不満ばかりで利益をもたらさないモンスター社員の特徴と対応策

記事の著者:haruki hatano

「モンスター・ペアレント」という言葉は、日本でもよく聞く言葉になりましたよね。

これは会社にもいるようで、会社の場合は通称、モンスター社員が問題となってます。新社会人や中途入社の人の中にも、ごく稀にモンスター社員と呼ばれる人が入ってくる事があります。

今回はモンスター社員の特徴を踏まえ、対応策を考えていきましょう。

モンスター社員の特徴

1.待遇に関しての不満

入社前に聞いていた話と違う、残業が考えていたものと違うなど、自分の想定と違う待遇の時に、騒ぎ立てて文句をいいます。

自分だけではなく、社会人にもなって保護者がでてくることもあるので驚きです。常に自分の権利や立場を守る事ばかりを考えて、周囲に悪影響を及ぼすのがモンスター社員の特徴ですね。

2.会社に利益をもたらさない

モンスター社員の多くは、大抵の場合、会社に利益をもたらさないことがほとんどです。いわゆる「赤字社員」である可能性が高くなっています。

そもそもモンスター社員と言われるような態度になってしまっている時点で、仕事を覚えて一生懸命働き、会社に貢献する意志もなくなっている可能性が高いのが特徴だと考えられますね。

3.前職も短期間でやめている

採用を考えている時に、前職を短期間でやめていたり、職をころころ変えていたり、そんな職歴がある人は、要注意ですね。

モンスター社員は自分の考えに合わないと文句を言うだけで、自分は変わろうとしないので、仕事が続かず、転職が多くなっていることが特徴の一つです。

4.時間にルーズ

社会人になると、時間を守ることは当たり前の事ですし、それができなければ働くことはできません。

ところが、モンスター社員は、「入社3日目から無断欠勤をする」「5分、10分の遅刻を遅刻だと認識していない」「仕事上の注意をしたら、翌日から行方不明になった」など、働く姿勢が感じられません。時間にルーズだなと感じたら、要注意ですね。

モンスター社員への対策

1.採用する際気を付けよう

入社のタイミングでモンスター社員を見極めるのは非常に難しいですが、入社してからの苦労を考えると、ぜひここの時点で判断したいものですよね。

モンスター社員は、短期間の労働や転職を繰り替える傾向が強いので、履歴書や経歴書をしっかり確認し、未然に防ぐようにしましょう。

2.二階から目線で対応する

モンスター社員は迷惑で、対応に困ってしまいますよね。そのままにしておくわけば周囲にも迷惑がかかりますので、なんとか対応しなければなりません。そんな時、二階から目線(最初から立ち位置が違う前提で相手と接する)方法で、モンスター社員に対応していきましょう!

この微妙な距離感と、こちらの意識を変えることで、スムーズに対応できるかもしれません。

3.発言や行動は出来る範囲で無視

普段働いている時にもモンスター社員は様々な発言を投げかけてきます。しかし、その発言は取り次ぐ必要がないことがほとんどです。

そんな発言や行動は基本的に無視をするのが一番です。ただし、限度を超えている場合、かつ就業規則上可能なら始末書を書かせると良いでしょう。就業規則上であれば、モンスター社員が何を言っても規則上の決まりと言ってしまえば裁判を起こそうが何しようがこちらが不利になるという事はありません。

4.事実かどうかをはっきりさせる

モンスター社員の話すことや言い訳などは、理論上、破綻していることがほとんどです。社会人として働くことを意識させることはもちろんですが、はっきりしない言い訳については事実関係をはっきりさせると良いでしょう。

「○○で遅れます」と言ってくるときは、証明書を見せるように要求したり、理論で論破したりして本人に”言っていることがおかしいよ”ということを少しでも意識させることができれば、その様な言動も減っていくかもしれません。