ビジネスの場における「恐縮」の言葉の意味・使い方:注意点は?

記事の著者:haruki hatano

ビジネスの場における言葉遣いは、相手に与える印象にも大きく影響します。様々なビジネス用語は社会人としてしっかりと見に付けておきたいマナーです。

間違った用法で使用すると相手に誤解を与えてしまったり、失礼に当たる場合もあるので注意が必要です。以下では、ビジネスの場における「恐縮」の言葉の意味・使い方・注意点について紹介していきます。

「恐縮」の意味

恐縮とは、「身がすくむほど恐れ入ること」をいいます。恐れというのは恐怖のことではありません。むしろ、相手から厚意を受けた場合などに感謝する気持ちや、相手に迷惑をかけて申し訳ないと思う気持ちを表現する言葉です。

そのため、自分の身の丈に合わない評価をもらったり、相手に迷惑をかけてしまうときなどに使われる言葉となります。

「ありがとうございます」や「申し訳ありません」よりも硬い表現となりますが、ビジネスの場ではよく使われる言葉なのでしっかりと覚えておくことが大切です。

「恐縮」の使い方

相手に依頼する

「恐縮です」を文頭につけて利用する場合、相手にお願いごとを聞いてもらいやすくするクッション言葉としての効果があります。

「大変恐縮ですが、ご足労願えますでしょうか」など、相手に迷惑が掛かってしまうことをお願いしたり聞いてもらったりする場合に使います。

依頼をする際や了承を得たい時にも「恐縮ですが、~をお願いできますでしょうか」のような形で使うこともできます。

しかし、文頭に恐縮だけを置く表現はあまり一般的ではありません。「大変恐縮ですが」や「お忙しいところ恐縮ですが」のようにセットで使う場合がほとんどです。

謙遜の気持ちを表す

相手から厚意を受けた場合には、感謝の気持ちを伝えるために恐縮という言葉を使います。上司やと取引先の人から褒められた際や高い評価を受けた際に、「お褒めいただき恐縮です」や「身の丈に合わない高い評価で大変恐縮です」などと使います。

感謝を伝える「ありがとう」と同様の意味で使いますが、ありがとうはカジュアルな場面でも使うことができるため、恐縮は身の丈に余るほど高い評価や厚意を受けたときに使う言葉として定着しています。

「恐縮」を使う際の注意点

基本的には書き言葉

「恐縮」という言葉は基本的に書き言葉です。そのため、手紙やメールなどで使用することがほとんどです。話し言葉として用いると、相手に冷たい印象を与えてしまうこともあります。

そのため「恐縮」という言葉を話し言葉で使用する場合には、「申し訳ありませんが」「お手数ですが」「恐れ入りますが」といった表現に置き換えるといいでしょう。

多用しない

恐縮という言葉は多用しないようにすることが大切です。使う際には、1つのメール、1つの手紙に対して1回までにしましょう。恐縮という言葉を1つの文や節の中で何度も使ってしまうと、文章が読みづらく内容が伝わりにくくなったり、失礼になったりするので注意が必要です。

「恐縮です」は相手に対して使用しない

「恐縮です」という言葉は、相手に対して使用する言葉ではありません。恐縮というのは、自分自身が恐れから身がすくんでいる状態のことを意味しています。

そのため、自分以外の相手が恐縮することを表現するのには使いません。相手が恐縮しているといったような意味で使わないよう注意が必要です。

「恐縮に存じます」は間違い

時々、「恐縮に思っています」という意味合いで「恐縮に存じます」という言葉を使っている人を見かけます。

しかし恐縮には既に「思います」という意味も含まれているので、「存じます」を足してしまうと意味が二重になってしまうので、「恐縮に存じます」はNGです。

「恐縮」の言い換え

恐縮は基本的に書き言葉なので、話し言葉では使いません。また、場合によっては硬すぎる表現に感じられてしまうこともをあるので、状況に合わせて言い換えの言葉を「知っておくことも大切です。

相手に感謝を伝える際には、「ありがとうございます」や「ありがたく存じます」と言い換えることができます。この方が感謝の気持ちが伝わりやすい場合もあるでしょう。

褒められた際や評価を受けた際には、「お褒めいただき光栄です」や「私にはもったいないお言葉です」といった表現もあります。

また、相手に依頼などをする際の言い換えとしては、「申し訳ありませんが」、「お手数ですが」、「恐れ入りますが」「痛み入りますが」「すいませんが」などがあるので覚えておきましょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。