TOEICを勉強するときのコツは?社会人でも効率的に学習できる方法を紹介

記事の著者:haruki hatano

TOEICは160か国で実施されている英語能力検定になっており、受験者数は年間およそ400万人に登ります。就職・転職・昇進・査定基準になるほど、ビジネスマンにとっても欠かせない資格になってきました。

しかし社会人は仕事・プライベートと忙しいはず。そこで効率的にTOEICを勉強する方法を紹介していきます。

TOEICの勉強をはじめる前に、知っておくべきこと3つ

目標を理解しないまま勉強をはじめるのは効率が悪いです。TOEICの学習をする前に、一体何点を目指すべきなのか、そのためにはどうすればいいのかについて、理解をしておきましょう。

TOEICのテスト構成

TOEICは、リスニング(約45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)の120分・200問・990点満点のマークシート方式テストです。テストは英文のみで構成されています。

TOEICは点数に応じて必要になる単語数があるといわれています。

  • 600点、5,000単語
  • 700点、7,000単語
  • 800点、8,000単語

あくまでも目安にはありますが、上記の点を取りたいのあれば、この程度の単語数を知っておく必要があります。ただ暗記をして覚えていくのではなく、実際に使いながら、言葉に慣れていくことが大切です。

就職や転職に有利な点数

一般的に履歴書に書けるレベルは、600点といわれています。就活などで、企業側から採用基準になる点数が公表されることは多くありません。ただし人気企業を受けるのであれば、700点以上を目指すことをおすすめします。

さらに英語を武器に仕事をしていくのであれば、最低でも800点以上を目指すのがいいでしょう。

TOEICを勉強するときのコツは?

時間が限られている社会人。いかに、効率的に勉強を進められるかが、合格の近道になります。

学生時代のただ暗記して覚えるのは、非常に非効率です。どんどん英語を使って、体で単語・文法・発音を覚えていきましょう。

目標を決めて計画を立てる

試験日までのざっくりとしたスケジュールを立てましょう。漠然と試験勉強をするのではなく、どのくらい単語数を覚えていけば必要量を習得できるのか計算しておきましょう。

スケジュール通りに進まなかったとしても、覚えたはずの単語を忘れてしまっても落ち込むことはありません。語学学習は、日々の積み重ねが重要。諦めずに学習を続けましょう。

過去問題集を繰り返しましょう

演習問題として、過去問題集を繰り返し解きましょう。書店に行けば、TOEICの公式の過去問題集も手に入れることができます。マークシートの練習もおこない、試験までに慣れておきましょう。

複数の参考書を中途半端にやってみるのではなく、絞ってやり込むことが大切。問題を解いていくなかで、わからない単語が出てきたらその都度、ノートに書き写して覚えていくようにしましょう。

隙間時間を大切に

単語を覚えるために、毎日2時間など、まとまった学習時間を確保する必要はありません。

朝起きてすぐの時間帯は、1日のなかで脳が1番活発。そのため、朝起きたら、まずいくつか単語を頭に入れましょう。通勤時間も重要な学習時間。細切れの時間こそ集中できるものです。

そして、帰宅後には演習問題に取り組み、その日に覚えた単語を確実に定着させましょう。語学の学習は毎日の繰り返しが大切です。

オンライン英会話サービスをうまく活用してみて

学習を習慣化させるのにおすすめなのがオンライン英会話サービス。スマートフォンでスキマ時間に学習ができるオンライン英会話は、指導経験豊富な講師が、スコアアップのコツ・テクニックを動画で教えてくれます。

スタディサプリENGLISHは、月額980円(TOEIC® L&R TEST対策コースベーシックプランは月額2,980円)という安さが特徴のオンライン英会話サービス。格安ながら安心感があると人気です。

スタディサプリENGLISHは、日常会話の力を高めることに重きをおいています。中学・高校時代におこなってきた丸暗記の英語学習方法ではなく、英語の本質・理屈に立ち戻るアプローチ方法のため、納得感を持ちなながら、自然と英語が覚えられます。

分かりやすい5分解説動画が200本収録されているため、スキマ時間にTOEFL対策を進めていくことができます。もし学習効果が出なければ、返金してくれるサービスも実施されています。

スタディサプリENGLISHのサイトを見てみる

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。