子どもに関われる仕事16選。特別な資格がなくても大丈夫な職業もある

記事の著者:toganoyuka

ある調査では、子どもが好きな人は66%、嫌いな人は34%という結果データがあります。可愛く癒され、純粋でおもしろい子どもを、好きだと思う人は多いでしょう。

福島県社会福祉協議会の調査によると、保育士資格を取得した理由に83.3%の人が「子どもと接することが好きであったから」と回答をしています。このように、仕事でも子どもと関わりたいと思う人はいるはずです。

そこで今回は、子どもと関わる仕事を紹介します。資格がなくても子どもと触れ合える仕事はあります。子どもの成長を日々見ることで、仕事のやりがいや責任を感じられるでしょう。

幼稚園教諭

保育士と違って、ただ幼児を預かるだけでなく、教育をする「先生」として扱われるのが幼稚園教諭の特徴です。公立の幼稚園の教諭になれば公務員として認められるのため、定期的に昇給もあります。そのため保育士に比べて少し給料が高く、安定した職業といえるでしょう。

教育重視の幼稚園教諭

幼稚園は保育園よりも教育に力を入れていることが多く、教員も着替え方・簡単な文字の書き方・数え方・言葉・食べ方のマナー・仲良く友達と遊ぶ方法など教えることになります。集団行動をできるよう指導をおこなうことが主な仕事になり、こどもの成長に携われている感じられる瞬間が多く、やりがいを感じる職業といえるでしょう。

幼稚園教諭になるために必要な資格は、幼稚園教諭普通免許です。毎年試験の合格率は20%前後になります。この資格を取得するためには、大学の教職課程を卒業するか、あるいはすでに大学を卒業している人は追加で教職などの必要単位を取得することで資格をとることができます。また正規職員の保育士として、3年以上の経験がある場合でも免許の取得ができます。

保育士

保育士は幼稚園とは保育対象年齢が違います。幼稚園が3歳〜小学校入学前までなのに対し、保育園は0歳~小学校入学前までの幼児が保育対象になります。また保育の時間の7:00~18:00までと保育園のほうが見てくれる時間が長くなっています。

厚生労働省調べによると、3歳児以降の保育園の利用者数と利用割合は、ほぼ半数となっています。両親のライフスタイルにあわせて、どちらに通うか決めればいいでしょう。

保育士の試験合格率は毎年20%程度

保育士になるには、年制大学や短大、専門学校の保育士養成コースの課程を修了し卒業して、保育士試験に合格する必要があります。厚生労働省の指定する保育士養成施設の養成課程を卒業することで取得できる学校も。試験の合格率は毎年20%程度です。

また私立と、公立の保育士では、給料が大きく異なります。私立の場合平均月収が22万ほどに対し、公立の保育士は平均33万円。低賃金の職業というイメージがありますが、働く場所を検討すれば高収入も夢ではありません。

保育士を目指している方におすすめの保育専門の求人サイト「ほいく畑」では、未経験の方でも就業先を探すことができます。これから資格をとるという人でも、自分のペースで準備を始められます。保育士以外の子どもと携わる仕事も紹介されているので、まずは登録してみてください。

ほいく畑に登録する(無料)

保育補助

保育補助は、基本的に保育士のサポートをおこなうことが仕事です。資格がなくても働ける保育園も多く、保育の仕事に興味があっても資格がないという方におすすめです。

掃除や片付けなどの裏方の業務のほか、子どもたちを寝かしつけたり、一緒に遊んだりと、ほとんど保育士と変わらない仕事をすることもあります。仕事内容に関しては、園によって傾向も異なるため、自分の理想の働き方ができる職場を探してみるといいでしょう。

無資格でも目指せる、保育補助

正社員で働く方は少なく、アルバイトや派遣社員として従事する方が多く、時間に融通が利くため、子育てに忙しい方でも働きやすい環境が整っています。

給料は正社員ではないため、時給900円~1500円とそこまで高くはありません。将来的に保育士を目指すための経験として保育補助をされる方も少なくはなく、そこまで収入には期待できないかもしれません。

