会社のパーティーに出席する際に気をつけるべきこと:正しい振る舞いで評価を上げよう

記事の著者:haruki hatano

会社のパーティーに参加する際は、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

本来、パーティーとは楽しい催しのはずですが、会社ということは仕事の延長線上です。そのことを踏まえた振る舞いや言動を行うようにしましょう。

上手に利用すれば自分の評価も上がります。今回は、会社のパーティーで気をつけるべきことを詳しく紹介します。

飲み過ぎない、食べ過ぎない

飲み過ぎないのは基本中の基本です。お酒は、コミュニケーションの潤滑剤程度に捉えておいた方が良いです。酩酊すると口が軽くなったり軽率な行動に走りやすくなったりします。

御酌は好む人と好まない人がいるので、ひと声かけてから注ぐようにする方が良いでしょう。

また、食べ過ぎも顰蹙を買います。好物があったとしても、独り占めはみっともない行為です。1人分はどれくらいかということを意識しましょう。

話題を用意しておく

話すのが苦手だという人は、あらかじめ当たり障りのない話題を用意しておきましょう。特別面白い話をする必要はありません。

天気の話、業界の話、誰かを褒める話、祝う話など、当たり障りのないネタが好ましいです。特に、上司などをお世話になっている人へは、普段なかなか伝えられない感謝やお礼を言うチャンスです。

噂話や悪口、批判などは自分の評価を落とすことに繋がります。セクハラと取られるような話題も避けましょう。話題を用意しておかないと話のネタに困って、このような話題に走りがちです。

また、喋るだけでなく、相手の話を聞くことも大切になってきます。自分のことだけを一方的に話さないようにしましょう。

参加することに意義がある

会社のパーティーは仕事の一環だと考えましょう。特別な事情がない限りは、短時間でもいいので参加するようにしましょう。

欠席することで印象が悪くなってしまうこともあります。いつでも参加できると考えて欠席をしていると、いつまで経っても出席しない、ということになりがちです。

また、会社のパーティーがつまらないと不満を抱く前に、楽しむ努力をしましょう。主催者は、時間と手間をかけてパーティーを開催しています。そのことに感謝し、よいパーティーになるように協力をするのが参加者の義務です。

ふさわしい服装をして、愛想よくしていることはとても大切な役割です。

いろんな人と交流するチャンス

会社のパーティーは、普段接点のない人と交流をするチャンスです。内輪だけで固まっていては意味がありませんし、印象も悪いです。

立場が上の人にも気後れせずに、挨拶をしましょう。長話をする必要はありません。

会社のパーティーは仕事であることを忘れずに

会社のパーティーは、仕事の一環であることを忘れないようにしましょう。飲み過ぎや食べすぎをせず、話題にも気を付けましょう。深い話や面白い話をする必要はありませんが、誰かを不愉快にするような話題は自分の評価を下げるため、避けるべきです。

また、会社のパーティーは、普段喋らない人と交流するチャンスがたくさんあります。積極的に挨拶をするようにしましょう。