職場でのバレンタインついて。チョコの相場金額はいくら?適切な渡し方とは?

記事の著者:shuta

2019年に楽天インサイト株式会社が発表した調査結果によると、同僚や取引先、男性の友人など義理チョコを贈る相手は27.8%となっています。

同じチームの男性社員には、感謝の気持ちを込めて、チョコレートを渡す人も多いのではないでしょうか?とはいえ、どの程度のものを渡せば良いのか迷う人もいるかもしれません。

職場バレンタインについて、紹介をしておきます。

職場チョコの金額相場

同調査では、同僚や取引先、男性の友人など義理チョコ金額は、500円未満が29.3%。500円〜1,000未満が38.7%。1,000円~2,000円未満が25.3%となっています。

だいたいの人が500円~1000円くらいで考えているようです。1,000円くらいが主流と覚えておくとよいでしょう。直属の上司には1,000円超程度のもの。同僚には500円程度のものを渡せば、問題ないでしょう。

また、職場によってはみんなでお金を出し合って買うというところもあるようです。買う前に一度、先輩に聞いてみる方が良いかもしれません。

職場チョコを作るのはOK?

同調査内の、バレンタインデーのプレゼントをどのように用意するかという質問では、「市販のチョコレート等のお菓子を買う」(79.4%)と回答した人が最も多く、2位以下の「チョコレート等のお菓子を手作りする」(23.8%)、「お菓子ではないものを買う」(13.9%)に大きく差をつける結果になりました。

お菓子作りが趣味で、周囲もそのことを知っているのであれば、手作りしたものを渡してもいいでしょう。しかし、そこまで関係が深くない上司に手作りチョコを渡すと、勘違いされてしまう可能性もあります。

基本的には市販で買っているものを渡すのがいいでしょう。デパートで買う人が半数以上いるそうですが、最近ではインターネットによる通販購入をする人も増えています。

上手なチョコの渡し方

1番大切なのは、会社のルールをきちんと守ることです。先輩に前もって確認しておくと参考になります。

またバレンタインは義理チョコを配る日だけではないので渡されて相手が、もしかしたら気があるのでは?と思われてしまったら大変なので誤解を招くようなことはやめておきましょう。

そして、日頃の感謝を込めて一言メッセージを添えると良いです。「お仕事お疲れ様です」、「いつもありがとうございます」、「これからもよろしくお願いします」など一言添えて渡せると良いでしょう。

お得意様にチョコを渡す方法

2月15日の直前直後に会う約束があるのであれば、手渡しするようにしましょう。基本的には会議室に通され、挨拶をしたときに渡すのがマナーです。

溶けたりしないよう、保冷剤などの準備もしっかりしましょう。紙袋もきれいにしておくことが大切。

もし会う約束がないのであれば、宅急便などで送るのがいいでしょう。ただし全クライアントにやっていると大変なので、本当に仲がいい企業だけにおこなうので問題ないです。

職場バレンタインで注意すること

義理チョコ反対という声もあります。あまりワイワイやりすぎないよう注意が必要です。軽い感じで、朝礼後にコソっと渡すくらいがちょうどいいでしょう。

また金額が高すぎるチョコや大きすぎるものは、相手も気を遣ってしまい、お返しも高いものをとかえって迷惑になってしまいます。とはいえ安すぎても、上司の人はあまり良い思いはしないかもしれません。適度なチョコを選ぶようにしましょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。