内定を保留したいときにうまく企業に伝える方法・コツ・注意点

記事の著者:shuta

今の時代は有効求人倍率も高く、新卒の人にとっては、まさに「売り手市場」といえる状況です。1人で数社から内定をもらうことが今や当たり前となりつつあります。

最終的にはどこか一社に決めなくてはいけないとはいえ、まだどの企業に就職するか迷っていたり、他の企業の選考過程が残っていたりする時には、先に内定をもらった会社の内定も手放したくないため、なんとか保留しなくてはなりません。

そこで、そのような企業からの内定を保留したいときの伝え方やコツ、注意点をご紹介していきます。

内定通知の流れは?

まずは内定をもらってから受諾するまでの流れを確認していきましょう。

企業は内定通知を出す際に、内定の旨を伝えるための電話を掛けてきます。そして、電話のあとで、自宅に内定通知書や承諾書が届くのが通常の流れです。

内定通知の電話の時点ですぐに回答を求められることは少なく、一般的には通知から1週間~1ヶ月程度が「回答期限」として企業側からあらかじめ提示されることが多いです。

内定を保留したいときのコツとは?

内定を保留する際の重要なポイントは、保留する理由を明確に伝えるということです。

曖昧な返答をすると、意図が伝わりにくくなるため、採用担当者としては「辞退を考えているのかもしれない」と推測します。採用担当者としては採用人数を確保することがノルマとして定められているため、そのように感じると他の人を採用しにいく準備をするなど、あなたの優先度を下げてきます。

そうすると回答期限を短く設定されるなど、自分にとって不利益のある条件が提示されてしまうおそれもあるので、できるだけ自分が有利な立場でいるために、(実際はどうであれ、)御社をいちばんに考えているという態度を明確に示しつつ、保留をする事情を伝えましょう。

以下では、具体的にパターン別の内定保留方法を見ていきます。

内定通知の時点で回答を求められた場合

先述したように基本的に内定通知の電話の時点で回答を求められることは少ないですが、そのようなケースがまったくないとは言い切れません。

その時点で内定を保留したい時には、「内定をいただけてとても嬉しいですが、両親など周りの人と相談して決めたいので少しお時間をください」などの伝え方が差し障りがなく、無難だといえます。その後、回答期限を聞いて、その時点までに返事をするようにしましょう。

この時に注意するべきなのは、実際はどうであれ、他社の選考が残っているなど、他社の存在を匂わせないことです。先述したように、採用担当者にあなたの優先度を下げられかねません。

内定通知の回答期限を超えて保留を申し出たい場合

もし返答期限が来ても、他社の結果が分からず返事ができないような場合は、回答期限の延長を依頼する電話を入れましょう。

この場合には、素直に「他社の選考が終わっていない」「留学という選択肢と迷っている」「両親から反対にあっていて説得できていない」などの旨と共に、自分から希望する具体的な延長期限を提示して、時間をいただきたいという旨の内容を伝えられるとベストです。

なお、延長した回答期限よりも前に結論が出たときは、期限を待つのではなく、速やかに連絡を入れるようにしましょう。

内定を保留したいときのまとめ

人生で一度きりの就職活動。

1社だけの内定であったり、希望企業からの内定であったりすれば、迷うこともありませんが、魅力的な企業から複数の内定を得たときは、大いに悩み、迷うことかと思います。

採用担当者もその心情は十分に理解しているはずですので、結論が出れば、どのような返事をするかに関わらず、期限までにきっちりと回答するようにしましょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。