接待・会食でのマナー・注意点。直前準備でマナーの質が変わってくる

記事の著者:haruki hatano

社会人になればついてくるのが、得意先との飲み会や接待。ビジネスを成功させるためには接待も重要な要素のひとつです。

学生時代の飲み会とはまったく違うので、きちんとマナーを学ばないと、とんでもない失敗をしてしまうこともあります。

クライアントを不快にさせないことは当然として、楽しい時間を過ごしていただくことが大切です。そこで、今回は接待の幹事が注意するべきマナーや注意点などを紹介します。

質の高いマナーを提供するために、接待・会食までにしておくべき準備

相手の好みを把握する

店選びは接待の基本です。ポイントはゲストの年齢やステータス、関係性に配慮することはもちろん、どういった食事や飲み物が好まれるのかをしっかりとリサーチして店を選びます。

店選びのポイントとして大切なのは、相手の好みを把握していることです。

接待や飲み会をするいちばんの目的は、得意先に喜んでもらうことです。そのため、まずは相手の好みをしっかり把握しておく必要があります。相手の好みの料理を出す店であることは当然ですが、店の雰囲気も重要です。じっくり話のできる個室のある静かな店がいいのか、それともにぎやかで楽しい雰囲気の店がいいのかといったポイントも見ておきましょう。

さらに、相手が帰りやすい立地であるかといったことや、二次会に行く場合の店選びをしやすいかといったことも考慮できるとなおよいでしょう。

店のリサーチをしておく

接待を行う店は事前にリサーチしておきましょう。最近はネットで色々調べることができるので、店選びも簡単になりました。しかしできれば一度、事前に実際にその店に足を運んでおくとよいでしょう。

料理の味や雰囲気、トイレの場所、喫煙の可否等を事前に調査しておくことで、当日の段取りが一気に変わります。実際に行ってみることでわかることはたくさんありますから、ぜひ面倒がらずに、一度足を運んでみてください。

接待は個室でおこなうことが基本であり、その配席には非常に神経を使います。最近ではネットで店を予約する場面も増えていますが、当日店に行ってみると、思っていた部屋の大きさや形と異なっている場合もあります。

そこで、必ず事前に下見をして、どういった配席とするのかをイメージしておきます。さらにトイレの位置やメニュー、周辺の環境なども確認しておくといいでしょう。

役割分担を決めておく

接待における幹事の役割は店を手配し、当日の進行をコントロールするなど多岐にわたりますが、全てを担おうしないことが大切です。

少なくともゲストのお出迎え、司会、乾杯、あいさつ、会計、お見送りは他の者に役割を分担し、幹事は総監督として全体を見渡す役回りとすることが理想です。

店への気配りも忘れない

接待の成否を左右するポイントのひとつに店のサービスがあります。料理の味だけでなく、スタッフの対応ひとつで相手の印象は大きく変わります。

そこで大切なのが、店のスタッフを味方につけることです。そのためには、事前に当方の要望などを事前に伝えるとともに、上から目線ではなく、店に対しても気配りを忘れてはなりません。

手土産は相手によって用意するかを決める

接待のマナーとして手土産を用意するべきというマニュアルもありますが、時代が進むに連れて過度な接待を嫌う方も増えてきました。

手土産を用意するべきか否かは接待相手によって変わってくるので、自分で判断できない場合には上司に判断を仰ぎましょう。

実は手土産を楽しみにしているというクライアントの場合には、自宅で待っている奥さんやお子さんへのお土産を用意して帰り際に渡すと、家族のことまで気遣っていることをアピールできて、いい心象を与えることができます。

接待・会食の当日、注意するべきマナー

店では必ず出迎えをする

当日は先に店に着くようにし、クライアントをお出迎えしましょう。約束の時間の20分前には受付を済ませて、受付で迎えするのが基本的なマナーです。

そして席まで案内したら上座に座ってもらいましょう。

気配りを怠らない

接待においていちばん大切なことは気配りです。相手がいかに楽しい時間を過ごすことができるのか、何事も自分が接待を受ける側に立って考えてみるといいでしょう。

仕事だから仕方ないなどと思っていると、言葉や態度に出てしまうものです。常に気配りを忘れずに接待しましょう。

テーブル上の目配りを大切に

接待がスタートし、乾杯のあいさつなどの儀式が終わると、しばし歓談の時間となりますが、ここで気を抜いてはいけません。

ゲストのグラスが空いていないか、取り皿は汚れていないかなど、ゲストの話をしっかりと聞きながら、テーブル上の目配りができる余裕が必要です。

接待中は仕事以外の話もする

会食中は仕事の話だけではなくプライベートな話もしておきましょう。普段の仕事中では知ることのできないクライアントの一面も知ることができる機会です。どんな話でもオールマイティに対応できると非常に喜ばれるでしょう。

クライアントの趣味や特技などの情報を収集できるのであれば、集めておくべきです。会話が止まらないよう、そして楽しく全員で話せるように心がけましょう。

お酒は控えめに

接待の場は、相手を楽しませることが仕事です。そのため、自分のお酒の量は控えめにして、なるべく酔わないように気をつけましょう。

お酒を飲みすぎて失敗した経験がある人は、特に注意が必要です。とはいえ、まったく飲まないと場がしらけるような場合は、適度に空気を読みながら調子を合わせるのも大切です。

無礼講はNG

お酒の席で無礼講で行こうといったセンテンスを聞くことがありますが、これはあくまでも目上の人が使う言葉であり、間違っても接待する側が使うセンテンスではありません。

また、お酒の席では、ある程度くだけた話も必要ですが、あくまでもビジネスの場であることを忘れてはなりません。特に言葉使いについては注意が必要です。

接待・会食がお開きになるときに取るべきマナー

会計はスマートに済ませる

会計はクライアントに気を使わせないよう、事前に支払っておくことが大切です。食事の追加注文が終わったタイミングで、クライアントがトイレなどで席を離れている際にスタッフを呼んで支払いましょう。

クライアントの前で支払いをすることは避けてください。

二次会で慌てない

一次会が盛り上がれば、必然的に二次会への流れになりますが、その場で会場を探していると、せっかくの雰囲気が台無しになります。

先方と事前に二次会の有無を確認しておくことも大切ですが、突然二次会に流れることも想定されます。こういった場合にも慌てないよう、周辺の店を数件確認しておけると、当日スマートな行動ができるでしょう。

ゲストの見送りまで気を緩めない

ゲストをお見送りするまでが接待です。接待当日は、相手よりも早く待ち合わせ場所に到着し、お出迎えするのが必要です。笑顔でお迎えすることで、相手も来てよかったという気持ちになってくれるはず。

さりげなくゲストの帰宅方法をお伺いし、例えばタクシーで帰宅されるのであれば、店に手配してもらいます。また店の人と会計の方法やタイミングについて事前に相談しておいたり、お土産を預かってもらったりするとお見送りのときもスムーズに運べます。

大切なのはゲストがスムーズに帰宅の途についていただくことであり、そのためには、お見送りが完了するまで、決して気を緩めることなくホスト役に徹することが大切です。

接待後にはお礼のメールを送る

接待後はお礼のメールを書くようにしましょう。個人的な連絡先を知っている場合はそちらに送ります。知らない場合は、翌日会社からメールを出しましょう。

メールには、時間をいただいたことのお礼と、楽しく過ごしたことを書きます。接待中に盛り上がったエピソードなどがあれば、メール内に書き込むとオリジナリティが出て、さらにいいメールになるでしょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。