産婦人科保育士ってどんな仕事?生まれてきたばかりの赤ちゃんをお世話する仕事

記事の著者:saitotakuma

産婦人科保育士とは、産婦人科・助産院で赤ちゃんの育児をおこなう保育士のことを指します。病院に務めることになりますが、医療業務はおこないません。あくまでも、育児をするのがメイン業務になります。

人気な職業であるため求人数が少ないところがネックですが、新生児と関われる数少ない仕事です。産婦人科保育士がどんな仕事をしているのかとともに、なり方について紹介していきます。

産婦人科保育士の仕事とは?

産婦人科や助産院といった助産施設では、日々たくさんの新しい命が誕生しています。近年、医師や看護師の不足により、産婦人科・助産院で、保育士を採用する施設が増えています。

具体的に産婦人科保育士の仕事とは、どのようなものなのでしょうか。

新生児のお世話

主な業務になるのは、生まれてくる新生児のお世話です。新生児のおむつ交換・ミルクの準備など、母親の育児サポートをおこないます。

母親への育児指導

新生児の相手だけでなく、母親に対する指導・フォローもあります。

はじめての子育てに不安を抱える母親は、産後のホルモンバランス変化で、精神面が不安定になっている場合も。そのような母親に対して、指導をおこない、フォローをしたりするのも仕事の1つです。

妊婦検診における託児サービス

病院によっては、妊婦検診時、一時的に託児サービスをおこなっている施設もあります。このとき赤ちゃんの面倒をみるのが、産婦人科保育士になります。

産婦人科保育士の魅力

新生児の面倒を見る産婦人科保育士ですが、生まれたての赤ちゃんと関わる以外に、勤務するメリットや、魅力はあるのでしょうか?

人間関係が良いことが多い

一般的に保育所等に比べ、人間関係が良いといわれています。働く保育士スタッフの人数が少ないことや、職場に男性がいることなどが挙げられます。

残業が少ない・持ち帰りの仕事がない

診療時間が決まっていることや、仕事の内容から、残業が少ない・持ち帰りの仕事がないといったメリットもあります。

保育士免許を生かせる仕事のなかでも、プライベートとの両立がしやすい職業といえます。

医療知識が身に就く

看護師・助産師ではないので直接の医療行為はおこないませんが、病院勤務をすることで自然と医療知識が身についていきます。なかには保育士から助産師を目指す人もいます。

保育士からスキルアップしたいと考えている人には、おすすめの仕事といえます。

産婦人科保育士になるには?

産婦人科保育士は、新生児と深く関われる仕事です。赤ちゃん好きな保育士にとっては、理想的な仕事といえるでしょう。

産婦人科保育士になるには、保育士免許以外にとくに必要なものはありません。しかし人気の職業になるので、求人を探し内定をもらうのは、至難の業といえます。

気になる病院に問い合わせをする

産婦人科・助産院などの、保育士求人を探してみましょう。

転職サイトには掲載をおこなっていない場合もあるので、勤務したい病院が決まっているなら、公式のHPを確認してみるのがいいでしょう。

保育士専門転職サービスを利用する

求人が見つからない場合、保育専門の転職サイト「ほいく畑」で求人を探してみましょう。ほいく畑は、厚生労働大臣認可の保育士就職支援センターであるため、多くの求人が掲載されています。

また保育職に関して経験豊富なプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてあなたにぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

そして採用段階でも、給与面の待遇・残業有無を含めた休日の取り方など、どうしても言いづらい条件面をアドバイザーが交渉してくれます。登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

ほいく畑に登録する(無料)

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。