土日の忌引きについて知っておくべきこと・注意点

記事の著者:shuta

土日の忌引について自分が勤めている会社の規定をしっかり把握していますか?

土日の忌引きの存在すら、気にしていなかった人も多いでしょう。

忌引というのは親族の誰かが亡くなったときに使用できる休暇なので、あまり考えたくはないですが、社の規定をしっかり把握しておくのも大切なことです。

忌引とは

親族などが死亡したさいに、葬儀などに出席するため会社や学校を休むことを言います。

一般的には「特別休暇」という扱いになります。出勤(出席)しなくてはいけない日に、やむを得ず休むまなければいけない、特別に認めている休暇です。

全ての社員(学生)が対象になっているのがほとんどです。

忌引の考え方

忌引きというのは一般的に故人を悼む期間として、や葬儀やお通夜への出席、また大量の手続きや手配などに時間を当てるのが通常の考え方です。

仕事よりも優先させるべきこととして、休暇が与えられています。

忌引休暇の制度

忌引休暇の日数や制度は、定められた労働基準法はありませんので、会社ごとの就業規則によって違いがあります。

就業規則とは10名以上の労働者がいる会社なら、必ず作成しなければならないものです。そして忌引休暇の制度は就業規則のなかに、ルールとして記載されています。

休暇の日数

忌引休暇では一般的には10日前後のところが多いです。

亡くなった人が親の場合、配偶者の場合、子供の場合、など故人との関係によっても日数が変わることが多いです。土日や公的な休暇を除いて定められた日数をカウントするのが一般的です。

葬儀が土日の場合

葬儀が日曜でも、そのあと片付けや後処理などに時間がかかります。無理をして会社に行く必要はありません。

また、金曜日に危篤の状態がわかり亡くなってしまった場合は、金曜日の半日などを、特別休暇に振り替えてくれる就業規則のところもあります。

いつどのような状況で起こるか予測不可能な休暇ではありますが、状況が見えそうなときは、あらかじめ上司や社内へ報告をしておくのがいいでしょう。

会社への忌引きの連絡方法

会社への連絡は、なるべく早くおこなうのが好ましいです。

大切な要件のため、まずは電話が1番最適ですが、深夜だったり早朝だったりする場合は、取り急ぎメールを入れておくといいでしょう。

がいいでしょう。

忌引き休暇の取得方法

急な場合は、忌引き休暇が終わり、初出社日に書類を提出することが多いです。

もし事前に休む期間を把握できている場合は、あらかじめ資料を提出することもあります。ただし会社ごとにルールが異なるので、人事などの支持に従いましょう。

忌引き休暇を取得するときの注意点

忌引をとるとなると誰しもが一度に色んな事を考えてしまいがちですが、闇雲に電話やメールで連絡するのはNGです。

土日に不幸があり月曜日に取引先と朝一でアポが入ってるがキャンセルしなくてはいけない、などという場合でもまずは会社の上司に連絡をしましょう。

取引先には自分から連絡を入れず、会社側から連絡を入れてもらうというのがマナーです。上司への連絡のさいも、自分の今入ってるアポの予定なども必ず伝え、極力社内がスムーズに動けるよう心がけましょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。