保育士が子ども嫌いになる瞬間7つと対処法まとめ:お気に入りの子がいる?

記事の著者:saitotakuma

子どもが大好きという気持ちから目指した保育士。しかし「いつの間にか子どもが嫌いになっている気がする‥」そんな瞬間を感じる保育士も多数います。

またお気に入りの子とそうではない子の差が自然と生まれてきてしまい、その瞬間自己嫌悪に陥り、保育士になりわずか1年目で辞めようかと思う人も。

子供が好きということがきっかけで保育士を目指し、晴れて保育士としてのキャリアをスタートした人が多いと思いますが、好きだからこそ今まで見えていなかった部分を知るとショックなものです。さて、保育士はどんなタイミングで子ども嫌いになってしまうのでしょうか。

子ども嫌いになってしまうと働くのが辛くなってしまいます。せっかく好きで始めた仕事で子供を嫌いになってしまう前に、現在の職場環境を一新してみてはいかがでしょうか。

保育園の中には、クラスを担任の先生とサポーターの二人体制で見る保育園もあるようです。そのような職場に転職を考え始めた方は、保育専門の転職サイト「ほいく畑」をぜひチェックしてみてください。

ほいく畑のサイトを見る

1.自分勝手でわがままな態度を見た時

子どもみんなを同じように可愛いと思っていた一年目。関わっていくうちに見えてくるのが、子どもそれぞれの違いです。素直に言うことを聞いてくれる子ばかりではないのが当たり前なのですが、目の当たりにすると「嫌い」と感じてしまうことも。

自分勝手で言うことを全く聞いてくれない子、わがままな態度を取って輪を乱す子など。どんな子だって可愛いと思っていたのにショックですね。

2.〇〇先生は嫌い、と言われた時

先生になったら子どもみんなが寄ってきてくれるなんて思っていたら大間違いです。実際は、毎日「〇〇先生きらい。〇〇先生がいい」と言われるのが現実。お気に入りの保育士がいるのはよくあることです。

それを素直に出してくるのが子どもでもあり、「嫌い」と言われた保育士は心が折れそうになります。 何をするにも自分の言うことは聞き入れてくれず泣いてばかりで、嫌いになってしまいそうになります。

3.自分の話を聞いてくれない時

大勢の子どもをまとめることは最初からできることではありませんが、子どもが誰も話を聞いてくれない、好き勝手なことをずっとしているといった状態は、保育士にとって地獄のようです。

まとまらなくては、落ち着かせることもできず、怪我に繋がってしまうこともあります。話を聞いてくれない日々が重なり、なんで話を聞いてくれないのかと子どもが嫌いになってしまうのです。

4.保育士がいないと態度が変わる時

特定の保育士以外の時に態度が変わる子どもがいます。年長さんともなると、口も達者になり性格もはっきりしてくるので、個性もよりわかりやすくなります。保育士がいない所でイジメをする子や、新人保育士に対して厳しい発言をする子も。

いろんな子がいるとは分かっていても、このような態度をみてしまうと頑張って関わろうという気が失せてしまい、子どもを愛せない瞬間となります。

そんな時に他の園に転職をすると環境も変わり気分もすっきりするかもしれません。保育専門の転職サイト「ほいく畑」の丁寧なサポートのもとで、自分に合う転職先を探してみてはいかがでしょうか。

ほいく畑のサイトを見る

5.便や尿で汚れる時

月齢が低い子どもに毎日するのがおむつ替え。感染症の時期ともなれば嘔吐物の処理もあります。家庭と違って、何人ものおむつを変えますので、苦手な人もいます。便がはみ出してしまったり、尿が漏れてしまったりすることもしばしば。

慣れてくると特に感じなくなりますが、最初はなんでこんな汚れなきゃと感じて、嫌いになってしまうことがあります。

6.モンスターペアレンツの子どもにストレスを感じる時

無理難題を言ってくる保護者はどの園にもいます。なるべくトラブルには巻き込まれたくないので、細心の注意をその子に向けるようになります。他にも子どもは多数いるのにその子ばかりを見るようになるとストレスになります。

ストレスが溜まっていくと、子どもが悪くないと分かっていても嫌いになってしまいます。

またモンスターペアレンツの子どもに気を取られていると、他の保護者からは「あの子ばかり」と苦情が来て、悪循環が生じます。苦情が増えてくると、気にかける子どもや親への報告の数が増え、子ども自体が嫌いになってしまうことがあります。

7.労働環境が辛い時

子どもを嫌いと思ってしまうきっかけは、子どもにだけあるとは限りません。どんなに子ども好きでも、過酷な労働環境ではストレスが溜り、子ども好きではなくなってしまいます。

