辞表の提出方法。いきなり提出するのは失礼な行為、まず上司に相談を

記事の著者:shuta

辞表・退職届・退職願い、どれも同じ会社を辞めるときに必要になる書類ですが、実は違いがあります。

退職願いは、自ら退職したい意思を伝えるもの、後から承認を得る必要がある書類です。退職届は、職が承認され、最後に提出するもので、会社側から提出を求められることが一般的でしょう。

そして辞表は、会社の役員・公務員が会社を辞めるときに使う書類です。間違ったものを提出すると、会社とのトラブルになりかねないため、注意が必要です。

辞表の提出方法とは?

退職願は「○月○日に退職したいので、よろしくお願いします」とお願いする書類で、提出した段階で退職が決まることはありません。上司に退職を慰留されたり、その場で却下される可能性もあります。

それに対し、退職届・辞表は「○月○日に退職します」と勤め先に通知するための書類です。勤め先に提出した時点で退職が決定し、原則として撤回はできません。そして退職届・辞表は上記で紹介をしたように、勤め先との雇用形態の違いにより、どちらを提出するかが決まります。

会社の役員・公務員は辞表を提出することになりますが、そのときの注意点を紹介しておきます。

どんな時でも一身上の都合にする

会社を辞める理由は様々ですが、辞表に詳しい理由は書いてはいけません。

仕事がきつい、上司と合わないなど、本当の理由をぶつけたい気持ちはわかりますが、受理されない可能性もあります。一身上の都合で自ら辞めるということで統一しましょう。

手書きとPCではどちらが良い?

辞表を書くときに困るのが手書きかPCで印刷した物どちらが良いのかということ。

一般的には手書きが望ましいとされていますが、PCでもOKというところもあります。どちらか迷ったらしい就業規則を確認して、適切な物を選ぶ必要があります。

封筒の入れ方

辞表や退職届を作成したら最後は封筒に入れて提出します。封筒に入れる前に誤字脱字、名前、部署に間違いがないか確認して、無地の白いA4の封筒に入れましょう。

辞表や退職届は文字が書いてある方を裏にして、三つ折りまたは、四つ折りにします。開いたときに読みやすくなるようにしなければなりません。

提出前に上司と相談する

辞表や退職届はいつでも自分の都合で出してはいけません。よく、辞表を机に叩きつけてそのまま会社を去るシーンをテレビドラマでみますが、そのような行為は大変失礼にあたります。

多少なりともお世話になった、自分を成長させてくれた会社ならば、上司と相談の上、提出日を決めて、感謝の言葉を込めて提出しましょう。

辞職と退職を混同しない

最後は辞職と退職を混同しないことが大切です。

辞職は役員や公務員が使う言葉、退職は一般的な会社員が使う言葉なので、辞表や退職届のなかに2つの言葉を入れないようにしましょう。2つの言葉の使い方を混同してしまう人が多くいますので、よく調べた上で正しい辞表や退職届を書くことが社会人としてのルールです。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。