4週8休の公休日の数え方など知っておくべきこと・注意点

記事の著者:shuta

近年、従業員の過労などの問題でフレックス制や自宅勤務など、さまざまな働き方が出てきています。

土日が公休ではない企業や出勤時間が自由というところも多くあり、休みがあらかじめ曜日で決まっていなところも少なくないでしょう。

そのなかで、4週8休というような数え方をすることもメジャーになってきます。

しかしこの公休の制度に、戸惑っている人がいるのが現状です。そこで今回は、4週8休について紹介をします。

4週8休について

4週8休は、4週間のうちに8日休みがある制度のことです。

一般的に言われる週休2日ではありますが、必ずしも土日が休みでなくてもいいので、シフト制や別で夏休み冬休みなどをもらえることがあります。

シフトで4週8休になる場合は、自身の家族構成などによって休みを調整することが可能です。

接客業に多い

この4週8休制は接客業や看護、介護などのお仕事に多く起用されています。

決まった定休日を法定休日(休日週1回、月に4回)として残りをシフト制、もしくは従業員本人の希望で多く勤務したいときは法定休日のみ、とすることも可能です。

4週8休計算方法

求人広告などの募集で4週8休とある場合の年間の休日は、以下のように計算します。

365÷7日=52週間
52週間÷4週=13週
13週×8日=104日
 
4週8休では、年間で104日の休日ということになります。

平均的な会社員の年間休日数は120日を越えていますので、この場合とても少なく感じるかもしれません。

しかしそこに会社で与えられている年末年始休暇や夏・冬休み(年間休日)がプラスになることが多いです。

労働時間と振替休日

しかし4週8休を会社の規定で出しているにも関わらず、実際に4週6休、7休となっている場合がまれにあります。

この場合は別日に振替休日をもらうことはできますが、重要なのは1週間の労働時間です。

1週間の労働時間は40時間と定められていますので、週40時間を超えた時間分は時間外割増(125%)の給与をもらうことができます。

4週8休の公休日について知っておくべきこと

まず公休というのは「会社で決めた休み」のことです。

休みの日は日曜日や土曜日とは決まっていません。法的には最低週に1回は休日(法定休日)があれば問題はありません。

週に1回は法廷休日

企業は、最低週に1回は休日(法定休日)を作る必要があります。

そのため4週8休の場合、4週間の内4日を法定休日として、それ以外の4日間の休みを変形休日制にすることもあります。

4週8休の場合、祝日を8休とは別に休日としているところと、8休みに含まれてしまうところがあります。

年間での休日数

年間の休日数は、従業員によって日数を変えることが可能なため、同じ社内でも持っている日数が違う人もいます。

そのため同じ4週8休でも、年間を通したときに休日の日数に差が出てくることがあるため、入社前に確認しておくことが必要です。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。