年間休日100日は多い?少ない?収入を減らさずに休日を増やすための方法まとめ

記事の著者:shuta

仕事をする上で年間の休日としてどれくらい休むことが出来るかは、とても重要ですよね。

年間休日日数が少ないと、結果的に体を休ませる時間を確保することができず、体を壊してしまうことに繋がったり、ストレスを抱えて病気になるケースもあるかもしれません。

では、年間休日が100日の場合はどのような働き方をすることになるのでしょうか。

年間休日100日はどんな感じ?

年間の休日が何日と言われてもなかなか想像しにくいものです。

そこで、平均的な企業の例や、休日数の内訳などを見ていくことで、理解を深めていきましょう。

その上でまず知っておきたいのは、1年間が約52週であること。つまり完全週休2日の場合、年間の休日日数は104日に達します。

平均年間休日100日ということは、まず完全週休2日は達成されません。そして、祝日や年末年始、ゴールデンウィーク、お盆などに休むこともできないのでしょう。

全国の企業の平均年間休日日数も113日程度とされているので、このように考えると年間休日日数100日は、少ないと感じる人が多いと思います。

収入を減らさずに休日を増やす方法

年末年始や連休にも休めない仕事は大変です。

もっと休みがほしいという人はどのようにしたらいいのでしょうか。

有給休暇の蓄積と有効活用

収入を減らさずに休日を増やす方法としては、まず有給休暇が一般的です。

雇用形態にもよりますが、正社員であれば年間20日ほど付与されるケースが多いです。

仮にアルバイトやパートでも勤めている企業によっては有給休暇制度がある企業もありますので、勤めている企業などへ問い合わせをしてみましょう。

年間20日間の有給休暇が付与されるとしたら、年間休日は100日+(最大)20日となり、年間120日休めることになります。

年間120日休むことが出来るなら、例えば年末年始やお盆などに休みを取得できるようになります。

労働組合で活動する/働きかける

年間休日100日というのは、全国平均よりは少なく、一般的な行楽シーズンには自身が保持している有給休暇を活用しか方法がありません。

こういった行楽シーズンなどに有給休暇ではなく、会社の公休として休みたいのであれば、労働組合などに働きかけ、会社と交渉してもらう方法もあります。

実際、契約社員に以前は付与されていなかった夏期休暇が年間3日付与されるようになった企業などの例もあるので、挑戦して見る価値はあるでしょう。

ただ、このような交渉はすぐに効果が出るものではありません。何年か交渉が続く場合もありますが、夏期休暇などの公休扱いが実った際には年間休日日数は結果的に増えることとなります。

転職を検討する

年間休日100日間の範囲内で休みが足りないと感じる場合は、思い切って転職を考えるという方法もあります。

世の中には年間休日が100日以上ある企業も多く、有給休暇を使わなくても元から年間休日130日ある企業なども存在しています。

ワークライフバランスを大切にしたいのであれば、転職を決意してみるのもいいでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。