いい思い出にしたい!定年退社の人に感動される5つのメッセージ

記事の著者:saitotakuma

定年を迎える人にどのような言葉を贈れば喜ばれるでしょうか。

とくに、その方にお世話になったのであれば、感謝を言葉にして伝えたいと思うのではないでしょうか。

今回は、定年退社する人に感動されるメッセージを紹介します。

自分がお世話になったことを伝える

普段からお世話になっていたのであれば、自分がどれだけお世話になったかを伝えるのが一番です。

そういった感謝をされると、感謝された側は自分がしてきたことに自信を持つことができ、気持ちよく会社を去ることが出来るでしょう。

また、感謝が伝われば、きっと感動してくれるはずです。

会社に対する功績を伝える

会社にとってどれだけの功績があったかも、会社を去る人にとって関心があることではないでしょうか。

「あなたがいたお陰で、この会社はここまで発展できました」といったことを伝えることが出来れば、会社を去る人にとってこれほど嬉しいことはないはずです。

今まで自分がしてきたことが、こんなに役に立っていたことを実感できれば、気持ちよく会社を去ることが出来るのではないでしょうか。

そうしたことを感じさせてくれることを伝えることが出来れば、きっと感動してくれるはずです。

一緒に働いてきた仲間に対する功績を伝える

会社に対する功績も大切ですが、同じ職場で働いてきた仲間に対する功績も同じくらい大切です。

「あなたがいたお陰で、この部署は成長できた」、あるいは「あなたがいたからチームワークが良くなった」といったことを伝えれば、きっと喜んでもらえるはずです。

自分はこんな良い仲間たちと仕事ができたのか、という思いがこみ上げてくるのではないでしょうか。

こういった感謝の気持ちが、会社を去る人に感動を与えることになるはずです。

辞めることを惜しむ

もしかしたら、これが一番かもしれません。

会社勤めをしている人にとって、いつまでも働いていたいといった思いがある人は結構いいるのではないでしょうか。

そんな思いがあるのであれば、辞めることを惜しまれるのは嬉しいものでしょう。

あの人がいなくなって清々すると思われたのでは、自分が今まで何をしてきたのだろうかと考えてしまいます。

ですが、「あなたはこの会社にとって必要不可欠な人です」と言われるのであれば、自分がしてきたことに誇りを持つことが出来るのではないでしょうか。

きっと、その一言が退職する人に感動を与えることでしょう。

定年を迎える人にとって、自分がしてきたことにどれほどの意味があるのか、気にならない人はいません。

ですから、辞めることを惜しまれることは、その人にとって意味のあるものであり、感動を呼ぶものなることでしょう。