ビジネスの場における「プライム案件」の意味と使い方・注意点など

記事の著者:shuta

「プライム案件」はビジネス用語ですが、恐らく耳慣れない言葉だと思います。

しかしながら、IT業界では頻繁に使用される言葉であり、意味合いを理解していなければ、ビジネスチャンスを逃してしまう恐れがあります。

ここでは、あまり耳慣れない「プライム案件」の意味や使い方、メリットやデメリットについて紹介をしていきます。

プライム案件とは?

プライム案件とは、IT業界においてSier(システムインテグレーター)とクライアントが直接契約を結ぶ案件のことを意味します。

プライム案件は、クライアントから直接契約をした企業が元請けにあたります。請負構造の頂点となるため、上流工程の仕事ができるだけでなく、利益の多くを得ることもできます。

SIerとは?

SIerとは、SI(システムインテグレーション)をおこなう事業者を指し、システムインテグレーションとは、システム開発において、分離した要件定義・設計・開発・運用保守を統合させ、一括請負することを指します。システムエンジニアの多くがこのSIerに属しています。

プライム案件のメリット

何となく「プライム案件」には、色々なメリットがあるように感じて頂けたと思いますが、次からは、具体的なメリットを紹介していきます。

利益が多い

まずは、利益が多い点があげられます。下請け企業に仕事を委託するさい、安い金額で委託をすれば、労力を使うことなく、クライアントからの受注金額の差額をマージンとして受け取ることができます。

したがって、このプライム案件を多く取り扱う企業は、給与水準が高く、福利厚生も充実しているといえます。

クライアントからの信頼が高い

プライム案件を多く抱える企業は、歴史が長く、実績を重ねてきたことから大手企業であることが多く、クライアントが安心して仕事を依頼できる確固たる信頼性を持っているといえます。

客先常駐がほとんどない

IT業界では、クライアントデータの流出リスクがあるため、下請け企業の社員は、元請け企業に常駐し、仕事をしなければなりません。一方、データの管理元である元請け企業の社員は、環境が変わることなく自社で仕事をすることができます。

プライム案件のデメリット

メリットが大きいプライム案件ではありますが、同時にデメリットも存在します。

そもそもプライム案件は、会社の規模が大きく、財務的にも安定し、実績の多い企業に依頼が入ることがほとんどです。そのためベンチャー企業などではプライム案件に関わることは、ほとんどないでしょう。

そんなプライム案件ですが、受注するときのデメリットもあります。

プログラミングなど下流工程に携わる機会が少ない

多くのメリットがあることはお分かり頂けたと思いますが、少なからずデメリットもありますので紹介します。

デメリットとしては、プログラミングなど下流工程に携わる機会がほとんどない点が挙げられます。これらは、下請け会社に委託することが多く、プログラミングに秀でた人材が少ないので、プログラミングを極めたい人にとっては、少なからず物足りなさを感じるかもしれません。

契約解除によるリスクが大きい

プライム案件は、大型で高額なものが多いことから、契約解除に至った場合は損失が大きいといえます。納期が遅れたり、大きなミスを発生させてしまった場合、クライアントから契約を解除されてしまうリスクがあります。

相当の資金力がないと経営を揺るがしかねない事態に陥る恐れがありますので、受注したくてもできない企業も多いといえます。

プライム案件のまとめ

プライム案件を手掛ける元請け企業は、優位性が高い反面、大きなリスクも含みながら仕事を進めていることがお分かり頂けたと思います。

ただ、待遇に恵まれている大企業が多いので、実際に働くにはおすすめできる環境であるといえます。もちろん、競争率は激しいですが、システムエンジニアとして経験を積み、プライム案件を多く手掛けるSIerへの転職も考えてみてはいかがでしょうか。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。