とはいえ、資格がなくても子どもと関わることのできる数少ない職業なので、近年人気の職業でもあります。ほいく畑では保育補助の募集もされているので、興味のある方は下のボタンからチェックしてみてください。

ほいく畑に登録する(無料)

ベビーシッター

大勢の子どもを見るのではなく、一対一で関わりたいと思っている人におすすめなのがベビーシッターです。長期継続でのベビーシッターなら、同じ子どもを日々見れ、深く関わることができます。

またベビーシッターは資格が必須なわけではないため、今すぐに子どもと関わる仕事を始めたいという方におすすめです。しかし子どもと関わる上で知っておきたいこともたくさんあるので、全国保育サービス協会が主催している「認定ベビーシッター資格」を取得しておくといいでしょう。採用時に有利になったり、お客さんからの信頼にもつながります。

ベビーシッターとして働くには、まず派遣会社に登録しよう

そしてベビーシッターとして働くために、1番最前な方法はベビーシッターの派遣会社に登録すること。しかし正社員の枠はあまり多くなく、ほとんどの人が契約社員かアルバイトとして勤めているのが現状になっています。

正社員として勤めた場合は、月給は16万~20万程度。アルバイトの時給は1,000円~2,000円とかなり幅広く、勤め先によって大きく異なります。早朝や夜間など条件によっては昇級の可能性も見込めるので、自分の理想の条件に合わせて職場を探してみましょう。

チャイルドマインダー

チャイルドマインダーは、実はイギリスでは100年以上の歴史がある資格です。少人数保育の専門職といえます。ベビーシッターとは異なり、会社と契約する必要はありません。リゾートホテルに併設されている託児所や幼児教室などに訪問して子どもたちを預かる訪問型と、自宅に少人数の子どもたちを呼んで預かるタイプの在宅型があります。

講座を受講し検定試験に合格できれば、資格取得が可能

チャイルドマインダー認定講座を取得していることが望ましいですが、保育士資格よりも簡単に取得可能で、年齢関係なく取れることが魅力です。学歴などに関係なく、子どもを愛する心とやる気さえあれば誰でも挑戦することができます。講座を受講した後に検定試験を受けて合格すると、チャイルドマインダーの資格が取得できます。この検定試験の合格率は低い講座でも70%以上とかなり高くなっているので、しっかりと勉強して望めば問題なく合格できるでしょう。

給料は、施設で預かる場合は時給1,000円前後。お子さんの家に出向いて預かる場合は時給1,500円~程度です。自宅で開業をしている人も多く、その場合月収30万を超えるという人もいるそうです。一般の企業から転職してチャイルドマインダーになった人も多くいます。

病児保育のスタッフ

働くママにとって、とても頼りになるのが病児保育園です。普通の保育士とは違い、熱や風邪などの病気の子どもを保育する場所です。一定の熱以上あると普通の保育園には預けられませんが、そんな時に活躍するのが病児保育です。

基本的な仕事内容は保育士と変わりませんが、具合のよくない子どもたちを預かるため、外で遊ぶこともイベントの準備などもなく、保育士と比べて体力的な負担は少ないといわれています。

病院併設の病児保育施設は、給与が高いことが多い

給料は基本的に時給で発生しますが、場所によっては保育士よりも給料が高い可能性もあるため待遇もよくなっています。とくに病院に併設された病児保育施設型の保育所では、給料を病院が払うこともあり、比較的月収が高めに設定されていることが多いです。

資格は必須ではありませんが、上記で説明した「保育士」の資格が役立つでしょう。また、病児保育専門士や認定病児保育スペシャリストという民間の資格も、就活時や、働き始めてから活かすことができるおすすめの資格といえます。資格がなくても、子どもと関わりながら、人の役に立ちたいと考えている人におすすめの職業です。

保育系の大手求人サイト「ほいく畑」では、病児保育・院内保育などの求人も扱われています。大手ということもあり、求人数はかなり充実しているので、希望にあった条件の求人が見つかるでしょう。30秒ほどで終わるので、少しでも興味があればひとまず登録だけでもしてみてください。

ほいく畑に登録する(無料)

