フリー保育士ってどんな仕事?フリー保育士の仕事内容となり方

記事の著者:shuta

フリー保育士とは、保育園で担当クラスを受け持たない保育士のことを指します。担任の先生が欠勤した場合や、クラスを超えた仕事があるときなど保育園全体の動きに関わる大事な役職といえます。

保育園は、保育士の配置基準を満たすよう国から求められています。年度途中で園児が増えたり、反対に減ったりした場合、あるいは、担任をしている保育士が一時的に現場を離脱する場合などに、フリー保育士が活躍することになります。

イレギュラーな事態が引き起こっても問題がないように、フリーの保育士はその代役・補助として活躍しています。

今回はフリーの保育士の仕事内容や、なりかたについて詳しく説明していきます。

フリー保育士の仕事内容

フリーの保育士は、担任をしないことから、クラス内保育に携わることはあまりありません。各クラスを担当している保育士の補助をおこなうことが主な仕事内容となります。

そのほかにも、園全体に関わる事務仕事などを、職員室でおこなっていることが多いです。教材の注文・備品の発注・行事の準備などを、おこなうこともあります。

担任を持たないから楽かというと、実際はそうでもなく、園内の各地で起きているトラブルに柔軟に対応できる必要がある上に、メインの仕事として保育園全体の行事準備や保護者対応などの時間が多くなるので、園全体の運営方針を把握して、適切な判断をするという役割が求められます。

また、経験を積んでいるフリー保育士であれば、担任を持っている保育士の相談役としての振る舞いも期待されます。

フリー保育士として勤務するメリット

フリー保育士として働くメリットは、園全体を俯瞰できる点です。

担任を受け持てば、クラスの子どもたちと綿密なコミュニケーションがとれますが、他クラスの子どもたちとは関わりが薄くなります。

しかしフリー保育士であれば、園全体の子ども・保護者と触れ合うことができるため、よりやりがいを感じることができかもしれません。園長先生・主任クラスの保育士ともコミュニケーションをとるので、園運営の知識が身につくでしょう。

フリー保育士として勤務するデメリット

フリー保育士のデメリットは、やはり一人ひとりの子どもと、深い関わりが持てなくなってしまう点でしょう。

各クラスには担任の先生がいるため、基本的にそのクラスの生徒は担任保育士が世話をします。フリー保育士は、担任保育士の補助をおこなうことになるので、子どもたちとコミュニケーションをとる機会に恵まれないというデメリットもあります。

フリー保育士のなりかた

フリー保育士になるために、保育士資格以外に必要な特別な資格はありません。

保育園内の職員からフリー保育士に任命されるか、フリー保育士の求人に応募することでフリー保育士になることができます。フリー保育士は臨時職員として採用されることもあるため、求人誌や保育園のホームページなどをこまめに確認しましょう。

転職サイトでも、求人のチェックを

園運営を学ぶためにフリー保育士のポジションを希望するのであれば、保育園内でそのポジションが自分に回ってくるのを待つよりも、フリー保育の求人に応募した方が近道です。

その場合は、保育専門の転職サイトであるマイナビ保育士の利用がおすすめ。フリー保育士の求人は募集の絶対数が少ないので積極的に応募したいものですが、転職サイトに登録しておけば見落としがありません。

登録から転職まですべて無料なので、まずは登録して情報収集をすることから始めましょう。

マイナビ保育士に登録(無料)

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。