具体化が大事!部下を指導するうえで知っておくべき事5つ

記事の著者:haruki hatano

「部下の指導がうまくいかない、効果が出ない・・・」という悩みを持つ上司は少なくありません。

今回は、部下を指導するうえで知っておくべき事をご紹介します。

1.具体的に指導する

部下が失敗したとき、腹立たしい気持ちやがっかりした気持ちがわいてくるかもしれません。

そんなとき、「もっとうまくできただろう」「もっと注意しろ」などと注意しても、部下は成長しません。

抽象的過ぎるコメントを与えても、改善すべき点にたどりつけないかもしれません。

上司としては、具体的に何を注意すべきだったか、どう変えるべきかを指導しなければなりません。

2.理解の度合いを確認する

失敗した部下に「どうしてわからないなら聞かなかった」と聞いてみたことはありませんか?

単なるうっかりならともかく、実は「わからないことがわからない」という状態であることも珍しくありません。

部下を指導する上で大切なのは、部下がどこまで理解できているかを確認することです。

「わからないこと」を並べさせるのではなく、「わかっていること」を言わせてみましょう。

そうすると、部下に不足していることがはっきりするので、失敗したときにも改善指導をしやすくなります。

3.価値観をすり合わせる

部下も上司も人間なので、当然、価値観が違います。

その違いを理解しておかないと、部下を指導したとしても、正しく内容が伝わらないかもしれません。

そんなときは、きちんと「言葉に表して」「相手と共有する」ことが大切です。

日頃からコミュニケーションをとるだけでなく、たとえばマニュアルを作る等して、部下と上司の認識を一致させておくことが大切です。

4.部下を追い詰めない

部下が失敗したときに、「どうしてそんな失敗をしたんだ?」というふうに質問することはあるでしょうか。

失敗の原因を探ることは大切ですが、そういう質問のしかたをすると、部下は精神的に追い詰められていきます。

自分を守るために、言い訳ばかりするようになるかもしれず、そうなれば改善させることも難しくなります。

大切なのは、部下に寄り添う姿勢を見せること。

「どうしたら成功したと思う?」「何ができたら成功していたかな?」

こういう聞き方をして、未来志向に転換するのが重要です。

5.自分の背中を見て教える

部下にとってお手本とすべき存在は、当然、身近な上司です。

そんな上司が、お客様や他の社員に対して、ふんぞり返って偉そうに接していたら、部下はどう感じるでしょうか。

そんな姿勢で仕事をしている上司が、部下に「お客様には、丁寧に対応しなさい」と言っても説得力はありませんよね。

部下を指導するときだけ立派な上司になっても、部下はついてきません。

日頃の真摯な姿勢を見せることで、部下の指導にもつながっていくのです。