保健師

行政保健師や学校保健師として、地域を回り子どもたちの成長を見ていく仕事があります。面倒見がいい人におすすめの職業で、人の役に立てる仕事です。

いろいろな子どもたちと関われ、親にとっても相談できる心強い保健師。赤ちゃんの成長を確認するためにお家訪問したりするので、悲しい事件をいち早く発見・未然に防げることもできます。平均月収は32万円と言われており、看護師とほぼ同じくらい稼ぐことができます。

保健師になるには、看護師免許と保健師免許が必須

保健師になるには、国家資格である看護師免許と保健師免許が必須になります。看護師免許をとるには、看護師養成課程を卒業し、免許を取得します。その後、保健師養成課程で免許取得を目指します。

また最近では看護師と保健師の課程をダブル受験できる4年制大学や専門学校もあります。保健師の免許取得には時間がかかりますが、企業や学校で働くので、比較的安定した働き方ができます。

保健師の求人は、看護系の大手転職サイト「マイナビ看護師」からチェックすることができます。全国展開しており、業界随一の求人数を誇るサイトなので、近隣地域の求人が見つかる可能性大です。ぜひ登録して、自分の希望条件や要望を専任のコンサルタントに相談してみてください。

マイナビ看護師に登録する(無料)

看護助手

看護助手とは、かんたんに言うとクリニックや病院などの医療現場で、看護師や医師のサポートをおこない、治療をよりスムーズにする仕事です。看護師のように注射や採血などの直接的な医療行為はできませんが、資格がなくても医療現場で働くことができるため、近年注目を集めています。

あくまでも看護師のサポートが仕事のため、無資格でも問題ない

基本的な仕事内容は、患者さんの着替えを手伝ったり、食事の配膳を行うなどの患者さんの身の回りのサポートをするほか、医療器具の洗浄・消毒、診察の手伝いをするなど看護師業務の補佐をおこないます。あくまでサポートのためそこまで専門的な知識は必要ありません。多くの医療現場で看護助手が求められているため、子どもと関わる小児科でも働くことができるでしょう。

平均月収は約21万といわれていますが、派遣社員として働く場合と正社員で働く場合だけでなく、勤務時間帯や経験年数、また勤務する医療現場によっても給料は大きく異なってくるため、昇給も十分に期待できます。

習い事の先生

幼稚園や保育園の先生に続き、次に子どもと触れ合う機会の多い職業は、習い事の先生です。習い事の数もさまざまなので、自分の能力に合ったものから職場を選ぶことができます。2017年のリクルート調べによると、今通っている習い事は、水泳40.8%、英語・英会話27.7%、ピアノ20.3%となっています。

自宅教室の開業も夢ではない

初めはアルバイトのようなポジションから始めても、最終的には自宅で教室を開くようになったという人も少なくはありません。子どもと触れ合えるだけでなく、自分に合った働き方で収入を得られるため、ひそかに人気を集めている職業でもあります。基本的に自宅で教室を開く場合、資格を保持していけないという決まりはありません。

初期投資に少し費用がかかるかもしれませんが、そのあとは自分にあった時間と頻度で稼げる自宅教室。自宅だからこそ低コストで教室を開催できるのも魅力の1つ。何か得意なものがあるのであれば、習い事の先生をおこなってみてもいいでしょう。

英語教室

英語が得意なら子ども英語教室もおすすめです。ソニー生命保険株式会社の調査によると、「早期の知育は子どもの将来のために重要ですか」という質問に対し、7割が同意しています。このように子どもの教育に力をいえれたいと考える人は多いのです。

高度な英語スキルは求められないので狙い目

最近では本格的な英語教室から、歌やダンスで遊びながら英語と触れ合う教室など特徴もさまざま。子どもに関わりながら、英語の楽しさを知ってもらえる仕事といえます。場所によって異なりますが、子ども向けの英会話教室では、多少の英語の知識が必要とはいえ、特別な資格は必要ないところが多いので狙い目です。

アルバイトとして働くのもいいですが、自身の自宅で教室を開くことも可能。子どもに関わる仕事で起業したいと考えている人には、私生活との両立もバッチリなのでとてもおすすめでしょう。

