転職活動における内定を辞退するときの注意点7つ

記事の著者:shuta

転職活動は、いくつもの会社を同時期に受けるため、内定がいくつも同じ時期に重なってしまうハプニングがあります。

これは就活している人なら全員あり得ることのため、ある程度仕方ないことですが、そのさいは1つの会社を選ばねばなりません。

そのため、他の会社には内定辞退を知らせる必要性が出てきます。それではそのとき、どうすればスムーズに内定を辞退することができるでしょうか?

今回は、転職活動における内定辞退の注意点について紹介します。

1.とにかく早く申し出を

当然ですが、内定を辞退するときには、なるべく早く会社の人事に伝えるようにしましょう。

会社は内定を出すと、新人のためにさまざまな準備をする必要が出てくるのです。新たに入社する新人を、心待ちにしているかもしれません。

せっかく内定を出してくれた会社に内定辞退を申し出るのは申し訳ないという気持ちから、なかなか内定辞退を伝えることができなかった、という人もたまにみられます。

しかし、会社には早めに内定辞退を申し出ましょう。いつまでも、もたもたしていたら会社にとっても失礼にあたります。それは最低限の礼儀です。

2.謝罪を述べる

せっかく自分の能力に期待してくれ、内定まで出してくれた会社には、辞退を申し出るのは非常に心苦しく、申し訳ない気持ちでいっぱいになるのが常です。

そのため内定を辞退する場合は、素直に謝罪の気持ちを述べましょう。やはり一度は入社を考えたという意味では、ご縁のある会社ということになります。ご縁は大事にすべきです。言いにくいかもしれませんが、謝罪は述べるほうが良いでしょう。

3.感謝の意をそえる

内定辞退になったことは悲しいことですが、そこに至るまでにはその会社で面接を受けたり、筆記試験を受けたりしたはずです。

そのたびにその会社の人事担当スタッフや、面接官には短い間ながらもお世話になったといえます。そのため、謝罪と同時に感謝の言葉を伝えましょう。入社に至らなかったのは仕方ないですが、それまでのお付き合いを思えば、感謝の意をそえるのはマナーだといえます。

4.辞退の理由をのべる

軽くで構わないので辞退となった理由は、きちんと伝えましょう。自分の能力不足だった、とても良い会社だったが体調を悪くしてしまった、など簡単で構いません。

社内では内定辞退になった理由が、会議などで持ち上がるでしょう。そのため、会社のためにも簡単に話をするのがいいでしょう。

5.最後まで誠意をもつ

一度は入社しようとまで思った会社です。ご縁のある会社だったかもしれません。なかには内定の辞退もせずに、ほかの会社に行ってしまう人もたまにいます。

しかしそのような行動は、誠意がある行動ではありません。内定は辞退になってしまったとしても、最後まで誠意を持った言動を心掛けましょう。

6.はっきりした声で話す

内定の辞退を申し出るさいには、ほとんどの場合が電話での申し出になるでしょう。

メールの場合もあるのかもしれませんが、基本的には電話でのやりとりが一般的になっています。

電話で話をするときは、てきぱき、はっきりした声で話しましょう。ばつが悪くてもじもじ、暗いだらだらとした声になってしまうのは社会人としていいことではありません。

7.本当に内定を辞退してよいのか考える

最後になりますが、本当にその会社の内定を蹴ってしまってもよいでしょうか?

あとで後悔することにはならないか、慎重に吟味してみましょう。勢いで辞退をしてしまわないよう、細心の注意をはらった方がよいのです。

辞退してしまったあとからでは、もう内定辞退の取り消しは基本的にはできませんので、よく考えて行動しましょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。