26歳フリーターが正社員就職を成功させる方法。とりあえず転職と向き合ってみよう

記事の著者:shuta

ストレートに進学していれば、26歳は社会人4年目の年齢でしょう。4年目になると、後輩も下につくようになり責任のある仕事を任せられるようになっているかもしれません。私生活でも結婚・出産をしている友人も少なくないでしょう。

そんななか自分だけフリーターで焦りを感じてしまうのも仕方ないこと。平成27年の労働力調査では、15歳から34歳までの就労人口のうち、パート・アルバイトをしている人は約23.9%。働いている人の1/4はアルバイターということになります。

26歳でフリーターなのは、とっても珍しいことではないということです。まだ若いので、今のうちに動き出せば、正社員雇用も夢ではないでしょう。

26歳フリーターが正社員就職を成功させる方法

26歳フリーターが正社員雇用されるのは、夢物語ではありません。

企業にとって若い人材というのは、それだけで価値があります。またフリーターとして働いていたのであれば、決して正社員雇用も夢ではありません。最近ではどの企業も人材不足気味なので、選ばなければどこかしらで雇ってもらうことは可能でしょう。

しかしスキルや社会人経験は少ないため、フリーター時代も働いてない業界に飛び込むのは難しい場合もあります。

とはいえ、契約社員から経験を積むのであれば、どの職種でも、目指すのは不可能ではないでしょう。行きたい業界が明確になっているのであれば、資格取得などができると、就活はより楽になるはずです。

とりあえず就職活動と向き合ってみよう

ずっとフリーターである場合、就活をして社会に入ることに躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、とりあえず就職活動を始めてみましょう。

リクナビやマイナビなどの、有名転職サイトに登録をするだけでも大きな1歩です。どんな職に就きたいのか考えてみるのもいいでしょう。転職なんてどうしたらいいのかわからない場合は、転職エージェントを頼りましょう。

転職初心者におすすめな転職エージェントは、大手であるリクルートエージェントと、マイナビエージェントでしょう。就活から内定まですべて無料でサポートをしてくれます。

リクルートエージェントに登録する(無料)
マイナビエージェントに登録する(無料)

期間を決めて動けると、より素晴らしい

自分が就職活動に取り組む期間を決め、しっかり設定することです。「この期間までには絶対に就職してやる」くらいの意気込みを持つことが大事です。

たとえば、「3ヶ月以内に就職を決める!」という設定をしたのなら、このスパン内に、「今週は何社に応募書類を送り面接を何社受けよう」「仕事が休みの日でもこの3ヶ月は就活を習慣化させよう」「この3ヶ月は友人とは出掛けない」などと、取り組まないと、なかなか内定が出ないまま、ズルズル就活をすることになってしまうかも。

期間を決めて動けると、より結果が現れやすいでしょう。

なぜ長い間フリーターをしていたのかは、話せるようにしておこう

大卒からフリーターになっていた場合、4年間は正社員として働かなかったことになります。その理由について、どこの面接でも必ず聞かれるでしょう。ちゃんと説明ができるようにはしておきましょう。

26歳フリーターが正社員就職に望むときの悩み

転職エージェントを使用するにしても、フリーターが正社員を目指すには、それなりの覚悟・努力が必要でしょう。もちろん悩みこともあるはずです。

しかし気持ちがフワフワしたまま転職をしても、内定をもらうのは難しいかも。悩みはクリアにして就活に望みましょう。

どの業界・職種に行けばいいのかわからない

どの業界・職種に行けばいいのかわからないという人も多いはず。そんなときは、好きなことを書き出してみるといいです。どんな小さなことでもいいです。

お客さんと話すのが好き、猫が好き、花が好き、メイクが好き、など好きなことを書き出すことで、何となく行きたい業界がわかるかもしれません。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。