加配保育士の仕事内容・役割を解説:障害児のサポートを担当する仕事

記事の著者:toganoyuka

加配保育士とは、医師の判断で障がいがあると認められた子どもに対して、集団生活を送る上での援助や、基本的生活習慣を身につけるために、より丁寧なサポートや教育を行う保育士のことをいいます。

保育士としてスキルだけではなく、福祉や障がいについての知識も求められる仕事といえます。

加配が必要となる子どもは、思いがけないことをすることも少なくないので、加配保育士は臨機応変に対応し、保育園全体が安全で他の子どもたちも安全に過ごせるようにすることが重要です。

まだ認知度の高い職業とは言い難いですが、近年では国が病院には必ず1名以上の保育士配属を呼びかけたりと、ニーズが高まることが予測されています。そこで今回は、加配保育士の役割や仕事内容などについて紹介します。

加配保育士の役割

加配保育士は、障害などを持つ子どもをサポートする役割が主な仕事です。一般のクラスに担任の先生の補助として入って、対象となる子どものサポートに注力します。

具体的には以下のような役割を担うことが多いです。

他の園児とのコミュニケーションのサポート

加配が必要な子どもは、自分の気持ちが思うように相手に伝わらないと、つい友達を叩いてしまったり、集団生活や一般的なルールを守ることが苦手なことも多いので、そういった子どもをサポートして集団生活ができるようにする役割を担っています。

また、障害のある子どもたちが他の子どもと仲良く過ごせるようにし助けることも役割のひとつです。

福祉や行政機関との連絡窓口

加配保育士は、福祉や行政機関の橋渡し役も担います。

加配保育士は、子どもの福祉支援について自治体や役所の相談員からアドバイスを受けたり、現場の声を報告したりするという役割があります。

加配保育士のやりがい

加配保育士は、生まれつきの発達障害などで、他児と同じように保育園の生活を送ることが難しい子に、配慮を加え、生活を支えることが仕事です。

加配保育士の対応次第でその子の人生も変わってくるので、責任の重い仕事と言えます。加えて、保護者との綿密な連絡など非常に仕事も多くなりがちです。

そんな中でも、子どもの成長を見れたり、保護者の方から信頼を得られたときにはやりがいを感じられます。

加配保育士に資格は必要?

そんな加配保育士ですが、その役職に就くために特別な資格が必要なわけではありません。加配保育士は、保育士の資格さえ持っていれば誰でもなることができる仕事です。

一般的には、加配が必要になった場合に園内ですでに働いている保育士がそのポジションに配置されるか、パートタイムとして臨時雇用されます。ただし、責任の重く柔軟な対応が求められる仕事なので、経験年数の長い中堅以上の保育士が担当することが多いです。

また、数は非常に少ないですが加配専門で働く保育士もいて、このような人たちは福祉・障害分野に関する深い知識を持っています。

加配保育士の配置基準

認定保育園は、障がいを持つ子ども3名につき、加配保育士を1名設置するよう求められています。もちろん、これは目安として定められているため、各地方の保育園の状況によってこれと合致しない場合もあります。

最近では、問題行動が目立つような子どもに加配保育士をつけて丁寧にサポートを行うことも増えているため、必ずしも障がいがない場合でも、加配保育士が子どもをサポートすることがあるようです。

加配保育士の将来性

女性が働く社会になれば、当然子どもを預けるために保育施設が必要となります。そんな状況の中で、徐々に保育士にも専門性が求められるようになってきています。

加配保育士は、保育士の中でも特に障がいのある子どもを支援することを目的にとした仕事です。もちろん、障害がない場合でも、しっかりと丁寧にサポートすべき子どもがいる場合など、加配保育士が活躍するフィールドは広がっています。

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。