終わらないこともあるかもしれません。そしてはじめはコツがつかめず、どの作業にも時間がかかるでしょう。

やることの優先順位を決め、やりながらスピードアップしていくしかありません。

体調を崩しがち

はじめての社会人になったことによるストレスや、先輩や保護者との人間関係がつらく感じてしまうと、体調を崩しがちに。とくに保育園などではインフルエンザやノロウィルスなど、感染症が流行しやすく、免疫力が低下していると、自分も病気になる可能性が非常に高いです。

休日の過ごし方やストレス解消法を見つけることで、上手く乗り越えていく必要があります。

職場の人間関係が辛い

保育の職場は、女性が大半。人間関係のトラブルは、どこの園にでもある問題です。「お局さんに目をつけられた」「先輩保育士が何も教えてくれない」「仲間外れにされる」といった多数の悩みがネット上にも溢れています。

誰かに相談したり、深く考えないことで乗り切っていきましょう。

保護者との関わり方がわからない

信頼関係が築けていない新人保育士に冷たい視線を送るモンスターペアレントは多いです。はじめての保護者対応には戸惑うことも多いでしょう。

また先輩保育士が保護者と仲良くしているのを見ると、劣等感や不安を感じてしまうこともあるかもしれません。苦情や無理な要望を受けた時に、どんな対応をすればいいのかもわからず、苦しむこともあります。

子どもとの関わり方がわからない

1クラス30人ともなるといろいろな子どもがいます。誰とでも関われる子、恥ずかしがり屋の子、落ち着けない子、異性への興味が強い子など、千差万別。関わりやすい子と難しい子がいるのは、保育士になった誰もがはじめに経験することです。

うまく子どもと接することができないと「子どもが好きだから保育士になったのに」と不安に感じることもあるかもしれません。しかし、それはおかしいことではありません。子どもが好きだったとしても、こんなに大勢の子どもと接する機会が、これまでの人生にあったわけではありません。

とくに月齢の小さい子に関しては、自分が抱っこをするとずっと泣いている、あるいは寝かせられないなどの悩みがあるでしょう。

「子どもが好き」という気持ちを忘れずに、接し続けていれば、いつか必ず仲良くなれるでしょう。

叱れない

最近では、保護者が子どもを叱れないためか、公共の場でもやりたい放題のお子さんが見られます。環境や立場は異なりますが、新人の保育士にも同じような状況になることが十分にあり得ます。

子どもとのより良い関係を築こうと努力してはいても、嫌われたくない気持ちや関係を悪化させないことに気を取られ、叱れない保育士となってしまう場合があります。もちろん子どもと仲良くなることは大切ですが、この先生なら何をしても怒られないと子どもから思われてしまい、保育が成り立たなくなってしまいます。

ダメなことはダメ、良いことは良いと善悪をはっきり伝えることが必要です。

子どもが成長しない

保育園での仕事はたくさんあります。業務に追われていることも多く、時間が足りず焦ることもあるでしょう。

着替えや食事、排泄など大人が簡単にできることであっても、子どもにとっては大変だったりスムーズに出来ないことがあります。そこでやってしまいがちなのは、時間をかければ子ども1人でもできることを保育士が手助けしてしまうことです。手を貸すことは簡単なことですし、すぐに終わらせることもできます。

しかし、手助けばかりしてしまうことは、子どもの為になりません。子ども達も一生懸命やっていることは、急かしたい気持ちを抑えて見守ってあげましょう。中にはどうしても出来ないこともありますので、その子の状況を判断して声をかけた上で手を貸してあげましょう。

保育士1目の悩みの対処法は?

悩みはどうにかして解決しておくべきです。1年のうち2/3は仕事をしていることになるので、つらいまま働き続けるのはきついでしょう。また精神的ストレスは、放置していると病気に繋がることもあります。

もし悩みがあるのであれば、誰かに相談をしたり、転職することで、対処していきましょう。

前日にできることは準備しておく

初日から何もかもできる人など絶対にいません。それよりも、悩みすぎて何も行動ができなくなるという悪循環がよくないのです。今日よりも明日、一つでもできる事が増えれば、必ず多くのことが身についていきます。

何をしたらいいのかわからないときは、まず1日の保育の流れを頭に入れ、次の日からはそれに基づいた保育士と子どもの行動を観察していきます。これを続けていくと1週間後には、次に何をしたら良いのかが見えてきます。