ストレスが溜まると余裕がなくなり、いつもなら気にしない小さなことでもイライラするようになり、冷静ではいられなくなります。そんな気持ちが子どもへ向いてしまうと、どうしたらいいのかわらなくなってしまいます。

原因が労働環境や職場の人間関係にあると感じた方は職場を変えるのも視野に入れた方がいいかもしれません。現在よりも良い環境で働くことができれば、子どもが好きという気持ちが再び強くなり、仕事にも活気が出てきます。

厚生労働省の認可を得ている保育専門の転職サイト「ほいく畑」では、一人一人専門のコーディネーターがついて相談に乗ってくれるので、自分の条件にあった求人が見つかるか不安な方でも安心して利用できます。

無料登録が簡単にできるので、ぜひ登録して相談してみてください。

ほいく畑のサイトを見る

子どもが嫌いになってしまった時の対処法

上記で見てきたように、子供が好きで保育士になったとは言え、どうしても子供が嫌いになってしまう場合はさまざまあるようです。ではそういったときにどう対処していくのかを紹介していきます。

周りに話してみる

自分の悩みや子供のどういう行動に対してどういった感情を抱いてしまうかなど、周りの友人、家族に話してみるのも一つの対処法です。

周りに話してみることで、保育士の事態を知ってもらったり、解決するためにヒントをくれたりする場合もあります。

一人で抱え込まず、思い切って周りに話してみるようにしましょう。

余裕を持つ

気持ちに余裕がないから子供のちょっとした言動にイライラしてしまい、だんだん子供がみんな自分をイライラさせてくるように思えて嫌いになるというケースはよくあります。

まずは、気持ちに余裕を持ってみましょう。例えば、勤務日数を減らしてみたり、この日は残業しないと決めて定時で帰るようにしたりすることで、余裕を取り戻し、解決するかもしれません。

力を抜く

先生という立場から、常に気を張っていては疲れてしまいます。保育士も人間なので常に完璧ではありません。

たまには割り切って園児と全力で遊んでみたり、ある程度、園児の安全を確保することに気をつけて他は園児と同じように遊ぶ。というように先生という概念を捨てて力を抜くことも大切です。

自分を責めるのをやめる

保育士なのに子供が嫌いなんて、自分は最低な人間だ、保育士失格だ、などと自分を責める人は多いです。しかし、保育士をやっていて毎日子供と接していれば、子供が嫌いになってしまうことは誰にでもあります。

ある程度は割り切ってしまって自分を責めることはやめましょう。もちろん悩みを解決するための努力は必要です。ただ、過度に自分を責めすぎたり、自分を責める必要のない部分まで自責の念にかられる必要はありません。

子供が嫌いな保育士の人でも子供のちょっとした成長を感じたときに感動したり、卒園式の時には号泣してしまったりするものなので、ある程度は一時的な感情と、割り切るようにしましょう。

他の仕事を視野に入れてみる

さまざまな原因で子どもと関わること自体嫌になってしまったという方もいるでしょう。そのような方は、転職することを確定する前に他の業種の情報収集をしてみましょう。

他の業種を知っていくうちに、自分の適性も把握し、「他の職業の方が合っている」「やっぱり子どもと関わっていたい」と気持ちの整理がつきます。

また異業種の情報を集めながら、自分に合っている仕事や自分の希望条件を明確にしていくことで、転職することが決定した時にスムーズに転職活動を進めることができます。

転職に向けて情報収集をするには、顧客満足度No.1の「DODA」がおすすめです。DODAでは非公開求人を多数扱っているため、良い条件の会社や大手企業への転職のチャンスがつかめる可能性があります。

転職のプロが、適性や要望など丁寧に相談に乗ってくれるため初めての転職活動も安心です。求人通知メールサービス・年収査定や合格診断などのサービスが充実しているのでチェックしてみてください。
DODAのサイトを見る

職場を変えてみる

子供が嫌いなのは、単に園児との相性が悪いということもあります。子供と言えども人間同士なので、合う合わないはあります。職場を変えてみて、新しい園児と出会うことで子供が好きになるかもしれません。

厚生労働省の認可を受けている保育士専門転職サイトの「ほいく畑」では、自分の希望する条件や要望に合った保育士の求人を紹介してくれます。専任のコーディネーターがついてくれるので、自分の希望をていねいに聞いてくれます。

また、一般求人には出ていない非公開求人を含めた膨大な求人から自分に合った求人を紹介してくれるので、理想の職場で仕事ができる可能性が高くなるでしょう。

本格的に転職を検討していなくても、相談だけしたり、求人情報にアクセスできる環境を整えておくことも可能です。ぜひ、ほいく畑を活用してみてください。
ほいく畑のサイトを見る