臨時保育士とは?仕事内容や給与を紹介。のちのち正規保育になることは可能なの?

記事の著者:shuta

臨時保育士とは、市立・公立の保育園に臨時勤務する保育士のこと。

市町村で臨時保育士として登録をし、要請が来た場合のみ、勤務することが可能です。また雇用元は、市区町村になるため公務員採用となります。ただし1年など、短期間のみ契約をして働きます。

私立保育園でも、職員数が足りない場合は、募集がおこなわれることもありますが、私立勤務の場合は公務員としての採用にはなりません。

正規社員に比べると給与・福利厚生は劣るものの、シフト制勤務になるためプライベートを大切にしたいと考える保育士・無資格で子どもに関わりたい人には、人気の職業です。

臨時保育士の仕事内容

臨時保育の職務内容は、正規保育士がおこなう仕事と大きな違いはありません。臨時保育士とは言え、常勤保育士の補助をするわけではありません。

ただし勤務時間はシフト制となり、足りない正規保育士を補うことになります。そのため正規保育士よりも、勤務時間が短くなってしまう傾向があり、仕事が少なくなる傾向にあります。

臨時保育士・正規保育士の違いは?

臨時保育士・正規保育士の違いは、契約上における違いのみです。仕事内容についても大きな違いはありません。しかし、正規保育士よりも給与が少なくなったり、手当などが支給がなかったりと、待遇面に関しては保育士と大きな違いがあるため注意が必要です。

臨時保育士になるためには?

臨時保育士になるためには、自治体窓口に申し込む必要があります。自治体によって採用内容は異なりますが、基本的に書類審査・面接を受けることになります。

求人情報は、ハローワーク・広報誌・市町村のホームページに、掲載されます。勤務時間・給料などは、自治体、勤務先によって異なるため、こまめにチェックしておくほうがいいでしょう。

有資格者、無資格者の採用をおこなっている場合があるため、保育士免許がない人でも保育園で働くことができるかもしれません。有資格者の場合は、経験豊富な保育士のほうが採用されすい傾向があります。

臨時保育士として勤務するメリット

臨時保育士は、時間・曜日が限定され勤務することになります。自由な時間内で、効率的に働くことができるでしょう。ダブルワーク・家事・育児などが忙しく、決められた時間しか働けない人には向いている仕事といえます。

無資格でも保育園で働くことができるため、資格取得をして正規保育士を目指したい人には、おすすめの仕事といえるでしょう。

臨時保育士として勤務するデメリット

自治体によっては、欠員が出た場合のみ、求人出稿するところが多いため、すぐに働きたいという人にはおすすめできません。

また待遇も、正規保育士に比べ悪いです。給与も臨時保育士は基本的に時給換算です。非正規雇用扱いになるため、ボーナス支給や特殊業務手当・住宅手当・通勤手当・資格手当などの支払いも、おこなわれない場合があります。

現在待遇について見直しが実施されているものの、常勤保育士より待遇が悪いのは明らかといえます。

臨時保育士の給与事情

臨時保育士の給料は、時給1,000円~1,500円程度と、都内のアルバイト並の待遇となっています。

国家資格必須の仕事としては、かなり安い料金設定になっているでしょう。職場の状況によっては、勤務時間が削減され、給与が下がることもあります。加えて上記で話をしたように、各種手当やボーナスが支給されない保育所もあります。

臨時保育士のステップアップ

臨時保育士のステップアップとしては、正規保育士を目指すことが一般的。時間に余裕ができるまでは、一時的に臨時保育士として勤務する人も多いです。

また保育士になる就職活動時には、臨時保育士として働いていたことが経験として勘案されるので、就職では有利になるといえます。

臨時保育士から正規保育士になれるか

臨時保育士から正規保育士として採用されるためには、保育園に改めて就職活動をおこうしかありません。もし資格保持できていないのであれば、国家資格に合格し免許を取得することも必要となります。

就職活動のさいには、臨時保育士として働いた経験は大きな武器になるので、目一杯アピールをしましょう。仕事ができる即戦力として採用されることになります。

正規保育士として採用された場合いきなり責任あるポジションに回ることになります。また、そうでない場合も臨時保育士として他のスタッフの方に示しがつかなくなることも想定されます。

臨時保育士として働いておけば、現場対応、保護者の対応、書類の処理まで経験しておくこともできるためスムーズに正規保育士として活躍が可能となるのです。

臨時保育士は、ダブルワークは可能?

地公法第38条に「営利企業等の従事制限」があり、任命権者(地方公共団体の長・代表監査委員・教育委員会)の許可を得れば、副業しても良いということになっています。

しかし、現実には許可を求めても認められない場合が多いようです。基本的には、臨時保育士・正規保育士関わらず、保育園全体で副業NGとしている園が多く、ダブルワークをおこなうことは難しいといえます。

臨時保育士の将来性

高齢化や、ライフスタイルの多様化が進む中、保育士の需要はより大きなものになっています。実母の高齢者のため子どもを預けられない、夜勤が多く子どもの保育に悩んでいる人は多くいます。

実際国としても、保育士を増やそうと、役職手当支給や、基本給の2%アップなどの施策が進められています。臨時保育士の待遇に関しても、改善される可能性は高いですし、時間外保育士として、採用を強化する園も増えてくるでしょう。

転職サイトでも、求人のチェックを

保育専門の転職サイト「ほいく畑」は、厚生労働大臣認可の保育士就職支援センターです。

臨時保育士の求人をはじめ、公立保育園・私立認可保育園・病院保育・企業内保育・企業内託児所・幼稚園・学童保育・認定こども園など幅広い、全国の求人が多く紹介されています。

保育職に関して経験豊富なプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてあなたにぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

採用段階でも、給与・残業有無・休日日数など、言いづらい条件面に関してはアドバイザーが交渉してくれます。登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

ほいく畑に登録する(無料)

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。