退職時の有給消化について知っておくべきこと・注意点

記事の著者:shuta

転職などで前職を退職するさい、それまで勤めた期間が長ければ、有給休暇がたくさん残っている人も多いと考えられます。

有給休暇は労働を免除されたうえで、賃金がもらえるありがたい制度ですので、できれば有効活用したいものです。

退職の際の有給消化については、社会の一員として働いている以上は、会社とうまくコミュニケーションをとりながら活用することが求められます。

そこで今回は、退職の際の有給消化について知っておくべきこと・注意点を紹介します。

退職時にうまく有給消化を利用する方法

まずは、あと何日有給が残っているのか、自分で把握することが大切です。

転職活動で有給消化を何日間かおこなっている場合、きっちりと有給休暇の残日数が自分の思っている日数を異なる場合があるため、給料明細などでしっかりチェックしましょう。

次に、有給消化の意志を、会社側になるべく早く伝えることが必要になります。このとき、業務の引き継ぎスケジュール調整しながら、最終出社日・退職日の希望を会社側に伝えるようにしましょう。

会社側とうまく折り合いをつけることも有給消化をうまく行ううえでの工夫となります。退職前のもめごとは最も避けるべきです。

有給休暇を買い取りしてもらえる?

ケースによっては、有給休暇を買い取りしてもらえないかと考える人も少なからずいます。

有給休暇の買い取りは、原則、労働基準法で禁止されています。

ただし、例えば、仕事のスケジュール上で未消化になった有給については認められるケースがあります。

会社の就業規則で記載があることもあるので確認してみましょう。就業規則は全労働者が確認できます。

有給消化について、会社と折り合いがつかない場合の対処法

有給休暇の取得を拒否される場合も少なからず考えられます。

有給休暇を拒否することは禁じられていますが、なかなか取得しづらい雰囲気があるかもしれません。

会社とどうしても折り合いがつかない場合には、労働基準監督署に相談することも1つの手段です。有給休暇の本来の趣旨が労働者を保護しているものなので、それがたとえ退職理由であったとしても問題ありません。

有給休暇を取得するうえで、知っておくべきこと

1.有給休暇の取得理由は退職でも構いません。

会社で有給休暇を取りづらい雰囲気があったり、普段から仕事が忙しくて有給休暇を取っていなかった人にとっては、会社側に有給休暇を申請するのが後ろめたい人もいるかもしれません。

有給休暇は法律で保護された安心なものなので、そもそも取得理由を伝える必要がありません。

プライベートの理由でも構いませんし、退職理由であっても構いません。これから転職するうえでの活動資金にもなりますので、自信をもって申請しましょう。

2.有給消化中に転職活動をしても問題ありません。

業務などが多忙な場合、転職活動にあてる時間はなかなか作れるものではありません。

有給休暇は転職活動にあてることができます。

転職先を決めずに退職してしまうと、そのあとの生活費に焦りが出たり、仕事をしていないブランク期間が長期化すると、マイナスのイメージを持たれるケースもあるので注意が必要です。

3.時季変更権を会社側が使用することができません。

時季変更権とは、繁忙期などで、有給休暇を使用されると業務に支障がでると判断された場合、労働者に有給取得時季の変更・調整を求めるものです。

この時季変更権は退職が決まっている人に対して、会社側が使用することはできません。

したがって、会社の繁忙期などの事情があったとしても、転職先に重要なスケジュールなどがある場合は、そちらを優先することができます。

4.退職時に有給休暇を全部消化することが可能です。

有給休暇は退職時にまとめて全部消化することが可能です。

取得理由を問われませんので、会社側はこれを拒否することはできません。

とはいえ、社会の一員として働いてきた以上は、最終出勤日・退職日、引き継ぎスケジュールなどを会社側と話し合い、退職時に有給消化を気持ちよく受け入れてもらう誠意は必要でしょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。