無視はパワハラになる?上司から無視されたときの対処法

記事の著者:shuta

無視はパワハラになるのかどうかですが、その頻度、内容に、状況に応じてとらえ方はさまざまです。

また、仕事内での無視なのか、仕事以外で飲み会などに誘われないなどの無視にもよります。もし業務上の無視をされているなら、仕事上でのパワハラといえるでしょう。

そこで今回、上司からパワハラともうけとれる無視をされたときの対処法について紹介していきます。

無視するタイミング

無視するという行為は、パワハラというよりは、モラハラといわれていますが、パワハラになるかどうかは、状況などによって変わってきます。

例えば、上司に仕事上の質問をしたが無視されるなどは、仕事上のこととなるので、モラハラではなくパワハラです。

しかし、上司が会社帰りにほかの社員を飲みに誘い、自分には声をかけてくれなかったなどは、業務外のことなのでパワハラと考えるのは難しくなります。

部下や同僚がする可能性も

またパワハラは上司だけとは限らないでしょう。同僚であったり、逆に部下だったりする可能性も。

無視するという行為は人を否定しており、上司が率先して部下を無視すると部内も同じことをしかねません。

上司から無視された場合の対処法

本当に無視されたのかどうかですが、たとえば、聞こえていなかったとか、ほかの仕事で頭がいっぱいになっていたときに、タイミング悪く質問したなど、考えられませんか。

もしそうであれば急ぎでない場合、社内メールで送ってみてはどうでしょうか。

忙しそうでしたのでメールにて失礼します、と一言そえたうえで、急ぎませんがご回答お願いします、とかいうような文章を送ってみてください。

もしメールを見たか確認をしたいなら、一定期間待ってみましょう。そして返信がないなら、暇なときを見計らって声をかけてみてください。

それでも無視されるようなら、それは気のせいではないでしょう。メールという証拠も残せるので、見えるかたちにしてみて判断しましょう。

確信したら相談することが大切

上司に無視されていると確信したら、仕事上のことなので、何か自分に不手際があったのかなど、それとなく聞いてみることも大切です。

手答えなく無視されるようでしたら、さらに会社の専門部署などに、仕事上で困っていると相談してみましょう。

無視されていることを放っておかない

無視するという行為は、とても気分が悪く、相手の存在を否定するのと同じです。

されている方は何よりつらいですから、気のせいだとは考えずに相談してみましょう。無視することは、一番相手を傷つける行為です。

そのため、無視されたままでいると、だんだん精神的に参ってしまいます。パワハラで内にせよ、ハラスメントに違いありません。

もし周りの人でそのことに気づいて、話してくれる方がいれば味方になってもらいましょう。その励ましてくれる人を頼りに、自分の働きやすい環境を少しずつ作っていくことが大切です。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。