内定ブルーとは?就活で陥るうつ状態の原因と対処法

記事の著者:shuta

就活というものは、色々な会社を回っても落とされてしまうことが多いものですが、努力を続ければ内定をもらえる時が来ます。

苦労を重ねてきたぶん、内定したときの感動は大きいものです。しかし内定をもらったとしても、ゆっくり考えてみると本当にその会社でいいのかと迷うこともあるかもしれません。

この心の状態は、一般的に内定ブルーと呼ばれているもので、意外にかかる人も多いです。そこで今回、内定ブルーに陥ったときの対処方法をまとめてみました。

内定ブルーとは

内定ブルーとは、企業から内定をもらって喜んだものの、時間が経った後に本当にこの企業に就職していいのだろうかと不安になる気持ちのことです。

就職はライフステージが大きく変化する時期のひとつです。将来を大きく左右する意思決定を求められるため、そのストレスから気分が落ち込むことになります。

内定ブルーの原因

内定ブルーの原因には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

第二志望以下の企業から内定をもらった

就活をしていて、第一志望の企業から内定をもらえなかった人は、第二志望以下の企業に就職するしかありません。

就活は運の要素もあるので、実力があるにもかかわらず第一志望の企業に落ちてしまうと、一度は内定をもらった企業に就職しようと覚悟を決めたとしても、どこかに後悔や諦めきれないという気持ちが残ってしまいます。

その結果として、内定先に進むことが本当に正しいのだろうか、就職留年してでも再度挑戦するべきではないだろうかと悩むうちに、気分が落ち込みがちになります。

第一志望群の企業から複数の内定をもらった

贅沢な悩みではありますが、優先度が高い複数の企業から内定をもらい、悩んだ結果として片方の企業に就職を決めたというケースでも内定ブルーが起きやすいです。

どちらも魅力的な企業だけに、もう片方の企業に就職した自分の姿を思い浮かべて、そちらの方がよかったのかもしれないと考え始めると、不安や後悔が頭をもたげてきて、不安定な精神状態になります。

第一志望の企業から内定をもらったがその企業に不安要素もある

第一志望の企業に合格していても、その企業に不安に思われる要素があると、それも内定ブルーの原因になります。

例えば、内定先の企業が給料がよくても労働時間が長いことで知られていたり、昔から働くことが夢だった業界でも労働条件はそれほどよくないことで有名だったりすると、他の企業に行く選択肢はないものの、漠然とした不安があるため、本当にその選択肢が正解なのだろうかと考えるうちに悩みが深くなっていきます。

そもそも働くことが怖い

そもそも働くこと事態が怖くなり、内定ブルーになる学生もいます。

こちらは就職ブルーと表現したほうが適切かもしれませんが、自由な学生生活と規則正しい労働を強いられる社会人生活を比べて、その過酷さに身を震わせる大学生は少なくありません。

内定ブルーの対処法

気分転換に旅行をする

内定ブルーにおちいったときには、気分転換をはかることが重要です。そのままの状態でずっとブルーになっていても、ますますブルーになっていくだけで悪循環になってしまいます。

ここはひとつ、大きく気分転換として、一人旅に出てみるのはいかがでしょうか。どこか以前から行きたかった場所に、のんびりと出かけてみましょう。

旅先では観光スポットを回って、自分の好きなことをしてみてください。1人旅で元気を取り戻してから、内定について考えてみるのもいいでしょう。

友達に相談する

内定ブルーというものはいわゆる鬱に近い状態です。1人でぐずぐず考えても悪いループにはまってしまい、明るい考え方はなかなかできないでしょう。

こんなときは思い切って、信頼できる友達に相談してみるのもひとつの手です。友達なら同じ内定ブルーにおちいったことのある人も少なくはないはず。自分の経験をふまえて、アドバイスをしてくれるでしょう。

家族に相談する

友達に相談するのもありですが、家族に相談することもいい方法です。ご両親、ご兄弟、ご姉妹、誰でもよいので、相談しやすい人に話してみてはいかがでしょうか。

家族はいつも一緒にいるぶん、自分のことをよく理解してくれているので、深い理解にもとづいたアドバイスをしてくれます。気恥ずかしいかもしれませんが、軽く話してみるだけでもいいかもしれません。

他の会社も受けてみる

内定をもらったけれどどうも気が向かないといったときには、思い切って別の会社を受けてみるのもひとつのやり方です。

内定をもらったからと言って、他の会社を受けてはいけないという決まりはどこにもありません。

現在内定の出ている会社のほかに気になる会社があれば、数社応募してみるのもいいでしょう。

色々な会社を比較するうちに、自分の心も決まる可能性があります。職種、業種にとらわれず、気になっている会社があれば、トライしてみましょう。

気晴らしにカラオケをする

ブルーになったときには、まずは気分転換をはかるのが効率的な方法です。

1人旅もいい方法ですが、そんな時間もお金もないという人は、さっと行える気分転換のカラオケがおすすめ。

カラオケはどこにでもあり、特に予約をしなくてもすぐに行くことが可能です。また時間の制限もないので、思いきり羽をのばして好きな歌を歌えて気分爽快でしょう。

何より、大きな声を腹から出す行為は、ストレス発散になります。

仲間と飲みに行く

1人ではどうしても考え込んでしまう、という人には、仲間とわいわい飲みに行くのはいかがでしょうか。人は1人でいるとどうしても暗い考えに固執しがちになってしまいます。

大勢の仲でわきあいあいと騒ぐのも、ときには必要です。気のあう仲間とがやがや騒いでいるうちに、自分のなかのつまらない思いも消えていくことでしょう。

目上の人に相談する

ときには、目上の人に相談するのもよいでしょう。十歳以上年上の人になら、甘えて話せるという部分もあります。

また年上の人はそれだけ経験してきているので、その経験にもとづいた現実的なアドバイスもくれるはずです。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。