時給は1,200円前後であることが多く、契約社員は月収は10万~20万だといわれています。求人も多く出ているので、求人サイトなどを通してぜひチェックしてみましょう。

ピアノ教室

ピアノの経験を活かし、ピアノ教室を開くこともできます。生徒である子どもたちにピアノの楽しさ面白さを伝えていく仕事です。ピアノは得意だけど、活かせていない人は多いでしょう。ピアノ教室は、自宅訪問型や自宅で教室を開くスタイル、またはヤマハやカワイなどの音楽教室に所属してピアノの先生になる方法があります。

無資格でも問題ないが、一定の学歴を求められることがある…

音楽は年齢関係なく楽しめるものです。ピアノを弾きながら子どもたちと一緒に歌うのはとても楽しいでしょう。また、子どもたちが歌っているときに笑顔を見るとピアノを弾いているこちらが癒やされます。自宅や物件を借りてピアノ教室を開く場合は、資格は不要です。しかし生徒を集めるためには、音大卒や中学校・高等学校での音楽の教員免許がないと、集客が難しいこともあるかもしれません。

音楽教室の講師として活躍するためには、一定の学歴や資格が必要になります。教室によってさまざまですが、音楽大学あるいは短大卒・卒業見込みは必須なようです。またそれぞれの音楽教室で実施している検定試験やグレードテストに合格すると、先生として働くことができます。また取得しているテストや試験の級によって給与に影響することもあります。

大手のピアノ教室と契約をした場合は月収が数万円~20万など、場所やポジションによって給与に差がでます。また自宅で個人開業している場合は、生徒たちの月謝が給料となるため、人によって大きく収入が異なります。

くもんの先生

子どもたちに勉強を教えるくもんの先生ですが、無資格でも大丈夫。サポート体制が充実しているため、初めての人でも教室を持つことができ、週に2日、1日5時間くらいのペースで働くことができます。

多くの人が指導未経験でスタートしている意外な職業

教える科目は、算数・数学、英語、国語で、多くの人が指導未経験という形でスタートしています。またくもんに通う子どもたちの層は幅広く、0歳から2歳までの子どもたちを対象に、Baby Kumonという教室も開くことができ、小さな子どもと関わりたい方にもぴったりです。

Baby Kumonの場合、主に子育てに関するアドバイスをしたり、簡単な教材の使い方を保護者と一緒に確認することが仕事内容になっています。一般的に週2回から3回の教室で、子ども達の学校が終わる14:30から19:30前後が仕事時間になります。給与に関してはさまざまで、子育てに支障をきたさない程度に仕事をしている人は月収数万円~15万であるのに対し、しっかりと時間をかけて教室を開いている方は25万~30万と、働き方によって大きく異なります。

先生だけでなく、採点や先生のサポートをおこなう教室スタッフの募集もあり、指導に自信がないという人にはこちらもおすすめです。

教育業界の企業

学習塾やベネッセなど、教育に関連する企業に就職するのもひとつの手です。子ども好きであれば、子どもの成長のために仕事ができるということにやりがいを感じるるでしょう。また子どもをターゲットとした企業では、体験イベントなどを開催していることも多く、頻繁に子どもたちと触れ合う機会ももてます。

さまざまな視点で、子どもの成長に深く関われる仕事

教育業界といっても幅広く、学習をテーマにした企業、子どもたちの利用する施設や設備を担当する企業、医療などのサービスをおこなう企業などジャンルもバラバラです。自分が一体どうやって子どもたちの成長を支えたいのかということを考えて、しっくりくる企業を探してみてください。

今の企業からの転職を検討している方には、転職エージェントのリクルートエージェントをおすすめします。あなた専用のプロのアドバイザーがついて、理想の条件だけでなく、あなたの特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。

転職には企業を比較することが欠かせませんが、1人ではなく信用できる他者の意見も聞きたいところ。ぜひ一つの意見として、リクルートエージェントを上手に活用してみるのがおすすめです。

リクルートエージェントに登録する(無料)

