保育士におすすめの髪色とは?保護者からの印象アップのためにカラーは避けるべき?

記事の著者:toganoyuka

保育士は、お母さんやお父さんに変わって、大切なお子さんの命を守る、責任重大な職業です。

自由に髪色を楽しむ現代ですが、保育士の派手な髪色に対して、嫌悪感を感じる保護者は少なくありません。とはいえ、保育士側としては職業上の体裁から制限があることは分かるもののの、プライベートはおしゃれをしたいし、多少の染髪は認めてほしいと感じる現役保育士も多いでしょう。

保育士が染髪する場合、どの程度までが許容範囲とみなされるのでしょうか?そこで保育士の髪色が与える印象やボーダーラインについて紹介していきます。

髪色について、保育園の規定ではどうなっていることが多い?

髪色については、染めるのが全くダメという保育園は珍しいかもしれません。

明るい茶色や自然の色に近い色なら多少カラーリングもOKという保育園が多いでしょう。派手なグラデーションやピンクや紫などの極端に派手な色でなければ、OKとする保育園がほとんどです。

規則の中に「カラーリングがNG」という項目が含まれていないかを確認しておく必要はあります。

髪色については、保育園のみならず、社会人として節度をもった身だしなみの範囲内であれば大丈夫でしょう。

染めることに反対意見を持つ保護者は多い?

やはり自分の子どもを預ける保育士。信頼されるのは簡単なことではありません。そして信頼される要素のひとつが「清潔感」です。

髪色が奇抜であれば、清潔感がなく一般的な社会マナーを知らない人物とみなされて信頼を落とすおそれがあります。

保護者としては派手過ぎなければOK

保護者の方も自分が染めているため、あまり気にならないといった声も増えてきているようです。髪の毛を染めていても、保育に関して問題がなければよいという意見もあります。

一方で、髪が明るいことに違和感を感じる保護者も一定多数います。やはり黒に近い方が安心と感じるのでしょう。まとめると、度が過ぎる茶髪に関しては、反対意見が多いようです。

子どもはほとんど気にしない

子ども達は、テレビやゲームでカラフルな髪色をしているキャラクターを多く目にしています。また、近年は日本の国際化に伴って髪色どころか目や肌の色まで違う外国人も増えてきました。

このように、子どもにとっては多様な容姿を持っている人がいることが当たり前であるため、保育士の髪色をそれほど気にしていないと思われます。

ただ、ここで心得ておきたいことは、保育士は子どもたちの「憧れ」になることもあるということです。染髪は子供の肌には刺激が強いので勧められませんが、自分が派手な茶髪をしていたら、子どもが茶髪になりたいと言い出した時にどのように説明したらいいのか頭を悩ませるのではないでしょうか。

そんなことを言われた時でもしっかりと対応できる範囲内の色がベストだと言えるでしょう。

やっぱり保育士は髪を染めないほうがいい?

保育士に限らず度が過ぎる明るさの髪色が禁止となっている会社は多いです。技術や能力ではなく、見た目で人間性を判断することはナンセンスですが、特に年齢が高くなればなるほど、世間一般の常識を基準に物事を判断する人は増えてきます。

これはなかなか承知しがたい現実ですが、そういった人たちとうまく関係を築いていくためには、やはり相手に嫌悪感を抱かせない程度の明るさの髪色で留めるしかないでしょう。

保育園でももちろん保護者からの信頼が大切ですし、保護者はずっと園にいるわけではないので挨拶や見た目の印象がかなり大きくなります。だからこそ髪の毛を明るくしただけで、信頼をなくすのはもったいないことといえます。

自分の感覚で髪色を決めない

保育士の染髪がNGではなく、世間との折り合いをつけることが大事なので、自分の感覚だけを頼りに髪色を決めてしまうのは避けましょう。自分が思う明るい色と、人が思う明るい色は、大きく違うことがあるからです。

美容師に相談するのも方法のひとつですが、押さえておきたいのは、園の方針に従った明るさの色にすることです。園の方針は、さまざまなトラブルを防ぐためにあります。どこまでの明るさがOKか園に確認をしてから、その範囲で楽しみましょう。

ルールが分からない場合は前例を確認する

しかし園のルールが「黒または茶色」、「常識の範囲内」となっている場合はやはりどこまでの色なのかはわかりませんよね。この場合、赤・ピンク・オレンジは範囲外となるので危険でしょう。

最も確実な基準としては、園でいちばん明るい髪色の先輩を参考にすることです。その先輩の色を超えて明るくしてしまうと注意される可能性があるので、まずはその先輩より少し暗い色で様子を見てみましょう。

ボーダーラインはダークカラー

落ち着いた暗めの色の茶髪、一般的にダークカラーと言われるものであれば、優しい印象と清潔感を保つことがで、保育士にもいいのではないでしょうか。明らかに金色よりの茶髪は控えたほうがいいでしょう。

おすすめは「暗めのアッシュ」です。暗めといっても単に暗いだけではないので、とてもお洒落に見えます。美容師さんと相談しアッシュの入れ方にもこだわると、プライベートの時も満足いく髪色にできます。

最近は、ダークカラーへの注目も集まっていますので、以前ほど暗い色を気にする必要もないのかもしれません。

ほかの園の様子を見てみる

現在勤めている園のルールが厳しく、おしゃれも楽しめなくて辛いという人もいるでしょう。

その場合は、保育専門の転職サイト「ほいく畑」で他の園の規則やルールを情報収集してみましょう。ほいく畑では、専任のコンサルタントが最後までサポートしてくれるので、自分の希望条件や疑問を相談することができます。

またほいく畑では派遣での働き方を推奨しているので、仕事の時間を自分で決めてプライベートとの両立が実現できます。

現在の保育園のルールや規則で少しでも悩んでいる場合は、専任のコンサルタントに相談してより良い職場の情報をゲットしましょう。

ほいく畑に登録する(無料)

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。