どうすればいいの?怒られる怖さを無くす7つの方法

記事の著者:saitotakuma

失敗した時など、怒られるのが怖いと感じてしまうことはあるはずです。

怒られる怖さから、失敗を隠してしまうといったこともあるのではないでしょうか。

今回は、怒られる怖さを無くす方法について紹介していきます。

自分を追い込まない

失敗してしまうと視野が狭くなってしまい、結果自分を追い込んでしまいます。

大したことでなくても、自分を追い込んでしまっていることで、「凄く怒られるのではないか」と思い込み、さらに強く怖いと感じてしまうのではないでしょうか。

まずは、冷静になって考えてみて、過度に自分を追い込まないようにすれば、怒られる怖さも薄れるでしょう。

自分で癒す方法を見つける

怒られてしまうのは仕方がないかもしれませんが、怒られた後のことを考えるようにしてみてはいかがでしょうか。

あらかじめ怒られた後の対処方法を考えていれば、実際に怒られた時、怒られた後のご褒美といっては変ですが、それだけでも怖さが軽減できるはずです。

ご褒美があれば、大抵のことは我慢できるのではないでしょうか。

思い込みを無くす

失敗したら怒られるといった思い込みを無くすことが、怖さを無くすことに繋がるのではないでしょうか。

思い込みから、失敗したらひどく怒られると感じてしまうのであれば、中々その暗示を解くことは難しいでしょう。

しかし、それをなくさないと失敗する恐れから何もできなくなってしまいます。

怒られることについての解釈を変える

なぜ失敗すると怒られるのかと考える必要があります。

ただ単に感情的に怒られてる場合もありますが、そこから立ち直って欲しいという思いから怒っていることもあるはずです。

怒られる時に怖いと感じてしまう前に、「この人は自分に対して期待しているから怒ってくれているのだ」と思うことができれば、恐怖よりも感謝を感じることが出来るでしょう。

怒られた時のイメージをする

ただ怒られるのではなく、怒られる前にその状況についてイメージすると良いでしょう。

イメージできていれば、多少のことでも想定内と感じることが出来るので、怖さを無くすことができるはずです。

ただ、あまりにもイメージ通りだと、逆に笑いがこみ上げてくることがるので注意が必要かもしれません。

怒られることも経験の内と考える

何をするにしても、失敗を繰り返して成長していくものではないでしょうか。

ですから、怒られることもいつか自分のためになることだと考えるようにしましょう。

自分のためになることなのですから、怖いと感じることは少なくなり、逆に成長の糧と考えて、怒ってる相手に感謝する気持ちが生まれるかもしれません。

気にしない

怒られても気にしないようにすることが一番かもしれません。

怒られているので失敗に対して考える必要はありますが、怒られていること自体は気にしないようにします。

気にするなといっても難しいかもしれませんが、自分の人生全体として考えてみるのが良いかもしれません。

たとえば、人生80年と考えた場合、怒られるのはその中のどれくらいでしょうか。

もっとわかりやすく言えば、1年で考えた場合、怒られた日を1日として考えれば365分の1です。

たったそれだけの事と考えることができれば、怒られる怖さも気にならなくなるのではないでしょうか。