公務員の出向について知っておくべきポイント

記事の著者:shuta

公務員には民間企業で言う出向はないと考えがちですが、それは大きな間違いです。

近年では、公務員でも役所や省庁の中だけで、業務をおこなっても成長しないため出向を命じられることがあります。

そこで今回は公務員の出向について紹介します。

公務員の出向の仕組み

公務員のイメージというと役所や省庁で仕事をしており、出世するために試験を受けていくように思っている人が多いでしょう。

しかし近年は、世間と公務員の考え方がズレているのはよくないと、出向させられることがあります。これにより役所の中に民間の考え方を取り入れようとしているのです。

今後時代が進むとこうした交流はもっと盛んになる可能性は高いでしょう。

公務員の出向場所はどこ?

出向場所といっても多岐にわたり、民間企業である、鉄道、人材、等の国の根幹に関わる会社、その他省庁、地方自治体などへ出向することが多いです。

ここでは普通の社員や省庁の職員が行っている業務を行います。

公務員の出向の際の給与支払いはどうなるの?

出向は出向元に身分を置いたまま業務の場所が変わる制度なので、出向になっても身分は出向元の役所にあります。

また、給与の支払いも役所から行われます。そのため民間企業の社員と同じ仕事をしていても給与は今までもらっていた給与と変わりません。

公務員の出向についての豆知識

公務員の出向の目的は年代で違う

公務員の出向は年代によって違い、年齢が若い人については業務新しいやり方を取り入れるという意味合いがあり、年配者の出向というのは人脈を広げるという意味合いがあります。

また出向期間についても民間企業と違い、しっかりと期間は決まっており期間を満了すると出向元である役所に戻ります。

公務員の出向は出世コースというわけではない

公務員の出向は民間の仕事の仕方を体験するという側面があります。そのため一概に出世コースとは言えず、公務員が出世するためには昇進試験が重要です。

つまり出向して民間の業務や省庁の業務を担当して出向元に帰っても昇進も昇給もありません。

公務員の出向は研修に近い

民間企業と公務員では仕事の仕方が違います。民間企業はさまざまなやり方を駆使して、臨機応変に対応することが必要です。もちろんある程度のやり方はありますが、より効率的なタスクの進め方が求められます。

これに対して公務員は臨機応変に対応してしまうと、住民が不利益を被る可能性があるため、誰でもいつでも、ミスなく同じように仕事をしないといけません。

このように民間と公務員では仕事の方法論がそもそも違います。そのため公務員側から考えれば民間への出向は研修的な要素が含まれていると言っても過言ではないでしょう。

公務員の出向は希望者を募って決定されることが多い

民間企業の出向では、ミッションを持たされて出向するケースとそうでないケースがあります。そして業務で命令された場合拒否することができません。しかし、公務員の場合は出向案件について募集を掛けて希望者が出向していきます。

そのため、民間の出向命令は望まない人もいますが、公務員の出向の場合は自分が希望しているわけですから拒否する人はほとんどいません。

それよりも、出向に対して前向きな捉え方で出向場所で業務をおこなっています。マインドの部分で出向に対する考え方が違います。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。