ビジネスの場における「承る」の言葉の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

ビジネスの場で「承る」は非常によく使う言葉ですが、一方では間違った使い方も散見されます。それだけに、「承る」は正しい意味を理解して使いたいものです。

そこで、今回は「承る」の意味、使い方、注意点などについて紹介します。

「承る」の言葉の意味

「承る」には「謹んで受ける」「拝聴する」といった意味があります。

目上の人からの依頼に対して、敢えてへりくだった言い回しにすることで、相手の立場を重んじる意を込めた表現になります。

「承る」の言葉の成立ち

「承る」に使われている「承」の文字には「受ける」「承知する」の意味があります。

「承る」は動詞である「受く」と動詞の「賜る」が複合してできた言葉であり、目上の人からの命令を「受け」「いただく」ことを表します。

「承る」の同義語

「承る」の同義語には「受諾する」「引き受ける」があります。

どれもビジネスの場ではよく使われる言葉ですが、「承る」は謙譲語になりますから、お客様や上司など目上の人からの依頼、命令に対する表現です。

一方、「受諾する」「引き受ける」は同僚や後輩からの依頼に対する表現です。

「承る」の反対語

「承る」の反対語は「申す」「申し上げる」になります。これらは「言う」の謙譲語になり、目上の人に対して意見具申する場合に使われます。

また、目上の人からの依頼・命令に対して「断る」場合の謙譲語は「お断りします」となり、「承る」とは反対の意を持つ言葉になります。

「お断りします」を単体で使用すると冷たく聞こえますので「申し訳ありませんが」など謝罪の意を持つクッション言葉をつけると良いでしょう。

「承る」と「受け賜る」の違い

「承る」と混同しやすい言葉に「受け賜る」があります。

「受け賜る」には、目上の人から「意見などを頂戴する」という意味があり、「もらう」という意味の謙譲語と「与える」という意味の尊敬語から成り立つ敬語になります。

「承る」は「受ける」と「賜る」で成り立っている言葉ですから、間違いやすい表現ですが、「受け賜る」は「賜る」が強調された言葉だと覚えると良いでしょう。

文例に見る「承る」と「受け賜る」の使い分け

文例「お客様からのご要望を承りました。」
お客様からのご要望に沿えるよう対応するという意になります。

文例「お客様からのご意見を受け賜りました。」
お客様からご意見を頂戴したという意になります。

「承る」と「受け賜る」は非常に似通った意味を持つ言葉ですが、文例のとおり、要望や意見に対して「承る」は受諾することで「行動」が伴いますが、「受け賜る」は頂戴はしますが、直接的な「行動」は伴いません。

ちなみに「受け賜る」はビジネスの場ではあまり使用しなくなっており、結婚式のスピーチなどで使われることが多い言葉です。

「承る」の使用例

「承る」を反対の意で使う場合の使用例

文例「お客様のご要望につきましては、当社の規定に違反するため、承ることはできません。」

目上の人からの依頼・要望が受け入れられない場合、「お断りします」を使うこともできますが、冷たい印象を与えます。

そこで例文では「承る」を打ち消す表現を使うことで、相手に丁寧な印象を与えています。

「承る」を相手の要望を聞き出す場合の使用例

文例「あいにく〇〇は、不在にしておりますので、よろしければ私がご用件を承ります。」

「承る」は目上の人からの依頼・命令に対して受動的に使われることが多い言葉ですが、例文のように相手からの依頼を引き出す際に使うこともできます。

「承る」を正しく使うことの重要性

ビジネスの場で、お客様や上司など目上の人からの依頼や命令に対して、受諾・返答する場面は毎日訪れます。

その際「承る」を正しく使うことで、当方の意を正しく伝えられるだけでなく、相手からの信頼感を得られることができますので、言葉の使い方には注意したいものです。

正しく使うには、言葉の意味を正確に理解するとともに、相手が自分から見て、目上の人にあたるのか否かを適切に判断することが大切です。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。