感情よりも論理で!部下の叱り方のコツ7つ

記事の著者:haruki hatano

部下が失敗したら、上司は叱ることもありますよね。

でも叱ってもうまくいかないこともあり、悩んでいる人も珍しくありません。

そこで今回は、部下の叱り方のコツをご紹介します。

1.部下のためという意識で叱る

大きな声を出したり、厳しい言葉を使うと、叱られている側は当然ショックを受けます。

しかし、そこで「これは自分のために言ってもらっているんだ」と認識できると、部下も素直に言葉を受け取ることができます。

ただ単に怒鳴り散らすだけでは、部下には「上司のストレス発散」としか思われません。

何をどういうふうに言えば、部下の今後につながるのか。そういった視点で叱ることが大切です。

2.冷静になる

「叱る」と「怒る」は、似ているようでまったく違うものです。

カッとなりやすい人が、部下を罵倒していることがありますが、あれはただ「怒っているだけ」というふうに周囲には写ります。

叱られている部下も、ただ罵られているだけにしか感じないので、モチベーションを維持することができません。

感情的になりやすい人は、時間を置いていったん冷静になるほうがよい結果を招きます。

3.論理的に言って聞かせる

感情的に叱る人は珍しくありませんが、叱られたほうは納得できないかもしれません。

というのも、感情的に物を言うと、要点がまとまらなくなり、何がいけなくて叱られているのかを、相手に理解させることが難しくなるからです。

叱るときは、あくまで論理的に筋道を立てることが大切です。

どういう点が悪かったのかを伝えることで、相手も素直に指摘を受け止めて、改善点を探ることができます。

4.信頼関係を固める

信頼関係のある相手から言われた言葉は、どんなにきつくても、しっかりと心に響くものです。

上司と部下の関係でも、それは同じこと。日頃からお互いを信頼していれば、上司が多少きつく叱ったとしても、部下は素直に聞いてくれるでしょう。

また、部下から「実はこういう考えで行ったのですが・・・」と、失敗の背景を打ち明けてくれるかもしれません。

5.比べてはいけない

部下を叱るときに、他の社員を引き合いに出す上司がいますよね。

でも、部下にもプライドがありますから、そういった比較をされると、むかっとしてしまいます。

そうなると、上司の言葉を素直に受け取るのが難しくなってしまいます。

あくまで「この部下のために最適な言葉をかける」という意識を持って、個人個人に向き合のが重要なポイントです。

6.公平に接する

上司だって人間ですから、嫌いなタイプというのは当然あるでしょう。

しかし嫌いなタイプの部下に対してだけ当たりを強くする、といったことをしてはいけません。

同じミスをすれば、全員を同じように叱り、同じようにフォローしましょう。えこひいきはNGです。

特にビジネスの場では、こういった意識を持つことが大切です。

7.フォローを忘れない

部下を叱ったら、それで終わりにしてはいけません。

部下が同じミスを繰り返していないか、前回の反省点が活かさせているか、そういった点を見るのも上司の仕事のひとつ。

うまくできていれば、それを認めて評価してあげましょう。

そうすることで、部下のモチベーションも上がるはずです。