介護士から准看護師に転職って簡単?仕事内容の違いから転職方法まで詳しく紹介

記事の著者:saitotakuma

介護士は高齢者など日常生活に問題がある人の食事や入浴、お散歩、着替え、排泄などの手助けをする仕事になります。

一方で准看護師とは、自らの判断で医療行為をすることはできませんが、看護師のサポートをすることが仕事になります。具体的には、診療所での診察サポートや体を拭く、食事の配膳、病状を看護師・医師に伝えるなどが主な仕事になります。看護師を目指している人が、准看護師としてまずは働いていることなども多いです。

働く中で、より踏み込んだサービスを提供したいと考えるようになった人は、介護士から准看護師への転職を希望する場合もあるでしょう。そこで今回は、介護士から准看護師に転職するときのポイントなどを紹介します。

介護士から准看護師の転職って簡単?

そもそも介護士から准看護師への転職は簡単なものなのでしょうか。

実は、介護士と准看護師の仕事内容は共通点が多いです。そのため仕事内容だけで考えると転職のハードルはさほど高くありません。同じ年齢であれば、全くの未経験の人よりも介護士の経験のある人のほうが重宝されます。

ただし准看護師は医療従事者という立場になり、医療行為にも携わるようになるため、資格が必要になります。資格取得のための勉強と通学というハードルがあるため、転職は必ずしも不可能ではないですが簡単ではありません。

介護士と准看護師の仕事内容の違い

介護士と准看護師の仕事の共通点は、どちらも患者や施設の利用者など、介助を必要とする人に対して身辺の世話をおこなうという点です。具体的には入浴補助や排泄介助などがその仕事内容にあたります。

多少の違いはあれど、個々の状態に合わせた適切な身辺介護をおこなわなければならないという点が共通点です。

介護士は、このような経験を積んでいる分、看護師への転職は全くの未経験の人より介護士の経験がある人の方が有利になるのです。

准看護師になれば、医療行為ができるようになる

それでは、いったい介護士と准看護師の間にはどのような違いがあるのでしょうか。それは介護士は医療行為をおこなうことができず、肉体労働が多いという点です。

よく知られているように、注射などの医療行為をおこなうためには医師免許などの特別な資格が必要です。そのため准看護師が医療行為をおこなうことができるのに対して、介護士は医療行為を一切おこなうことができません。

また介護士は准看護師と比較して肉体労働が多くなることに特徴があります。医療行為を除いてはどこまでが准看護師の仕事で、どこからが介護士の仕事か明確な線引きがありません。そのため、介護士は医療行為を行うことができない分、看護師と比較して肉体労働が多い傾向があります。

介護士から准看護師へ転職するメリット

介護士から准看護師に転職するメリットは以下の2点です。

収入が大きい

介護士も准看護師もどちらも大変な仕事です。介護士と准看護師は仕事内容に大きな差がなく、どちらも資格を必要とする専門職であるにも関わらず、年収には100万円程度の差があります。

ただし、准看護師はほとんどの場合、専門学校、短期大学、4年制大学の順に待遇や給与が違ってきます。正看護師に比べて給与は低いという事実もあります。

業務範囲が増える

また、看護師と一緒に働いている介護士の方の声で多いのは、緊急時など医療行為が必要となった場合見ているだけで何もできないという点です。

身近で患者の世話をしている分、そういった場合はいたたまれない気持ちになるようです。看護師に転職すると医療行為を行うことが出来る分、業務範囲が増えるのでやりがいが増加します。

介護士から准看護師へ転職するデメリット

では、転職のデメリットはないのでしょうか。転職のデメリットとしては以下の2点が挙げられます。

業務に対しての責任が重くなる

看護師の仕事は介護士の仕事よりもより患者の命に直結します。そのためその責任の重さは半端ではありません。勉強量も多くなるため、課外で行わなければならないことも増加してしまいます。

また、亡くなった患者が使用していたベッドの片付けや、家族への連絡などの業務もあり、人の死を直接見ることも多いので、そういった責任も感じるようになるでしょう。

介護士としてのキャリアを捨てる必要がある

准看護師になろうと思うと、看護学校に2年以上通う必要があるため、介護士を続けながら准看護師の資格を取ることは不可能です。キャリアチェンジをするためには介護士をやめる必要があります。

また、2年以上の時間、無職となるので、家庭を持っている場合は家族の理解や協力が必要となるでしょう。また、その間の学費や生活費もかかってくるので、貯金を切り崩す必要もあります。

ただ、介護士の経験のある看護師は重宝されますので、そのリスクを冒す価値はあるようです。

介護士から准看護師への転職方法

介護士から准看護師に転職するためには、准看護師の資格を取得する必要があります。その資格は、准看護師養成所という学校で取得することができます。

准看護師養成所は2年制の学校で、学校卒業後に、各都道府県知事がおこなう准看護師試験に合格して、ようやく資格が取得できます。

介護士から准看護師へ転職すべき人

家計を支えなければならない人

介護士と准看護師では、年収に大きな開きがあります。そして介護士の給料はお世辞にもいいとは言えません。

そのため、子どもがいるなど家計を支えなければならない人にとって、介護士の給料は心許ありません。

もし、奨学金をもらったり看護助手として働きながらでも学費・生活費の工面が出来る程度の貯金があれば、2年間看護学校に通わなければならないことを差し引いても、給与アップのための転職にはメリットがあります。

准看護師の仕事に魅力を感じている人

続いて挙げるのが看護師の仕事に魅力を感じている人です。介護士も人に関わる重要な仕事ですが、看護師の方と間近で働くうちに、医療行為を行うことができる看護師の仕事に魅力を感じる方も多いはず。

繰り返しますが、介護士から准看護師への転職はさほど難しくはありません。なので准看護師の仕事に魅力を感じたのであれば、積極的に転職をすることをオススメします。

介護士と准看護師では医療行為以外さほど業務内容に違いがないにも関わらず、給料には大きな開きがあります。これを見て介護士から准看護師に転職したいと考えた方はぜひトライしてみてください。

編集部オススメ!看護師のための転職サイト

人手不足の看護師業界。複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。