残業45時間ってどんな感じ?収入を減らさずに残業時間を減らすための方法まとめ

記事の著者:shuta

現在の労働行政で定められている過労死ラインは、月間80時間の時間外労働とされています。月20日出勤の計算をすると、1日平均4時間以上残業すると過労死ラインに当たります。

株式会社メイテックが2018年におこなった調査によると、1ヵ月の平均残業時間は、前年よりわずかに改善しており、平均は17.7時間。前年調査よりも0.6時間減少しているという結果に。

また29.7%の人が昨年より残業時間が「減っている」と回答しています。2019年4月より施行された「働き方改革関連法案」により、一部例外を除き、月の残業時間は45時間、年360時間に制限されます。もし超えて残業をおこなうと雇用主に罰則が科せられます。

そんな法案の基準にもなっている月残業45時間とは、どの程度のものなのでしょうか?

毎月の残業45時間は多い?少ない?

上記でも触れたように株式会社メイテックが2018年におこなった調査では、1ヵ月の平均残業時間は、平均は17.7時間。

月45時間の残業をするのであれば、毎日2時間程度残って仕事をすることになります。平均と比べると、残業45時間はかなり残らなければいけない感じがしますが、毎日2時間の残業と聞くと「ギリギリかも」と感じる人もすくなくないでしょう。

残業45時間の罰則は?

原則、月45時間以上の残業をしてはいけません。繁忙期などには特例が認められますが、その分休暇を取らせなくてはいけないことになっています。これを超えて働かせると違法、罰則が付くことに。

罰則の内容は「6か月以下の懲役または30万円以下の罰金」となっています。大企業では2019年4月1日、中小企業では2020年4月1日より施行されます。

そのためベンチャー企業だからといって、バリバリ長期間働いて良いという訳には、いかなくなってきたのです。

残業代目的で、45時間超えて働きたいという人も

 とはいえ残業代目的で、長時間働きたいと考える人もいるようです。実際、株式会社メイテックの同調査によると、収入が減って困っている人は44.4%と約半数にも登ります。残業が減って嬉しくないと答える人も、13%います。

ただし残って働くと会社に迷惑がかかるため、副職をはじめるなど、労働者も新しい稼ぎ方を考えなくてはいけないのでしょう。

副業探しには、求人情報が豊富なアルバイトEXがおすすめです。在宅でもできるライター業や、夜だけ働ける飲食店などの情報も豊富。今まで働いてみたいと思っていた職種に、挑戦してみるのもいいでしょう。

アルバイトEXに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。