やりすぎたり、先回りをしたりしなくても大丈夫。できることをやることから始めましょう。またその日学んだこと、ミスしたことを自分なりにノートにまとめておくと同じミスはせずに仕事にも慣れていきます。

先輩も上司も辛い時期はあったと言い聞かせる

仕事の量が多いと感じることは誰でも同じ気持ちです。先輩も上司も仕事の量が多くて挫折しそうになったことはあるはずです。

自分だけが大変なんだと考えるよりも、みんなも私と同じ気持ちだったんだと考えるほうが楽になると思います。1年目でコツを掴んでいくのは至難の業かもしれませんが、必ず慣れて自分のやりやすい方法や、効率の良いやり方が見えてくるはずです。

無理に続けずに転職・休職を考える

まだ1年しか経ってないのに辞めるのは周りに変に思われるかもしれない、という恐怖がある人が多いと思いますが、そのまま続ければ体調不良が悪化してしまいます。

慣れてないという理由であれば、続けて良い結果が得られるかもしれません。しかし、心と体の健康は大事にしていくべきです。今の職場がただ合っていないだけの場合もあります。

現在よりも余裕を持って、負担を減らしながら働くことのできる職場を見てみてはいかがでしょうか?

厚生労働省の認可を受けている保育専門の転職サイト「ほいく畑」では、国の基準をクリアした保育園や幼稚園の求人を扱っているので、労働基準や要件で不利になることはありません。ほいく畑では、専任のコンサルタントが職場探す・見学から面接対策までサポートしてくれるので、初めての転職でも安心して進めることができます。

ほいく畑に登録する(無料)

相手を変えられないのなら、自分を変えよう!

職場の人間関係の中で誰が中心にいるのか、またその関係はどんな構図なのかを把握して動くと、面倒なトラブルに巻き込まれなくてすむでしょう。新人保育士にとっては、最初が肝心ともいえます。

もし何かを言われたり、されたりしたときは、受け流すくらいの気持ちでいましょう。付き合っていたらキリがありません。中には本当にひどいことをする人がいますが、そんな時は転職も1つの選択肢。自分に1番いい方法を選びましょう。

怖がらず、保護者とは積極的に会話をしよう

信頼関係はすぐにできあがるものではありませんし、逆に壊れやすいものでもあります。ゆっくりと焦らずに築き上げていく ことが大切です。

まず保護者と会話をしましょう。送り迎えの際に一言でもいいので、挨拶以外にコミュニケーションを交わすように心がけます。今日どんな変化があったか、今日何をしたのかなど簡単なことでも繰り返し会話を重ねることで信頼をおいてもらうことができます。

気を付けることは、全員の保護者と接することです。保護者もあなたと関わる事は初めてだということを念頭に入れ、偏りの無いように皆さんと信頼を築いていきましょう。

子どもの目線、気持ちになる

子どももいろんなことを日々感じ、考えています。子どもの目線、気持ちになることは、とても重要です。

大人の目線で関わろうとしても、子どもは振り向いてはくれません。それにイライラするだけです。あくまでも子どもであることを念頭に、接することが大切。諦め半分で対応しているだけでも気分が楽になるはず。

子どもとのコミュニケーションに悩んでいても、日々関わっていくことでふとした瞬間に心が繋がることがあります。その時は、なんともいえない喜びがあります。その日が来ることを信じて辛抱強く関わっていきましょう。

深く考えすぎずに、仕事をしていくことが大切

まだ1年目なので、仕事が自分に合っている、合っていないを図るのはまだ早いかもしれません。保育士の仕事は忙しく、人間関係も難しいですが、ほとんどの人が同じ気持ちだということを忘れないでください。

しかし1年目だから絶対に辞めるなというわけではありません。精神的・体力的に限界がきているという場合には転職も視野に入れておきましょう。

保育士専門求人サイト『ほいく畑』では、転職まではまだ考えていないという人でも、専任のコンサルタントが相談だけでも対応してくれます。保育士ならではの悩みにも親身になって聞いてくれるでしょう。また現在の職場と比較して他の職場の労働条件や給与水準を知っておくことも大切です。現在の職場環境に悩んだらまずは情報収集だけでもしておきましょう。

無料で簡単に登録ができるので、とりあえず登録して試しに使ってみるのもおすすめです。

ほいく畑に登録する(無料)

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。