写真屋さんのスタッフ

子どもの記念写真は、七五三だけではなく、いろいろな機会で家族写真を撮ることが増えてきています。一人っ子など子どもの数が減ってはいますが、以前より記念写真をこだわって作る親御さんが増えてきています。

写真屋さんのスタッフになったら、撮影の補助や電話での受付や問合せの対応などをするので、写真やカメラの知識が全然なくても働くことができます。

おめかしをした可愛い子どもと関われる

初宮参り・お食い初め・ハーフバースデー・誕生日・七五三・入園・入学・卒園など記念写真の数を上げればキリがありません。子どもの自然の笑顔を引き出しながら、最高の作品になるようにサポートします。写真が身近になったからこそ、特別な日にはプロに撮影して欲しいと考える人は多いです。月収は16万から25万程度でしょう。

作業療法士

作業療法士は体に障害がある方のサポートをしたり、リハビリのお手伝いをする仕事です。これだけ聞くと「高齢者が対象で、子どもと関わることはなさそう」というイメージを持つと思いますが違います。

発達障害の子どもは意外と多い…

実は近年、子どもの発達障害が増えてきているのです。文部科学省が2012年に全国の公立小中学校で約5万人を対象にした調査結果で、発達障害の可能性のあるのは、6.5%といわれています。このようにADHD、LD、アスペルガー症候群になる子どもが増えてきており、子どもをサポートする作業療法士が必要とされています。うまく体を動かす事ができなかったり、集中する事ができなかったりしている子どもが日々成長していく姿を見るのは本当にやりがいのある仕事です。

作業療法士になるためには、国家試験に合格する必要があります。受験資格としては、作業療法学科などの養成課程のある大学・短大を卒業するか、都道府県知事が指定する作業療法士養成施設で3年以上の経験を積むことが必須になっています。

月収は23~27万円が相場で、給料が同じくらいでも保険や手当が充実している職場があるなど、場所によってさまざまなので、慎重に勤務先を選びましょう。

管理栄養士

管理栄養士は栄養ある食事を考えたりするのが仕事です。会社の食堂に勤めると子どもと接する機会はありませんが、小学校や保育園などに就職すれば、子どもたちと触れ合う機会があるでしょう。

最近では、管理栄養士が子どもたちと一緒にご飯を食べる保育園もあるそうです。直接子どもたちから「今日のご飯おいしい!どうやって作るの?」と聞かれたりします。月収は18万~25万円とあまり高くはありませんが、一緒に食事すると子どもたちの反応がわかるので、やりがいも感じますし、楽しい仕事です。

管理栄養士になるには、まず栄養士の資格が必要

管理栄養士の資格は、厚生労働大臣の免許を受けた国家試験に合格すると取得することができます。また管理栄養士の資格を取得するには、「栄養士」の資格を持っていなくてはいけません。管理栄養士養成施設の養成課程で、「栄養士」の資格を取得したのちに、「管理栄養士」の国家試験を受験し合格することで管理栄養士になることができます。

まずは転職サイトで可能性を

子どもたちと関わる仕事はどれも簡単な仕事ではありません。しかし、子どもたちの成長に関わる、大切な役割を果たしています。やりがいを感じながら、子どもたちの笑顔に直接触れ合うことができるのはとても魅力的です。

保育専門の転職サイト「ほいく畑」では無資格・未経験からでもOKな場合もあり、専任のコーディネーターがついてくれるということでサポート体制も充実しています。業界の知識や職場の内部事情なども聞けるので、子どもと関わる仕事がしたいけど経験がなかったりブランクがあったりして不安だという方にもぴったりです。

厚生労働大臣の認可も受けているので信頼できるサイトです。派遣での働き方を推奨しているので、私生活との両立も叶えることができるでしょう。

ほいく畑に登録する(無料)

もし何の資格も保持してないことに悩んでいるのであれば、リクナビNEXTに登録してみてください。リクナビNEXTには、約9万件の求人情報が掲載されています。

そのため今回紹介した、保育補助や看護師補助、習い事の先生、英会話教室の戦線、くもんの先生、写真屋さんのスタッフなど無資格でなれる職業の求人も掲載されています。登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。