ビジネスの場における「もしもし」の言葉の意味・使い方:注意点は?

記事の著者:haruki hatano

一般的に電話で話す際、まず初めに発する言葉は「もしもし」です。

ビジネスの場においても「もしもし」はよく使われていますが、実は非常に失礼な言い回しであり、マナー違反にあたります。

そこで今回は「もしもし」の正確な意味や使い方、注意点についてまとめてみました。

「もしもし」の語源とは

「もしもし」の語源は江戸時代に使用されていた「申し」「申す」です。

明治時代に入ると電話が普及し、電話交換手が相手に「申し」「申す」「申し上げます」といった言葉を使うにつれ「もしもし」と省略され定着していきました。

当時の通信精度は、現代ほど良好ではありませんでしたから、同じ言葉を繰り返すことで、相手方が聞こえているのか確認する意味もありました。

一般的な「もしもし」の使い方

一般的に「もしもし」は、電話をかける際に、相手への呼びかけに使います。

電話をかける上では定型句になっていますから、この言葉を使うことに対して抵抗を持つ人はいませんし、失礼と感じる人もいません。

また、街角などで相手を呼び止める際にも「もしもし」は使われています。

ビジネスの場において「もしもし」がマナー違反となる理由

ビジネスの場で「もしもし」を使うのは、マナー違反とされています。

それは「もしもし」の語源が「申し上げます」の略語であるからです。「もしもし」に限らず、ビジネスの場では略語を使うことは相手に対して失礼にあたります。

また、以前「もしもし」は、目上の人から立場の低い人に向けて使われていた言葉でもあった点も、マナー違反となる理由です。

ビジネスの場において「もしもし」に代わる言葉

ビジネスの場で「もしもし」を代用する際には「はい」と言うのが適切とされています。

「はい」には非常に素直な印象を相手に与えます。電話におけるファーストトークとしては最適な言葉だと言えます。

また、相手の声が聞こえにくい場合に「もしもし」を使いがちですが、こういった場合には「恐れ入りますが」といった言葉を使って聞き返すのが、失礼のない言い回しです。

「もしもし」に代わる電話応対例①「電話を受ける」

ビジネスの場において電話を受ける際、「もしもし」に代わる言葉を使った具体的な対応例は次のとおりです。

「はい、〇〇商事の△△が承りました。」

「はい、お電話かわりました。○○部の△△でございます。」

いきなり会社名を名乗るよりも「はい」を加えることで、きびきびとした好印象を相手に与えることができます。

「もしもし」に代わる電話応対例②「電話をかける」

ビジネスの場において電話をかける際、「もしもし」に代わる言葉を使った具体的な対応例は次のとおりです。

「お世話になっております。〇〇商事の△△ですが、●●部の▲▲様はいらしゃいますでしょうか?」

ここで使っている「お世話になります」は電話を受ける際にも使用できる汎用性の高い言葉ですから、様々な場面で使うことができます。

「もしもし」と同様にマナー違反となる言葉

「もしもし」と同様に一般的に使われながら、失礼にあたる言葉が「なるほど」です。

「なるほど」は、自分と同等かそれ以下の立場の人に対して同意を求める表現ですから、ビジネスの場面で使うとマナー違反になります。

相手に同意を求める際には「そういうことですね」「そうなんですね」などの表現を使うと良いでしょう。

「もしもし」が社内で使われている時の対処法

「もしもし」は一般的に使われている言葉ですから、ビジネスの場でも意味が理解されずに使われていることも少なくありません。

同僚や部下であれば指摘することも簡単ですが、上司や先輩の場合、指摘しづらいものです。しかしながら、そのままにしておくと、会社が恥をかくことにもなりかねませんから、そっとフォローすることが大切です。

また、社内に「もしもし」が蔓延している場合は、社内研修にに電話応対にかかる講習を盛り込むよう提案するのも一つの方法です。

「もしもし」の意味を正しく理解することの意義

ビジネスの場において、電話はメールと並んで非常に大切な伝達手段です。

最近では、社内のモチベーションを高めるためにカジュアルな雰囲気が好まれていますが、言葉使いについては会社の信用問題にも関わりますから正しく使わなければなりません。

とりわけ、電話は相手の顔が見えないこともあり、思わぬ誤解を生むこともありますから「もしもし」を使わないことは当然として、日頃から正しい言葉を使う習慣を身につけておくことが大切です。